蔚山市内バス事故、何故か動画がUPされる    (韓国のニュース)





先日、韓国のニュースで取り上げられていた、蔚山市内バス事故。
死者二名負傷者41名とバス単独の事故としては大きな事故です。
この事故の原因となった乗用車側のドライブレコーダー(?)画像がYouTube上がっていたそうです。

東亜日報の記事です。

2人の死亡者と41人の負傷者を出した蔚山市内バス事故の原因を提供したとされる乗用車の後部ブラックボックス映像が公開された。

「蔚山市内バス車線変更した乗用車の後部映像」というタイトルのブラックボックス映像が5日動画共有サイトYouTubeに上がってきた。
約10秒の映像には、車線を急に変更する乗用車を避けて、ハンドルを切った市内バスが道路脇の壁に突っ込んで転倒される状況が生々しく映っている。
これを見たネチズンの一部は乗用車が車線変更をする際、バス前部に軽く接触したのではないかという疑惑を提起した。
ブラックボックスに撮られた事故時刻は同日午前9時28分40秒ごろ。
ブラックボックス装着車の運転手が、問題の映像をどのようにYouTubeに公開したのかは確認されなかった。

蔚山市内バス事故はこの日の午前9時28分頃、蔚山市北区ヨムポドン牙山で市内バスが道路脇にある工場のフェンスに激突。
この事故で、バスに乗っていた39人のうちの2人が死亡、6人が重傷。残り31人は軽傷。
警察は、バスが割り込む車を避けよう急いで方向を変えたものと見て、事故の経緯を調査している。

10秒ほどの動画ですのですぐにみれるかと思います。
乗用車側がバスを見落として割り込んだ為、それをよけようとしたバスがフェンスに激突したように見えますね。

見落とす?

高速道路とかで車線変更をするときって、入る側の車線って物凄くよく見ますよね。
乗用車だとまれに見落として入ろうとする瞬間にそれに気が付いてヒヤッとしたりする場合もあるにはあります。
でも、これバスですよ。
バスとかトラックとかって結構大きな音がするので気が付かないなんてこと、ちょっと想像しずらいです。
逆にトラックからだと乗用車を見落としたりすることは割にあるって話を聞いた事がありますけどね。
正直、見落としたってことはないと思います。

バスがいたのは知っていた。

まず間違いなくバスの存在は気が付いていたはずです。
この運転手はこっちが入り込んだらバスはよけるだろうと考えて割り込んだんじゃないでしょうか。
ほら、よくいるでしょ、トラックとかに多いんですけど、ウインカーを出してすぐに入り込む車。
あれって、こっちをビビらせて入り込もうとしてるんです。
結構、むかっとしますが、確実にこっちの車がよけることを想定してるんです。

バスの運転手もちょっと変

何が変って?
減速したように見えないんです、いきなりハンドルを切ったように見えるんです。
減速したのなら、バスがすっと下がる感じがあるものですけど、このバス、煙のようなものが出て初めて減速したように見えるんです。
つまり、ブレーキを踏まずハンドルをどかっと切った。
速度が速度ですから、そりゃすぐフェンスに突っ込みます。

これもしかすると

お互い意地の張り合いになったんじゃないですかね。
乗用車は意地でも入り込もうとした、バスは意地でも入らせないようにした。

にしても、バスの運転手下手すぎ。
ハンドルを切らず、ブレーキだけで対処できたはず。
なんせ、バスは重いですから弾き飛ばされるのは乗用車。
まあ、あほみたいに簡単にとれる免許書とどこでもガンガンとばす安全意識の欠如した韓国ならよくありそうな事故ですけどね。

にしても、どうしてこの画像がYouTubeUPされているのでしょうか?
不思議で仕方がありません。




wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...