「対話の窓は開かれている」なぜか上から目線の韓国政府  徴用工問題

今朝がた徴用工問題で弁護団からこんな発表がありました。

三菱強制徴用弁護人団「7月15日までに協議に応じるべき」最後通告

 

三菱重工業強制徴用被害者弁護人団が21日、三菱重工業に対し、来月15日までに賠償協議に応じなければ、資産売却の手続きに入るという最後通告を行った。
韓国政府が韓日両国企業の自発的出資で基金を造成し、問題を解決しようと19日に提案したが、加害企業の三菱重工業と日本製鉄(新日鉄住金)は、問題解決に向けた協議に乗り出す意向を示していない。

三菱重工業強制徴用被害者弁護人団と日本の市民団体の「名古屋三菱・朝鮮女子挺身隊訴訟を支援する会」は21日、東京千代田区丸の内の三菱重工業の本社に訪れ、3回目の交渉要請書を提出した。
「勤労挺身隊強制動員被害者の損害賠償訴訟代理人」や「広島徴用工強制動員被害者の損害賠償訴訟代理人団」、民族問題研究所は、共同名義で作成した交渉要請書で、「7月15日以前に解決の場に参加するという意思表示をすることを望む。この期限が過ぎると、被害者としてはさらなる法的措置を講じざるを得ない」と明らかにした。
原告側はすでに三菱重工業の韓国内の商標権と特許権を差し押さえており、追加措置は裁判所に資産売却を申請するという意味だ。日本製鉄と不二越強制動員被害者代理人団は先月1日、裁判所にすでに資産売却命令の申請を行った状態だ。

 

いつもの様に期限を決めてこれを過ぎればさらなる法的措置をとると脅迫してきています。
どうやら、裁判所に資産売却を申請すると書かれてますね。
また、申請?なんて思いませんでしたか?
記事にも書かれてますけど、日本製鉄と不二越は5月2日にすでn申請は出されています。
で、どうなったかといいますと・・・
なにも起こっていません。
ですから、今回も同じように期限を過ぎれば裁判所に申請をだすんでしょう。

が、なにも起こらないでしょう。
現金化なんて怖くてできないでしょうから。

そういえば、先日韓国から一つの提案が出されましたね。
ご存知の方もおおいでしょうけど、

韓国外交部「韓日企業の出資を財源に徴用の慰謝料、日本側に提案」

韓国外交部(省に相当)は19日、強制徴用被害者に対する賠償を命じた大法院(最高裁に相当)判決との関連で、韓国・日本企業の自発的出資を財源として被害者に慰謝料を支払う案を日本側に提案したことを明らかにした。
<略>
これに関して韓国政府は最近、「日本側がこうした案を受け入れる場合、日本政府が求める請求権協定第3条第1項の協議手続きの受け入れを検討する用意があるという立場を日本政府へ伝えた。

簡単にいえば「日本が賠償金を支払えば話し合いを考えてもいい」という内容ですね。
まあ、即効で拒否したようですけどね。
その後、平気で「対話の窓はいつでも開かれている」なんて言ってますから韓国側はこれでボールを日本に渡したとでも思っているのでしょうね。
ほんと、なめ切っってます。
ごね続づければいずれ日本が折れると思っているんでしょう。
それもこれも、大人の対応と称して日本側が腰抜け対応を繰り返しつづけた結果なのでしょう。

少し前にも、日韓議員連盟関連で面白いやり取りがありました。

まず、韓国からこんな発表がありました。

日本は徴用工訴訟の賠償妨害せず 大使ら伝達と韓国議員
記事そのものはリンクをたどって読めばわかりますけど、タイトルだけで内容がわかります。

これ見たとき、私はこう思いました。
賠償に応じない様にといっているのは日本政府なのですから、これはそれに相反する発言。
ちょっと信じがたいと思う反面、日韓友好などというバカげたことを推進する日韓議員連盟のこと、あり得ないことではないって。
続けてこんな発表が

