U-21日本、ベトナムに敗れる アジア大会サッカー男子  韓国メディアの反応

U-21で出場しているサッカー日本代表。
先ほど、グループDの最終戦がおこなわれベトナムに敗北。
二位で決勝トーナメントにすすむことになりました。

中央日報の記事です。

日本の敗北「バクハンソマジック」… 韓国と会う可能性は?

バクハンソ監督のベトナムが日本に1-0で勝利しD組1位16強に進出した。

バクハンソ監督率いるベトナム23歳以下(U-23)サッカー代表チームは19日、インドネシア西ジャワ州ブカシチカランの上バームックティスタジアムで行われた2018ジャカルタ及びパレンバンアジア大会男子サッカーグループDの最後の3戦で日本に1-0で勝利した。「バクハンソマジック」が難敵、日本まで打ち破った。

ベトナムは、日本のミスを逃さず先制ゴールを記録した。日本のゴールキーパーオビン出神谷のパスでミスが出た。ウングエンクアンハイがほつれゴール前でコーナーに次ゴールネットを開いた。日本が間違いを乗り越え、徐々に流れを探し始めた。

ベトナムは日本を相手に安定した試合を繰り広げた。クイックカウンターを使用して脅威で追加得点を向けた歩みを続けた。日本は全体的なシェアでは高かったが、ゴールを決めリッジないまま引きずられていった。

期待以上のプレーを披露したベトナムを日本にリードし前半を終えた。後半に入って、日本の攻勢が強まったが、同点ゴールは簡単出なかった。数回のチャンスが、ベトナムの密集することができ、雨やブイチイェントウ、ベトナムゴールキーパーの体を飛ばしたセーブに防がれた。結局、追加点なく前後半90分経過し、終了のホイッスルが鳴るとバクハンソ監督は両手を点滅振り上げた。

この日、ベトナムの日本戦勝利は誰容易予想できなかった結果だった。たとえ日本が2020東京オリンピックを備えるために、今回の大会には、ワイルドカードもなく、21歳以下の選手たちだけで代表チームを設ける長いた客観的な戦力上、ベトナムにしばらく進んだチームは明らかだった。成人代表を基準とした国際サッカー連盟(FIFA)ランキングでは日本が55位、ベトナムは102位だ。

ベトナムの16強相手はB、E、F組の3位のうち一つのチームである。比較的容易な相手に会うことバクハンソ号16強を通過すると、アジア大会の最初の8強に進出し、再び、ベトナムサッカーの新しい歴史を書くようになる。

万が一、韓国が20日、キルギスになってE組3位になった場合、16強で、両チームと激突することもできる。
韓国が2位を守って両方のチームがすべて16川、8強を通過する準決勝で会う可能性もある。

 

恐るべき速さ。
私がこの記事を書き始めた頃にはまだ日本のメディアでは確認できませんでした。
さて、日本の初戦はマレーシア。
まあ、これでよかったんじゃないですかねー。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...