今度はウリの番ニダ  アシアナ航空





先日、大韓航空の接触事故を紹介しましたね。

今度はアシアナ航空でトラブルが発生しました。

中央日報の記事です。

操縦室で叫び機長同士で喧嘩アシアナ航空機長解雇

飛行中の旅客機の操縦室からの音を出し口論を繰り広げたアシアナ航空機長が解雇された。別の機長は、会社に辞表を出して会社を去った。

13日、国土交通省とアシアナ航空によると、昨年9月20日、仁川を離れ、ローマで行ったアシアナ航空機のコックピットから急に争いが起こった。離陸6時間後機長同士操縦を引き継ぐ過程で口論が行われたものである。乗客の安全を脅かす機長の行為にアシアナが解雇の判断を下したと航空業界は評価した。

仁川~ローマなどの長距離路線は、安全のために機長2人、副機長2人の計4人がコックピットに乗り込み、1チームずつ交互に運航を担当する。

交代時には、通常機長同士で航空機の状態と飛行状況などを引継ぎする。操縦の番になったA機長がB機長に引継ぎを要求したが、B機長は飛行中という理由で副機長に引き継がせようとした。これを不満に思ったA機長が反発し、口論が起きた。この口論では、A機長が水筒を投げ大きく声をあげ乗客にまですべて聞こえたという話もあったが、国土部及びアシアナ航空調査では確認できなかった。

この事件が知られると、国土部とアシアナ航空は、すぐに対応する機長と副機長を呼びに説明をヒアリングし、安全規定に違反するかどうかを調査した。

国土部もアシアナ航空本社と国土部などでは、機長2名副機長2名などを呼んで事実関係を把握した。国土部は調査の結果、二つの機長が運航乗務員に遵守しなければなら安全・運航関連規定に違反したことを報告、二人双方に45日の業務停止処分を事前告知した。二人は、国土部に釈明書を提出しており、国土部は近いうちに釈明書を審査して、二人の最終的な処分を下す予定だ。

アシアナ航空は、最近の人事委員会を開き、A機長を解雇した。B機長は自主辞職する方法で会社を去った。

航空業界の関係者は、「機内安全を脅かす行為についてアシアナが妥協せずに強硬な手段を下したものとみられる」とし「再発防止のために望ましい措置」と評価した。続いて「200人を超える乗客が乗っ旅客機の操縦室で運航安全に責任を負うべき機長が争うことは想像できない」とし「もし、口げんかがエスカレートしもみ合いになった場合、致命的な状況になる」と述べた。

エ~なんと申しますか・・・
どうも飛行中に言い争いになったようです。
私たちでも打ち合わせや会議とかだと結構感情的になったりはしますけど、飛行中は多くの人命がかかってるんです。
まあ、退職したようなのでこれはこれでよかったんですけど、ただでさえ感情の抑えが利かないのが、韓国人の特徴。
韓国人のパイロットは危険なんじゃないかなあって思ったりします。




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...