韓国「マレーシア?相手にならないニダ」 無事0-2で韓国敗北www  サッカーアジア大会 

日本ではいまいち扱いの小さいアジア大会サッカー。
この大会は日本にとって次世代育成の目的もあってかU-23の大会でありながらU-21で挑んでいます。
今のところ日本は初戦はネパールと1-0で辛勝、メンバーを大きく変えた二戦目はパキスタンに4-0と快勝し、最終戦を待たずして決勝トーナメントへと駒を進めました。
最終戦のあいては成長著しいベトナム。ここまで2勝と日本と同様に決勝トーナメントを確定させて、最終戦は日本と予選1位の座をかけて戦うこととなりました。

U-23ベトナムの監督はバクハンソ監督、この人韓国人です。
次の日本相手に韓国メディアがこの監督にインタビュー。

中央日報の記事です。

日本戦控えたバクハンソベトナム「韓国は避けたい」

「バクハンソマジック」を前面に出した、ベトナムの上昇が2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会でも続いている。

ベトナムは、ネパールを破りグループリーグ2連勝を飾りアジア大会3回(2010年・2014年・2018年)連続で16強進出に成功した。

バクハンソ監督率いるベトナムU-23サッカー代表チームは16日、インドネシア西ジャワ州ブカシチカランの上バームックティスタジアムで行われたアジア大会男子サッカーグループD第2戦で、ネパールに2-0の勝利を収めた。

第1戦で、パキスタンを3-0で下したベトナムは2連勝で勝ち点6(得失点差・+ 5)を記録、この日、パキスタンを4-0で下し、2勝を積んだ日本の(勝ち点6・得失点差+5 )と同率で1位に上がった。

バクハンソ監督は「今回の大会の目標を達成した。次は予選1、2位を争う日本との最終戦が残った。これからの日本を徹底的に分析する」と所感を明らかにした。

日本と一緒に2連勝を収めたベトナムはD組のパキスタンとネパールがともに2敗と残り試合の結果に関係なく、2位以内を確保、16強進出を獲得した。

2010年広州大会と2014年仁川大会ですべてベスト16に上がったベトナムは、今回のジャカルタ・パレンバン大会まで3大会連続16強に進出した。

ベトナムのグループリーグ最終順位は19日に行われる日本とのD最終戦で決定される。

「優勝候補」韓国がE組1位を占めると予想される中、ベトナムが2位になると、決勝トーナメントでは韓国-ベトナム戦となる。
パク監督は祖国を相手に戦わなければならない。

しかし、最終戦で日本を破れば、韓国とは決勝で出会うことになる。パク監督としては韓国を避けるのが上策だ

パク監督は「どのチームも韓国とは挑戦となる。私たちだけでなく、すべての国が優勝候補である韓国を避けたがっている」と笑顔を見せた。

彼は「とにかく日本とグループリーグ最終戦を行わなければならない」とし「ベトナムで働いているが、祖国は大韓民国だ。去る15日はどういった日だったか知っている。光復節が過ぎて間もない。日本戦は個人的にも意味が大きい。最善を尽くして準備する」と強調した。

日本を下せば韓国人の指揮官としての韓日戦勝利の意味も大きく、16強で韓国を避けることができる「一石二鳥」の効果があるというのがパク監督の考えだ。

パク監督は「ひょっとしていくつかの変数が起こるか分からなくて、韓国戦のビデオ資料も確保した」とし「状況が韓国を避けることができなくなった場合、ベトナム監督としての義務と責任を尽くす」と強調した。

 

韓国はどの大会も全開でベストメンバーを投入してきます。
当然、韓国もU-23。
次の相手は格下マレーシア。
勝つのはもちろん、首位突破は当たり前という雰囲気がいっぱい。
で、試合結果はといいますと・・・

中央日報の記事です。

韓国、マレーシアに1-2の敗北… 自力1位は不可能

金ハクボム号マレーシアに衝撃的な敗北を喫した。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング164位、マレーシアは当初韓国(FIFA 57位)の相手ではないという評価が支配的であった。

金ハクボム監督率いる男子サッカー代表チームは17日、インドネシアバンドンの時ジャルラク日ポットスタジアムで行われたマレーシアとの2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会グループEのグループリーグ第2戦で1-2で崩壊した

前半5分に得点を許し前半ロスタイムには更に追加点を奪われた。後半、硫黄条が挽回ゴールを奪ったが遅かった。

去る15日に第1戦で、バーレーンを相手に6-0完勝を収めた韓国はこの日の勝利で16強を確定させようとしたが、第3戦の結果待ちになった。
1勝1敗で勝ち点3になり、決勝トーナメント進出確定に失敗した。
勝ったマレーシアは2勝となり、残り試合結果に関係なく、16強進出を確定した。

韓国は20日、キルギスを相手にグループリーグ最終戦を行う。韓国はキルギス(1分け1敗・勝ち点1)に勝てば16強に上がることができるようになった。

 

無事、負けちゃいました。
最近、思うんですけど韓国のサッカーって弱くなっていません?

え?W杯にドイツに勝ったって?
あれは単にドイツの自滅。
先にドイツが点を取っていたなら一方的な展開になったことは確実。

あの時のドイツは引き分け=負けでしたから、どうしても守りがお留守になります。
一方の韓国はといえば、勝ち目がない相手。
徹底したカウンター狙いでしたからああいった結果になっただけ。
決して韓国が強かったからなんて思えません。

でもまあ、なんだかんだいっても決勝トーナメントには上がってくるんじゃないかな?
予選敗退でもあると面白そうですけど・・・流石にね・・・

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...