韓国GM撤退確定 どうやれば自分の立場が理解できるんだ?こいつら





ずっと追いかけてきた韓国GM問題。
傍からみればわかりやすい問題なんですけど、韓国人には理解不能のようで。。




中央日報の記事です。

大引けに突き進む韓国GM事態

着々と手続きを進めていた韓国GMの経営正常化が労使対立によって再び止まった。
そして、ついに最高経営責任者(CEO)は「破産」に言及した。しかし、韓国GM労働組合は強硬姿勢を続けており韓国GMの今後に暗雲が垂れ込めている。

28日カハー・カゼム韓国GM社長は、従業員に書簡を電子メールで送信。この書簡には「3月末までに労使が合意していなければ、韓国GMは支払い不能状況になる」と書かれてあった。

先立って26日にも韓国GMの親会社であるGMインターナショナルのバリー・エングル社長が労組との面談で、「4月20日までに労組が参加していない場合不渡りを申請する」とコメントしている。
米国ゼネラルモーターズ(GM)と韓国GMの主要な経営陣が直接「破産」という言葉に言及したのは今回が初めてだ。

カハー・カゼム社長はこのようになった場合、来月支給のボーナスを支給出来ない可能性があると警告した。2017年の賃金交渉では、韓国GM労使は4月6日1人当たり450万ウォンの成果給を支給することに合意している。
また、希望退職者に4月中に支給する慰労金も支給するのもこのままでは難しいことが予想できる。2日までに希望退職申請を受けた約2600人に対して支給する必要のある慰労金の総額は約5000億~6000億ウォンと推算される。
成果給・慰労金とは別に韓国GMは4月までに1兆7100億ウォン規模の融資を、米国本社に返さなければならない状況だ。韓国GMが倒産を避けるために必要な金額は2兆3545億ウォンと推定される

カハー・カゼム社長は労使暫定合意期限に「3月末」を提示しつつ、労働組合に合意を促した。書簡では「3月末までに賃金や団体交渉に労使が合意してコストを削減しなければ、本社(GM)の韓国工場新車割り当て・投資とKDB産業銀行・政府の支援がすべて事実上不可能になる」と強調した。

このような状況にも拘わらず韓国GM労組は29日も強硬姿勢を崩さなかった。
韓国GM労組はこの日汝矣島KDB産業銀行本館の前で記者会見を行って「GMの三寸舌にもてあそばれない」として「これ以上譲歩はないということを明確に明らかにする」と言及した。 進んで「不渡り云々して脅迫するGMは荷物をまとめろ」として「使用者側が不渡りを選択すれば受け入れる」という意志を表明した。

しかし、別の利害関係者である労働組合が参加しなければならないというのが韓国GMの立場である。彼は「韓国GMの経営正常化計画にすべての利害関係者が積極的に参加しなければ韓国GMの株主(GM・KDB産業銀行)は、資金支援をしない」とし「労組も苦痛を分担することが出来れば回生計画を実現することができる」と主張した。

韓国GM労組はこの期におよんで以下の要求を再びやっています。

・群山工場閉鎖の撤回・社長を除くすべての役員を韓国人と交換・すべての労働者を10年間レイオフしないという内容の「雇用安定協定書」の締結・GM本社が資本金に出資転換株式を労働者に1人当たり3000万ウォンずつ分配するように要求している。

この人たちの基本思考にこういったものがあるんだと思います。
「GMは韓国から離れたくない」

これ、間違ってはないんです。
資本を投じた以上、可能なら手放したくない。
これは経営者なら誰しも思うことでしょう。
ですが、もうその段階ではないのです。

無視できるレベルではない赤字、それを取り巻く金属労組の横暴。
普通に考えれば、いつ撤収しても不思議ではないのです。
でも、韓国人にはそれが理解できません。
「ウリは悪くない」これだけで終わってしまうのです。

きっとこの労組は被害者意識の塊なのでしょう。
しかも「分の事は棚に上げる」「上のものは下の者に対して何をしてもいい」そしてタカリ文化
これだけ重なれば、この労組の行動は目に見えています。
ずっと、要求をし続けるのでしょう。
無論、会社は無視。

撤退し失職し路頭に迷って初めて気が付く。
それが漢民族でしょうね。

・・・・ちょっと言い方が過激かもしれませんね。





wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...