GM本社が新車割り当てを開始   韓国GMは無視、いよいよか?





このブログでも連日のようにお知らせしている韓国GM騒動。
いつになったら、終結するんでしょうか?
そんな韓国GMは無視してGM本体は進みます。
中央日報の記事です。

GM新車割り当て開始

米国ゼネラルモーターズ(GM)本社が新車割り当てを開始した。労使対立で経営正常化の作業が遅々として進まない韓国GMが新車割り当て時期を逃してしまうのではという懸念が高まっている。本社は先月末にデッドラインとして提示した韓国GM労使の合意は失敗しすでにこれを越えた状況である。

ケンケルジョGMグローバル自動車部品・サブ組織担当副会長は10日(現地時間)WXC世界議会大会基調演説で「今後18カ月以内にボルトEVをベースにした電気自動車2種を発売する計画だ」と語った。

また、GMはミシガン州のオリオンタウンシップ組立工場で2019年から小型セダンクルーズの自律走行バージョン新車を生産する計画を確定した。また、ライダー・カメラ・センサーなど自律走行高度な機器が搭載された「自律走行車の先端天井モジュール」は、近所のブラウンストーンバッテリー組立工場で割り当てた。

ダンアンマンGM総括社長が計画を明らかにし、「自律走行の生産に必要な機器のアップグレードのためにオリオンタウンシップ・ブラウンストーンの2つの工場に1億ドル(約1066億円)を投資する」と述べた。

これに先立ち、GMはすでに生産されている電気自動車ボルトEV増産を決定している。
3月にはGM会長自ら「長距離走行が可能な電池ベースの電気自動車の需要が世界的に増加している、そこでGMはボルトEVをオリオンタウンシップ工場で増産する」と明らかにした。




はい、もう韓国GMなんてかまっていられません。
特に今はEV電気自動車の開発、生産に全自動車メーカーが総力を上げているのです。
万年、赤字である上に法外な要求をし続ける、こんな非常識な労組のいる工場に時間などかけていられないのです。
当然、韓国GMへの新型車の割り当てなど考えません。
だってそうでしょ?ごねるばかりでなんら協力性の微塵も感じ取れない、しかも、場合によっては撤退まで視野に入れているそんな工場など計算にはいれる訳がありません。

そういえば、生産数を更に減らすという計画も発表されています。
名目上は欧州市場の問題のように書かれてはいますが、それだけが理由ではないでしょう。
リスクのある工場の生産をあてにするわけにはいかないという意味合いもあるのではないかと思います。
ただ、減産する量がかなり多く、現在の50万台から37万台になります。
30%ほどのカットですね。となると現時点での希望退職だけでは全然不足
更なるリストラが起こることは必至。
更にそれだけでは済まなくなる可能性だってありますね。
新型車の割り当てはすでに決まっていってますから、これを取りこぼせば生産するのは旧型のみとなり、そうなると予定した37万すら怪しいかも知れません。

注目の今後の展開ですが、一見するとまとまりそうには思えません。
でも、錦湖タイヤ、STX造船いずれもギリギリでまとまってます。
ムン大統領は相変らず興味を示していません。
ここを考えると当て込んだ政府支援が消え、それであわててギリギリできまるという展開もありそう。

大注目です。




wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...