トランプ「核兵器排除を確認できるまで制裁解除はしない」 左翼の金正恩大勝利って?

米朝会談直後、左翼メディアを中心に盛り上がった「北朝鮮大勝利」の記事。
いまも アメリカ 譲歩 北朝鮮 辺りでググってみると山の様にヒットします。
私は直後から何一つ譲歩していないし、事実上はトランプ大統領の勝利と言い続けてきました。
トランプ大統領北への制裁を一年以上継続と発表 

何故って?
簡単です、制裁解除を何一つ約束せず、北朝鮮には核廃棄を約束させてきたからです。
完全なるの文面が削除された?
何言ってるんですかね、左翼の方々は・・
なぜアメリカはここまで北朝鮮に“譲歩”したのか——北「大勝利」の首脳会談 岡田充 [共同通信客員論説委員]
文言があろうがなかろうが、関係はありません。

そもそも、朝鮮民族には約束の概念などないのです。
徹底的に叩く、これのみが解決。
段階的を望む北朝鮮の要望さえ飲まなければ、自然と北は窮地に陥ります。
こちらから譲歩をする必要など全くないのです。

中央日報の記事です。

キム・ジョンウン「制裁強化への反発」にトランプ 「核を先に削除」

非核化後続交渉をめぐる米朝間の気力の戦いがきっ抗しているがトランプ米大統領が制裁解除前に非核化を優先という「先に非核化」の立場を再度強調した。

トランプ大統領は21日(現地時間)ウェストバージニア州チャールストンで開かれた集会の演説で「私は北朝鮮制裁をすぐに解放したい。しかし、彼ら(北朝鮮)が核を除去しなければならない」と述べた。

「私はキム・ジョンウン(北朝鮮国務委員長)と非常によくやっている。しかし、私は制裁を解除したことはない。私たちは、北朝鮮に莫大な制裁をしている」と語った。

トランプ大統領は、「彼らは、核を除去しなければならない。必ずそうしなければならない」と何度も強調した。

これは前日ロイターのインタビューでキム・ジョンウンとの2次首脳会談の可能性を示唆し、「北朝鮮が非核化に向けた具体的な措置を取った」と評価していたものとは全く逆の発言だ。

当時、この発言を残して、北朝鮮がプンギェリ核実験場の廃棄と東倉里(東倉里ミサイルエンジン試験場)解体のほか、追加の非核化措置を取ったことはないかという推測が出ていた。

トランプ大統領がわずか一日で公に「非核化前制裁解除はない」という原則を再強調したのは「この程度では十分ではない」という意味に解釈が可能である。すぐに行われるマイクポンペイオ米国務長官の4次訪朝時、実質的な非核化措置を出せという圧迫あるわけだ。

実際、これまで、北朝鮮がとった措置が非核化と直接関連性がないとの批判が多かった。
ワシントンの外交消息筋は「東倉里解体だけでも気になればいくらでも原状回復が可能なうえ、北朝鮮がこれを公式化したこともない。いつでも、どの規模で、どのように解体するという北朝鮮の確認もせずに、韓米当局が、東倉里を解体するものと見られる情報の判断をしたのがすべて」と耳打ちした。

北朝鮮専門メディア38ノースは22日(現地時間)東倉里試験場で最近になって、何の動きが確認されないと報道した。38ノースは16日、この地域を撮影した商業用衛星写真を分析した結果、3日以降顕著な解体活動が捕捉されなかったものである。

38ノースは「7月から8月初めまで試験場を崩すなど著しい進展があったが、以前に解体された構造物がそのまま床にたまっている状態」と説明した。去る3日撮影された写真では、垂直型エンジン試験台で鉄骨構造物の解体作業が継続され、解体されたバンカーからの燃料と酸化剤タンクが削除されていた。

38ノースはロケット発射目的で装着された構造物の解体作業は中断したものとみられ、以前に削除された西と北の壁の一部は、まだそのままの状態であることを確認したと伝えた。発射台を支えるガントリタワーと組立棟も無傷だった。

これと関連し、ロイター通信は「38ノースの報告書は、北朝鮮の核放棄の意志の疑問が拡散する時点で出てきた」とし「シンガポールで金(ジョンウン)は、非核化のための大規模な合意をしたが、一方的に核兵器を放棄する意思がないことを示唆してきた」と解釈した。

また、「米国側の交渉代表一部は「非核化の進展がなく、米国が制裁解除を約束する前に、真剣に交渉する準備ができているという北朝鮮の信号がない」と話した」と指摘した。最近、北朝鮮は金正恩が直接出て、「強度的制裁」というなどの制裁に対する反発を強めている。

このような状況ではトランプ大統領が再び制裁を取り出したのは、今後の北朝鮮との非核化交渉で主導権を確保するための戦術でもある。
関連事情に明るい政府筋は「トランプ政権は、制裁を通じた北朝鮮の経済的な痛みを交渉力の源泉としている。今月に入ってすでに3度も対北朝鮮制裁をしたのも、交渉の戦略と見る必要がある」と説明した。

米財務省は
・3日、北朝鮮との金融取引に関与したロシアの銀行1ヶ所、中国、北朝鮮法人3カ所、北朝鮮人1人
・15日、北朝鮮のタバコの密輸に関与した、中国・シンガポール・ロシアの企業3社、ロシア人1人
・21仕事不法積み替えを通じた対北朝鮮精油供給に関与し、ロシア海運関連企業2社、船舶6隻などの制裁を発表した。

一度に発表しても問題のないことを、あえて制裁違反分野別に三回に分けて発表したのは、制裁の動力を維持しようとする意図と見ることができる。
ガンギョンファ外交部長官は「北朝鮮の(非核化関連)実質的な措置があるまでは、米国の独自の制裁追加発表があると考えている」(21日、国会の外交統一委員会の発言)と見通しした。

 

んーーと。
なんと言いますか、アメリカは何一つ譲歩等していないのです。
ひたすら金正恩へ核廃棄を要求しているだけ。
そして、制裁はそれが確認できるまでと繰り返しいってるのです。

制裁を継続することで困るのは北朝鮮だけ、アメリカは痛くもかゆくのないのです。
下手に譲歩をし、これまでと同じように騙されること、これがアメリカの一番避けたいところなのです。

さて、ずっと金正恩大勝利と発言し続けてきた左翼の評論家先生。
反論できます??

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...