金属労組が大暴れする韓国  一方、ベトナムでは

韓国GM撤退で大騒ぎする、金属労組




撤退がGMの武器なのだから、撤退反対といっていくら騒いでも全く無駄なのは、これまでお伝えした通り。
何故か産業銀行とかはお金を出し渋ってるような雰囲気
出してくれなきゃ撤退するよっていってるのに妙に高飛車。
これは「GMとて韓国にいたいはず」という思い込みがあるからなんでしょうね。
それでも、きちんと手続きを踏んだうえでのことなので、どうなっても仕方なしです。
でも、きちんと手続きを踏まず、夜逃げする企業があるんです。
朝鮮日報の記事です

韓国企業の夜逃げに ベトナムの首相から抗議

 
ベトナム南部にある韓国の繊維企業K社の工場を見てみた。
かつて最大3000人働いていた工場には誰もいなかった。
いたのは警察と警備員の7人だけが工場に残されていた。
国旗掲揚台の太極旗とハングル案内板が、この工場が韓国企業だったことを示していた。
現地従業員によると、先月8日K社韓国人の従業員12人が一夜にして消えた。
2000人近くのベトナム労働者の1月の賃金と社会保険料312億ドン(約14億6000万ウォン)は、未払いになった。
 
ベトナムに進出した韓国企業が4000所を超えた中で、経営状況が悪くなりベトナムで夜逃げする企業が多発している。
賃金未払いを始め、中には工場設備をそのままにして出国して連絡が取れなくなったケースもある。
現地業界によると、K社に続き、先月9日ホーチミン市にある韓国の縫製企業も倒産。
これによりベトナムの労働者350人余りが賃金29億ドン(約1億4000万ウォン)が未払いになってしまった。
去る1月には、ホーチミン市の韓国縫製企業N社のベトナム労働者600人の王と社会保険料306億ドン(約14億4000万ウォン)を未払いし夜逃げ。
 

 突然帰国した韓国企業

ドンナイK社の工場の近くで会ったが、工場総務チームスタッフは、「先月8日、韓国人の従業員が跡形もなく消えてしまった」と話した。
操業は中断され、労働者は、工場正門の前に座り込んだ。
テイン「この工場は家族を養うために仕事をしていた田舎出身女工たちがほとんど」と述べた。
K社は、米国アパレル製品をOEM(相手先ブランドによる生産)する韓国本社で服を生産してきた。
韓国本社は最近、業績の悪化による不渡りの危機に追い込まれ、ベトナム、インドネシア工場の韓国人を帰国させ従業員を電撃的に撤退させた。
 
ベトナムの最大の祝日である旧正月の前に相次いで行われた韓国企業の夜逃げはベトナムの社会で大きな怒りを買った。
ベトナムのメディアは、賃金をテイン労働者の事情を先を争って報道した。一般の人たちも、ソーシャルメディアを通じて「私たちは、このような企業にレッドカーペットを敷いて誘致したのか」と批判した。事態が広がると、グエンイェンスオンプク、ベトナム首相まで出て労働者支援を指示した。ドンナイ省政府とベトナム労総は1月の給料の半分とボーナスの一部を代わりに支給した。近くのベトナムの繊維企業10カ所はK社の労働者を優先的に採用すると発表した。韓国企業の夜逃げで生じた被害を、ベトナム社会全体が抱えているのだ。
 
ドンナイ省政府は、法人長が戻ってきて、工場の資産を売却して押された給与を支給するように韓国政府が支援するようホーチミン韓国総領事館に要請した。しかし総領事館の関係者は「法人長は重罪で起訴されたわけではないので、私たちの政府が出て身柄を確保して、ベトナムに戻すのは難しいだろう」と答えた。
 

 現地で信頼毀損懸念

人件費の上昇と景気変動に脆弱な零細繊維産業界ではこうした、夜逃げが度々起こっている。
大韓貿易投資振興公社(KOTRA)によると、2016年末現在、ベトナムに進出した韓国の繊維企業は763所達するが、企業あたりの平均投資額は28億ウォンに過ぎない。このような状況では、ベトナム当局が最近7年間(2012?2018年)の最低賃金を平均18%ずつ上げると人件費が重荷になる。
イムチュンヒョンの商工会議所、ベトナム事務所長は「中国の人件費が上昇し、ベトナムでの生産に移したものの今度はベトナムの人件費の上昇でメーカーが再び追いやられている」とし「一部の企業は、人件費がより低い国を探すかどうかで悩んでいる」と語った。
 
まだ、ベトナム政府は公式に問題提起をしていない。
これは韓国がベトナムに直接投資を最も多くした国だからだ。
昨年11月に基準韓国のベトナムの累積投資額は575億ドル(約61兆4900億ウォン)に達する。
チェフンヨン、ベトナム中南部の韓国人商工人連合会副会長は、「一部の企業の無責任な行動のために韓国企業全体の信頼がなくなり、残った企業が被害を被ることになる」と述べた。




 

相次ぐベトナムで韓国企業の夜逃げ

原因は人件費の高騰で払えなくなってとのことのようですが、ベトナムって元々それほど高くはなかったですよね。
それを狙ってのベトナム生産ですから、人件費が払えないから夜逃げなんて完全に経営側の責任です。
 

被害者を支援したのはベトナム政府

こういった場合、政府があるていど面倒をみる必要があるのは当然の流れでしょう。
>まだ、ベトナム政府は公式に問題提起をしていない。
>これは韓国がベトナムに直接投資を最も多くした国だからだ
 
でも、正式な要請がないからとかいっぱい投資をしたからって、普通は理由にはなりませんよね。でも。それを理由に韓国政府はなにもしなようです。
ちょっと理解に苦しみます。
 

何故か重罪で起訴されたわけではないのでなにも出来ないという韓国側

おかしいと思いませんか?
だって、これ賃金未払いで逃げてるんですから立派な犯罪ですよ。
でも、完全に無視。
政府も何もする気はありません。
こうしたベトナムでの行為をみると韓国GMの撤退
 
全く気の毒とは思えません。
韓国文化が生み出した因果応報というものではないでしょうか?




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...