トランプ大統領「中国に大々的な関税爆弾を!!」  世界を巻き込む貿易戦争開幕か?





時折見かけるのが韓国メディアにあって日本メディアにはない報道
もちろん、韓国だけとか日本にはまったく関係のないものならいいのですが、そうではない報道も時折みられます。

朝鮮日報の記事です

トランプ、早ければ来週中製品に大々的「関税爆弾」

ドナルド・トランプ米大統領が、早ければ来週、中国産の輸入に大々的な関税を賦課するものと見られるAP通信が16日(現地時間)報道した。

ホワイトハウスは、衣類や電子製品はもちろん、米国産製品の部品として使用されている、中国の輸出品にも「関税爆弾」を検討している。具体的な賦課対象と範囲はまだ議論されていると伝えられた。

サンダースホワイトハウス報道官はこの日、「トランプ大統領は、米国の労働者のために戦い続けるだろう」と、このような強硬貿易措置を予告した。

自由貿易論者自任するラリーコドゥルでホワイトハウス国家経済委員会(NEC)委員長指名も最近CNBCのインタビューで、「中国は米国の強硬対応を受けて当然だ」と、中国への強硬姿勢を支持した。

先にロイター通信は最近、トランプ大統領が技術・通信分野を中心に、最大600億ドル(約63兆9000億ウォン)分の中国産輸入品に報復関税を賦課する案を推進すると伝えた。

米経済日間ウォールストリートジャーナル(WSJ)もトランプ政権が中国産輸入品に対する関税賦課と中国の対米投資とビザ発給制限など「対中貿易報復措置」を1~2週間以内に発表すると報じた。

去る8日、鉄鋼やアルミニウム一律に関税を課しするとして全世界をひっくりかえったトランプ大統領が今度は中国を直接狙った大規模な関税カードを取り出して例えば貿易戦争の懸念がさらに高まると思われる。

これに関し関連業界と学界と米国議会ではは、トランプ発の貿易戦争がむしろ米国経済に被害を与える可能性があると懸念している。

世界最大規模の小売業団体である全米小売業連盟(NRF)はこの日の電話会議を開き、会員を対象に、政府の関税政策の動向を説明し、対応策を議論した。デビッドフレンチNRFで大担当副社長は、AP通信に「会員がすべてトランプ大統領の関税措置計画を懸念している」とし「関税は、最終的に消費者に課される税金になるだろう」と述べた。

米商工会議所もこの日、中国産輸入品に対する関税が米国経済に壊滅的な損失になると懸念した。
米国のシンクタンク情報技術革新財団(ITIF)がこの日発表した報告書によると、米国が中国産情報通信技術(ICT)の輸入に25%の関税を賦課すると今

 

後10年間で3320億ドル(約355兆ウォン)の損失を、10%の場合でも1630億ドル(約174兆ウォン)の損失を招くであろうと推定された。

結構、でたらめな場合もおおいのですけど、これが現実なら結構やばい内容です。
トランプ大統領の行動を考えればあり得るとおもってしまいます。

さて、真偽のほどはいかに?

 

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...