サムスン絶好調    なんか怪しいケド





売れないギャラクシー、もはやサムスンで頼れるのは半導体だけ。
と思っていたらこんな記事が出ていました
朝鮮bzの記事です。

サムスン電子またびっくり実績

サムスン電子が半導体の好況とスマートフォンギャラクシーS9の初期販売好調により、最大の実績を更新しました。第4四半期に続いての連続更新である。

6日証券によると、当初、サムスン電子の2018年第1四半期の暫定営業利益は14兆5000億ウォン水準と予想された。
しかし、この日、サムスン電子が発表した第1四半期の連結基準暫定業績は、売上高60兆ウォン、営業利益15兆6000億ウォンで、当初証券の予想値を上回った。
売上高は、前四半期の65兆9800億ウォンに比べ9.06%減少したが、前年同期の50兆5500億ウォン比では18.69%増加した。これは、半導体、ディスプレイ、CE部門のオフシーズン進入影響とウォン高の影響からと推定される。
営業利益は、前四半期の15兆15000億ウォンに比べ2.97%、前年同期の9兆9000億ウォンに比べ57.58%増加した。

暫定実績はまだ決算が終了していない状況で、韓国採択国際会計基準(IFRS)に基づいて推定した結果である。詳細実績は公開されなかったが、半導体とIM部門が既存の推定値を上回ったとみられる。
大信証券によると、第1四半期の事業部門別の営業利益は、半導体11兆8000億ウォン、IM 3兆3000億ウォンと推定される。
キム・ギョンミン国際財務アナリスト(CFA)は、半導体部門の実績増加の要因としてDRAM価格の上昇(前期比5%増と推定)と3D-NAND 64段歩留まりの向上効果と推定した。

又、今回のびっくり実績は、サムスン電子が早期発売したギャラクシーS9の販売効果も反映されたものと見られる。
ギャラクシーS9の初期Sell-in(メーカーが流通業者に販売)量は、1000万台以上と推定される。これにより、IM部門の営業利益は当初予想した3兆ウォンを上回るものと思われる。

サムスン電子がギャラクシーS9の発売国を拡大したことも堅調な業績の流れを引き継いでいく一助したものと分析される。
ギャラクシーS9は、国内を含めて、米国、カナダ、英国、フランス、などヨーロッパ全域、中国、インド、UAE、ロシア、メキシコ、オーストラリア、マレーシアなど世界約110カ国で販売された。

ゴドンジンサムスン電子IM事業部長(社長)は、最近、定期株主総会で「ワイヤレス事業は、高付加価値製品の販売強化で成長の可能性を高める計画である。ギャラクシーS9とS9とで堅調な成果を上げ、市場をリードしたい」そして「品質革新も継続する。品質の問題は、顧客の信頼を瞬間に崩すことができるというノート7の教訓を忘れずに些細な品質の問題も根絶する」とした。

キム・ギョンミンCFAは「第1四半期は新製品の発売効果が反映され始めているピーク秒」とし「ただ、第2四半期にもIM部門が実績を達成するには、タイトな運営が必要だ」と伝えた。

メリッツ総合金融証券の金善宇アナリストは、「営業利益の場合部門別の詳細の実績は公開されなかったが、従来の予想に比べ、半導体部門で大きく上回ったと推定される」とし「IM部門も発売国の拡大に支えられ、ギャラクシーS9の初期Sell-in(メーカーが流通業者に販売)出荷好調とマーケティング費用の削減は、いくらかの利益をもたらせた」と判断した。
また、「今回の実績は、サムスン電子は今年の営業利益コンセンサスの上方反転のきっかけと判断される」と伝えた。



あちこちに怪しい話が見受けられます。
私が見ても?なところがあります。

営業利益ではなく粗利

売上高60兆ウォン、営業利益15兆6000億ウォンという数字は製造業では有りえません。
この数字が出せる業界は金融、或はITといったものを作らずサービスを販売する企業に限られます。
サムスンがやたらと張り合うアップルは確かに20%程度の数字をたたき出していますが、ご存知のとおりアップルは製造以外の分野で大きく利益を上げるからであって、製造業として扱うにちょっと異質、例外といっていいでしょう。
通常、製造業の利益率はもっと低く10%行けば相当優秀です。
因みに私が調べたところサムスンの利益率は9.3%ほどです(フォーブスジャパン)
韓国採択国際会計基準が日本と異なるのかなと調べてみましたが、営業利益はやはり似たようなものでした。
恐らくこれは固定費や管理費を差っ引く前の数字、粗利でしょう。
確か前回はトヨタと比較して抜いたとか言ってましたけど、今回は言っていませんね。

ギャラクシーS9が好調?

何言ってるんですか、アメリカで惨敗し半額セールをやったではありませんか。
そしてノート9を前倒しなんてやってたでしょ。
アメリカ以外でギャラクシーを買う国といえば韓国くらいのものですしね。
しかも、電池が持たないとか操作性が悪い、代わり映えがしないといった不評が韓国国内でもでる始末。
どこが好調なんでしょうね。

韓国のサムスンに関連する記事は結構、大本営発表みたいなものが多いようです。
目的?
単に見栄を張りたいだけでしょ、特に最近はここを除けばまともな会社が少ないですからね。
なんせ、優秀民族の韓国ですから、どこをむいてもダメダメなんて言えません。




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...