国連人権委員会からの勧告 日本は遺憾砲で迎撃   韓国メディアの反応

慰安婦問題
これは日韓合意によって既に終わったはずの話。

しかし、韓国はこの合意を無視して騒ぎ続けているのが現状。
このほど国連の国連の人種差別撤廃委員会が同日発表した日本に対する報告書で慰安婦問題の「恒久的な解決」を勧告しました。

これについて、韓国メディアがどう伝えたかと言いますと

朝鮮日報の記事です。

国連「日慰安婦問題」被害者中心の継続解決をするようにと”勧告

国連の人種差別撤廃委員会は30日(現地時間)、日本政府が日本軍慰安婦問題と関連し、被害者を中心に対応しつつ、継続的な解決を図ることを促したと共同通信が30日報じた。

共同通信によると、国連の人種差別撤廃委員会はこの日、このような内容を盛り込んだ審査報告書を発表した。
国連人種差別撤廃委員会は、去る16日から2日間、ジュネーブから約4年ぶりに日本の審査を行った。

委員会は、人種差別撤廃条約締約国に対して条約履行状況を定期的に審査して措置が必要な内容を勧告する。
勧告に拘束力のあるものではないが、勧告を受けた国は、次の審査まで対応措置を報告するのが通例である。

米国の人権活動家であるマックヅゴル委員は、特に日本政府が主張する謝罪と補償が被害者の立場では、満足のいくものにならなかったと指摘した。また、マークボシュイ委員は2015年12月、日韓の合意が被害者を上にして韓国女性の被害に対する責任を認めるために失敗したという批判を受けていると指摘した。

これと関連し、大鷹正人日本の国連大使は慰安婦問題を指摘について、被害者を経済的、医療的に支援するために、財団が設立され、日韓両国が2015年に合意にこの問題を終結建てた従来の主張を固守している。

 

とまあ、こういった内容になってます。
この中で面白いのがこの点
「勧告を受けた国は、次の審査まで対応措置を報告するのが通例である。」
おそらく、韓国側は対応処置をするのが普通といいたいのでしょう。

でも、この委員会の勧告には法的拘束力はないんです。
つまり、無視してOKなんです。

そもそも、日韓合意は両国間で合意したもの。
それに対して国連があれこれいっていいものではありません。
まあ、まず間違いなく韓国のしつこいロビー活動で金を掴まされてこういった事になったのでしょう。

この席上では大鷹正人国連大使ははっきりといってます。
慰安婦は性奴隷ではないと。
しかも、日韓合意までしっかりと主張しています。
それを無視しての勧告。

もしここで日本政府が何らかの動きを見せた場合、国内世論が間違いなく黙っていません。
なんせ、安倍政権はどうみても、ネットの力を利用しています。
ネット内ではこの合意そのものすら批判的な部分があります。
何故なら「事実ではない従軍売春婦問題などは無視しろ」が日韓合意以前の流れ
それを無視しての合意ですから、安倍政権としてはこれ以上譲歩は許されません。

そして、
日本側は「国連人権高等弁務官事務所に「遺憾の意」を申し入れた」
との報が・・

いわゆる遺憾砲ですが、この勧告に対しては十分効果があります。

無視!!

これが回答になるのではないかと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...