やっぱり、おかしいメディアの報道姿勢  福田次官のセクハラさわぎ





正直いいますとこの問題はここで取り上げる気はなかったんです。
何故かって?この問題って大手メディアで散々取り上げられていますし、いろいろなところで散々書かれているので、私ごときが何を書いても「もう、飽きた」と思われるのがオチ。
で、ずっと静観してきたんです。イライラしながら。
でも、イライラが溜まるのもあまり健康に良くないという事であえて書きます。
まずは記事の引用から
これは4/19リテラさんの記事です。

セクハラ被害を公表したテレビ朝日と女性記者を批判する他メディアの無責任! 被害者は複数いるのに社内調査もせず

2018.04.19

昨日になってようやく財務省の福田淳一事務次官が辞任を表明したが、その数時間後の深夜0時、テレビ朝日が緊急で記者会見を開き、福田次官のセクハラ被害者のひとりが自社の女性記者であり、「週刊新潮」(新潮社)にセクハラの音声データを提供したのもその女性記者であることを公表した。

テレ朝の説明によれば、セクハラ被害を受けていた女性記者は、上司にセクハラの事実を報じるべきではないかと相談。だが、上司は「放送すると本人が特定され、いわゆる二次被害が心配される」として「報道は難しい」と返答。しかし、女性記者は「財務事務次官という社会的責任の重い立場にある人物による不適切な行為が表に出なければ、今後もセクハラ被害が黙認され続けてしまうではないか」という強い思いから、「週刊新潮」に情報を提供したのだという。

その上で、会見では、セクハラの事実を否認し続けている福田財務次官に対し、テレ朝は自社の女性記者へのセクハラ行為は事実であると表明。財務省に正式に抗議する予定であるとした。

たしかに、社員がセクハラ被害を訴え、さらには報道することの提案を受けながら対応しなかったということは報道機関として批判は免れないが、公表することでテレ朝自身も批判を受けることが予想されるなか、それでも公表に踏み切りセクハラは事実であると財務省に叩きつけ、女性記者の人権を徹底的に守っていくことを明言した点は評価すべきだろう。

ところが、メディアの批判は、福田財務次官のあるまじき行為ではなく、テレ朝の対応に集中。本来は、福田財務次官を庇い立ててきた麻生太郎財務相や、「(名乗り出ることは)そんなに苦痛なことなのか」などと言い切った矢野康治官房長などの責任問題を問うべきところが、メディアは「どうしてテレ朝はセクハラを知っていたのに財務省に抗議しなかったのか」「記者が他社の『週刊新潮』にネタをもち込むとはいかがなものか」などとテレ朝への批判に話題をすり替えているのである。

そもそも、「週刊新潮」も報じているように、福田財務次官のセクハラは複数の社の記者に対しておこなわれており、テレ朝ではない民放の女性記者も被害を受けていたことを同誌に認めているという。だが、テレ朝以外のメディアが、社内調査を実施し、その結果を報じているかと言えば、答えはノーだ。こうした社に、公表に踏み切ったテレ朝を叩く資格はないだろう。




流石、左翼メディア偏向っぷりが大爆発しています。
これを読んだ私、正直「これがメディアの書くことか!」と頭にきました。
あちこちに書かれている内容と似たようなものですが、疑問点と私の考えを列記します。

新潮の音声データ公開

まずはこれから、最初この音を聞いたとき思ったのは「日時と場所がない」
おかしいですよね、場所はおいておいて日時はあって当然です。
しかも、この音声とぎれとぎれで複数のものを編集したような感じがします。
そして、女性側の音声が消されていること。
その代りに字幕が張られていました。
おかしいですよね、もとがどう聞いても編集した音声、女性記者の声すべてが消えていたのではおはなしになりません。
これ、都合のいい部分だけをつぎはぎにしたものじゃないの?
会話にはつながりがあるのです、それを消し去ってしまうこういった内容は到底信用できる代物ではありません。

音声の処理は誰がやったのか?

音声処理の理由は当然プライバシー保護でしょう、これはわかります。
では、処理は誰がしたのでしょうか?
女性記者が消した状態で持ち込んだのでしょうか?
このネタ文春へ持ち込んだものの「使えない」という判断をされたものです。
これだけ怪しいものですから、使えないという判断は的確でしょう。
そんな代物を他にもっていくのです、まずは信じてもらう事が先決、普通は全音源を持っていくでしょう。

では、新潮が?
これも不自然です、疑惑を持たれるような代物でしょうから、会話の流れが必要です。
それが確認できる様にするのであれば、消すのではなく、変換するのが普通でしょう。
ほら、テレビでもよくやってますよね。あれです。
どっちに転んでもあれだけ怪しいものを鬼の首を取ったように騒いでいるメディアと野党
不自然さしか感じ取れません。

