「お願い、台風21号が日本本土に上陸するように」と韓国メディアが発言

一時期は猛烈な勢力だった台風21号
徐々に勢力は衰えつつありますが、非常に強い勢力で上陸する可能性があるようです。
もちろん、この先どうなるかはまさに神のみぞしる。
台風の進路のあたる地域の方はご注意ください。

と、他人事のように言ってますけど、私の家。
思いきり進路上です。
うちの場合、山から離れてますし、家が浸水する位だと、日本やばいんじゃね?
と、思うくらいですから、さほど警戒はしていません。

しいていえば、食料品をすこし買い込んだ位。
まあ、何とかなるかなと思ってます。

ここで私などが台風の防災など論じても仕方がありません。
なので、特に台風に関する話題は書かずにいようかなぁと思ってたところ、韓国メディアがとんでもない記事を上げていました。
朝鮮日報の記事です。

台風「つばめ」が日本本土に上陸するように

第21号台風「つばめ」が4日、日本本土に上陸する。台風の影響圏ではないが、韓国は台風の「間接的影響」で降水量が増える見通しだ

3日気象庁によると、この日の午後3時現在、台風の多くは、日本の沖縄北東約500㎞付近の海上で北進している。
台風は4日午前、日本の西南部地方に上陸した後、同日午後3時ごろ、大阪付近で北東へ進むものと観測される。

台風は右側が危険半円なので、大阪・京都など日本の主要都市での被害が予想される。
その後台風は5日午後3時ごろ、ロシア・サハリン南西380㎞付近陸上で消滅する見通しだ。

去る28日に発生初期には小型級だった台風「つばめ」は、徐々に勢力を強め非常に強い中型級に発達した。
台風の強さは、最大風速的に分類される。弱い台風は秒速17~25m、非常に強い台風は秒速44m以上である。
台風の大きさは、風速秒速15m以上の半径を基準に小型(300㎞未満)、中型(300~500㎞)、大型(500~800㎞)、超大型(800㎞以上)に分けられる。

現在、この台風の移動速度は時速19㎞である。
中心気圧は945hPa、最大風速は秒速45m(時速162㎞)に達している。
先日の19号台風ソルリクは、韓半島を貫通しており、20号台風シマロンは日本本土を打撃した。

気象庁は、台風韓国に直接影響を与える可能性は低いと見ている。

ただし気象庁の関係者は、「台風の多くが北上し、気圧の谷が変化して、韓国の降水エリアの移動速度が遅くなって降水量が増えるだろう」とした。

 

なんなんですかね。
日本に台風が上陸すれば、日照りの韓国で雨がふって潤うという内容の記事です。

記事だけ見れば、まあある程度理解できる部分もありますが、「台風が日本に上陸しますように」なんて事、大手のメディアが書くことですか?
もちろん、内心そうは思っていても、はっきりと書かないのが普通でしょう。
場合によっては死者も出る可能性だってあるんですよ。

ネットのコメントではよく見かける内容ですけど、メディアがこんな発言をするなど言語道断。

これは「震災おめでとうございます。」と同レベルの問題発言を記事としてメディアが堂々と・・・
あきれ果てます。

しかも、これを非難するコメントは皆無。
まあ、肯定もしていません。
何故かここでも、政府の非難
干ばつが酷いという事は聞きましたが、ここでの発言を見る限りかなりひどいようです。
もっと、ひどくなればいいのに・・・

やっぱ断交しかないですよ、こんな国。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...