日本企業が賠償に応じるべきと韓国外務省

日本が賠償金を払えばなにも問題はないと韓国政府は言い始めます
韓国にしてみれば全責任は金を払わない日本であるといいたいのでしょう。
多分、これはその前の発表を受けての発言でしょうね。

ですが、日本は絶対に賠償してはいけないんです。
払おうものなら「強制徴用」の事実を日本が認めたなんて論調で韓国人が次々とたかってくる事が目に見えていますから。
そして

自民・河村氏、韓国側の「賠償を妨害しない」発言否定

そんなことは言っていないときっぱりと日本側が否定。
この否定に関して韓国側はなにも反応を示さないことから考えるとやはり、日本は徴用工訴訟の賠償妨害せず 大使ら伝達と韓国議員は嘘だったのでしょう。
こういった嘘の発表最近、韓国政府でよく目立ちます。

恐らく、韓国内に巣食う反日政治団体に対する国内向けのパフォーマンスなのでしょう。
笑っちゃいますね。
ですが、こういった嘘をつく韓国政府は国内外共に不信感を増大させる結果にしかならないんですけどね。

この時も韓国側からひとつの提案があったというような記事が朝日新聞にありました。
それがこれです。

元徴用工救済へ新財団、韓国が検討 膠着状態の打開狙い

今回の物とはちょっと趣が異なっています。
これは取りあえず日本が最高裁で決定した賠償金を支払えば後は韓国政府が裁判にならないように努力するという内容になっています。

まあ、これは韓国お得意の詐欺。
これも同じく、支払う事であたかも日本が強制を認めたと言い出しそれをネタにタカリを始めるのでしょう。

裁判にならない様に検討するといった内容ですから、いざ裁判になっても韓国政府は逃げ出せます
ならない様にするとは言っていませんからね。

まあ、それでもこの時の提案は今回のものより多少はマシではあるんですけどね。
仮に約束をしたところで都合の悪いものは後でいくらでも修正できる、そして、それが正義と平気でいっている韓国相手ですから守る訳がありません。
これも、無視されたみたいなので一安心。
少しは日本政府も韓国人を理解し始めているようです。

この後も、ごちゃごちゃと韓国はやってくるのでしょうけど、この問題で絶対に間違ってはいけないのは有りもしない強制徴用を有耶無耶にして終わらせてはいけないということ。
韓国側の全ての前提は「強制徴用は事実」ということなんです。
ですから、日本側はこの点を有耶無耶せず「強制徴用は存在しない」と言い切ってほしいものです。

この辺り、未だにリベラル辺りが日韓関係の改善が最優先と言い続けていますから、政府がどこまで毅然とした態度をとるのか心配です。
この問題を早期に解決したいのであれば、やはり制裁をすることでしょう。
どちらが上かはっきりわからせない限り韓国人は何度でも繰り返します。
これが出来ない限り、終わりはみえません。
ですから日本政府はさっさと制裁を開始してねじ伏せないとダメなんです。

え?
韓国が対抗処置をとるだろうって?

大丈夫ですよ。
大したことなど出来はしません。
ただひたすら中国への対応と同様に「制裁解除」を言い続けるだけ。
今後の日韓関係の未来を考えるのであれば、さっさと制裁に踏み切る事が大切です。
そうすることであの、訳の分からない反日行為をやめさせることができますから。

そこできになるのがG20での日韓会談。
会談は成立するのでしょうか?

私はおそらく成立しないとみています。
例え非公式でも、会談しようものなら岩屋防衛大臣と同じく相当な非難を受けてしまうことがみえみえ
参院選を目の前にしてそんなリスクを日本政府がとるとは考えられません。
それに会談したところで得るものなど何もありません。
時間の無駄でしかありませんから。

でも、これは国際舞台でムン大統領がメンツをつぶされたという形になります。
これに対してムン大統領なにか言い出すのでしょうけどそれが何になるのか私も全く予想がつきません。

個人的に楽しみにしています。

Pocket