名乗り出ろというのはおかしい

福田氏の否定発言にともない麻生氏は「名乗り出てほしい、知ってる記者のかたは顧問弁護士へ」」
これをきいたメディアは総攻撃。
セクハラの特性上、名乗り出れるハズがないという理屈。
この理屈はおかしいですよね、出された音声データそのものに女性の姿が見えないのです。信用できないのです。
もし、これでセクハラが成立できるのであれば、だれでも仕立て上げることができます。
簡単でしょ?こうった発言が普通にされている場所にいって音声を録音、後はそれをつなぎ合わせるだけ。
誰でも簡単にできるお仕事です。
少なくとも第三者の証言は集めてからでないと、とても信用できるものではありません。
あくまでも中立という立場で発言をするのであれば、麻生氏の発言は当然。
出元が分からないそんな音声だけでセクハラと確定なんてそれこそできる訳がありません。
「福田氏には人権がないのか」という発言も当然でしょう。
次に食いついたのは顧問弁護士の部分。
彼らは顧問弁護士というのは財務省の見方だからおかしいというのですが、正直、メディアの発言そのものがおかしい。
だってそうでしょ、麻生氏は情報が欲しいと言っているだけ。
別に情報は他に持ち込んでも構わないんです。
ですが、どこに持ち込むんですか?メディアはそれを自ら請け負う必要がありますよ。麻生氏は単に便宜を図っただけ。
どこがおかしいのですか・・・・・異常です。なんでも食いつけばいいってものじゃない。
「んじゃあどうしろというのだ」という麻生氏の発言はもっとも、これには「何を言い出すのだ」とばかりに又バッシング。
馬鹿ですか、提案に対して文句があるのなら代案が必要、代案なき反対はただの邪魔ものでしかない。

マスゴミと野党の無責任ぶりに唖然です。

朝日、自社テレビ局の記者と発表

内容はこうです。

一年半ほど前から何度か会食を繰り返してきた、その度にセクハラ発言をするので録音をしていた。
今回4/4に呼び出され、同じようにセクハラ発言を受けた。
上司に相談したが放送すると本人が特定され、いわゆる二次被害が心配されるので報道は難しいといわれた。
が、財務事務次官という社会的責任の重い立場にある人物による不適切な行為が表に出なければ、今後もセクハラ被害が黙認され続けてしまうではないか」という強い思いから、「週刊新潮」に情報を提供

これおかしいです。
毎回、セクハラ発言をされているのに、どうして何度も会食を繰り返すんですか?
言うに言えなくて我慢をして取材を続けてきたが、今回さすがにブチ切れたということですか?
それならば、録音データと日時は全て公開できるんではありませんか?
最近になって、それまでも相談をうけたが・・という記事がでてきました、だったらそれを対応しない朝日は完全にパワハラ。
この記事はみょうに朝日をかばっていますが、私から見ればパワハラをつづけた朝日が最大の問題。
だってそうでしょ、女性が嫌がっているのに無理やり行けと言ってるんですからね。
それに、録音はもっと前からやってたんですよ。
安倍憎しの左翼メディアの記者さんがセクハラをうけ、その音声データまである。
普通、即食いつくでしょ。
なのに、朝日でダメだし?あきらめきれずに持ち込む?これを信用しろというほうが無理。

そして、望月さんのツイッター

上司から止められていたが、取材の為に呼び出しの応じた、そしてセクハラ被害にあった。

上司に相談、そして止められていたのであれば、無理していく必要なんてないですよね。
とどめを刺すために4/4出かけた?
もっと、前の録音でだめなんですか?

セクハラされると分かってて行ったのですか?
でも、一年以上、こうやって来たのでしょ?
ここまでの情報ではっきり断ったというものはありませんね。
なにを言われてもニコニコしてたんじゃありませんか?
だとすれば、勘違いしてても不思議じゃありません。

今回も同じように近づいて音声をひろったのでしょ?
こういうこういって一般的にはハニートラップっていうのですけど、ご存知じゃありませんか?

まとめ

全体を通じて感じるのは客観性のかけらも感じさせない偏向報道。
番組でも必死に安倍降ろしをやろうとしていますが、あまりに露骨すぎてうんざりしているのが今の実情でしょう。
現在、会話内容の一部が更に公開されていますが、私個人からいえば「この程度で?」というのが感想
冗談もしくは話をはぐらかす目的だったとしか思えないような内容です。
これでセクハラが成立のであれば、かなりの人は危険でしょうね。
更にいえば、これでも、都合のいい部分だけの切り取りでしょうから、全体でみればもっと印象が変わってくるでしょうね。
いずれにしても、これで安倍さんを追い込むことはまず無理。
任命責任?それはあるでしょうけど、こういった事は事前にわかるものじゃありません。
野党もメディアもいつまでこんな茶番をくりかえすんですか?
野党やメディアのいう国民は野党やメディアだけであって国民の声ではありません。
目の前にはもっと大きな問題が大量にぶら下がっています。
こちらに目をむけてほしいと私は思っています。

以上が私個人の感想です。長文になっちゃいました。

偏向報道反対と思う人は上のにゃんこをクリック↑



wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...