韓国の台風情報はあてにならないは嘘である    19号台風 韓国メディアの反応

同時期に東アジアを襲った台風19号、20号
20号は徳島県に上陸し日本海へと抜ける、列島縦断コース。
被災された方もかなりの数に上るようです。

お隣韓国を襲ったのは19号。
結果的に大した被害は出なかったようです。
が、それはそれで因縁を吹っかけるのが韓民族。
思った通りの反応が出ています。

朝鮮日報の記事です。

「台風予想も日本が上手」は事実なのか

台風「ソルリク」が韓半島に大きな傷跡を残さず過ぎていった。
一息ついて、24日、今度は気象庁の評価と批判を吐き出している。
第19号台風「ソルリク」の移動経路予報が毎回間違ったことが原因だ。
「台風の被害が予想よりも少なく幸いですむことではない」という雰囲気だ。

元々「台風予報」は、気象予報の中で最も高難度課題に属する。
特に韓半島を通る台風は厳しいことで有名である。
ジェット気流、大陸分布、海面温度変化、冷たい空気との出会いなどのあらゆる変数が予測を難しくするからである。
しかし、一部では「目の前に迫った台風すら進路を予測できないのは問題がある」と指摘する。

実際気象庁は韓半島最初上陸地を当初忠保寧で観測(23日午前7時予報)した。ところが、3時間後に着陸を全羅北道群山に修正した。同日午後3時、全羅南道栄光で再(再)修正し、午後6時は全北扶安で再び「制裁修正」した。上陸地点は午後10時30分に戻ってきた。結局、予報とは異なり、ソルリクは去る23日午後11時ごろ、全羅南道海南郡花園半島に上陸した。

しかし、ネチズンの主張とは異なり、日本の気象庁の予報もソルリクには誤報を出した。
ただし、約一日の時差で「一歩早い予報」を出し日本の気象庁は、私たちよりも一日進ん去る22日午後6時にソルリクの上陸地を群山に予測した。
23日午前には、全羅南道木浦を上陸地点に撮った。
ソーシャルメディア(SNS)は、このような日本の気象庁の予報が共有された。「日本予報がより正確である」という話はだから出た。

気象予報「大国」である米国も間違いを起こした。
米国合同台風警報センター(JTWC)は22日、ソルリクが仁川江華郡側上陸すると予想した。
しかし、23日午後6時発表では木浦から群山上陸と修正した。
これは気象庁より遅かったが、私たちの気象庁より迅速で正確な予測だった。
結果的にソルリク予報前は、日本→米国→韓国で順位が分かれた。

「台風の進路総合評価」もある。
昨年発生した27個の台風の韓・米・日の進路予測を分析した「2017気象年鑑」を見よう。
24時間予報基準で、日本の予報誤差が82kmで最も正確だった。米国85km、韓国は93kmであった。今回もやはり日本→米国→韓国の順。

韓国気象庁が強い「銘柄」もある。96時間予報では、予測力がひっくり返る。韓国が313㎞に誤差が最も小さく、米国と日本はそれぞれ322㎞・335㎞に似ていた。

これ一年先に進んだ2016年も’24時間予報」は、日本が、72時間予報では、韓国が相対的に正確だった。2011年以来、「48時間、72時間、予報では、米国→韓国→日本の順で順位が再び変わる。
韓国は台風予報をするとき、24時間、48時間、72時間、96時間後に、台風の予想位置の範囲を教えてくれる。

豊かな国では、「高価な機械」に原因がある?

一部では、部局(富國)である米国・日本の装置がより優れており、予報が正確であると主張する。
結論として違いはない。気象衛星の情報を3カ国予報官が共有するからである。
気象庁の関係者は、「韓・米・日の予報官は衛星情報・予測モデルなどのようなデータを見る。スーパーコンピュータなどの観測システムにも差がない」とし「結局、同じデータを置いて最終判断するのは、個々の国の予報官」とと述べた。

気象庁も言うことはあります。台風経路は、変数が多く、頻繁に変更されるしかないということだ。実際、世界最高の予測力を誇る米国JTWC、気象庁もソルリク進路を置いては、頻繁に言葉を変えた。

むしろ今月初め沖縄南東の海上で発生した14号台風(YAGI)の進路は、韓国気象庁の予測が最もよかった。
米国・日本の予報官は「14号が北朝鮮に上陸するだろう」と見通してみた、我々気象庁が、「中国に進出する」と予測した。韓国気象庁予測通り、YAGIは中国の上海に上陸した。

 

んーどうでしょう。
日本の場合、72時間は参考程度でしかみていません。
台風の場合、24時間程度の予想で十分だからです。
それに予想は所詮予想と割り切ってますから、はずれたところで騒いだりはしません。

このところ14号台風の予想は韓国が一番正確だったと騒ぎまくっている韓国メディアですが。
これが北朝鮮へ上陸するといった予測は私は見た覚えはないんですけどね。。。

それに韓国の台風予想のデタラメさは韓国内では有名です。
この記事の韓国気象庁フォローは文在寅の指示なんでしょうかねぇ。
あまりに不自然に感じます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...