流石、金属労組 今度はSTX造船でストライキ   韓国経済崩壊へまっしぐら





韓国の造船業といえば、日本の技術をパクりまくり、それを使って安値受注を繰り返し一時期は世界1位になった産業です。
国家をあげてやっていたのですから、それも当然。

月日は流れ、日本から技術をパクれなくなり、これまでの安値受注が韓国造船業に襲い掛かります。

韓国最初の造船会社、大鮮造船は今年、14隻の受注をうけたものの、100億ウォン(約10億円)も大赤字。
そこで売却広告を出してはみたものの売却先は見つからず。
現代重工業は群山造船所を閉鎖、大宇造船は7.1兆ウォンを超える公的資金を注入、これっていわゆるゾンビ企業、事実上倒産。
そして今回のSTX造船、1999年にSTXが買収しSTX造船が誕生
2003年に上場したものの2014年に上場廃止
そして会社は2016年5月に法的管理入り。
こちらも事実上倒産した会社です、ところが・・・・



朝鮮bzの記事です(韓国語翻訳ニュース)。

STX造船海洋労働組合は人材構造調整が含まれた債権団の自救計画案に反対して26日からストライキに入ると25日明らかにした。 STX造船海洋労組組合員は生産職勤労者695人。 STX造船関係者によると「ストライキをいつまでするかは決まらなかった」と話した。

STX造船労組は産業銀行など債権団が要求する自救計画案は受け入れられないと主張した。 債権団は前受金払い戻し保証(RG)発行条件で人件費を含んだ固定費を40%以上減らせと要求しているのだ。

STX造船関係者は“固定費を40%以上減らすには生産職の人員を75%ほど減らさなければならない。「 このように人員を減らせば現在の受注物量をこなすことも難しくなる」と話した。
債権団はSTX造船に所属した直営分を減らし、外注比重を増やせとの要求を伝えたと分かった。

この労組はご存知世界最悪の金属労組
会社の業績は経営側の責任と考え、業績に関係なく賃上げを要求し挙句に長期ストライキまでやるとんでもない労組です。

しかも、このSTXは会社更生法の適用をうけて倒産した会社。
それでも、平気でストライキをやるのがこの労組。
それが、世界最悪といわれるゆえんです。
こんなことをやってますから生産性も当然世界最悪。

普通に考えればSTXには、お金はないのです。
お金がないのですからいくら働いても払えません。
リストラするしかないってことは普通わかります。
でもそこを理解する気がないのがこの労組、あきれてものが言えません。
傍からみればそれはそれで面白いんですけどね。

このブログでは韓国GM撤退や錦湖タイヤの外資問題を取り上げてきました。
私が思うには韓国GMの状態が進行したものが錦湖タイヤ
そして錦湖タイヤを更に進行したのがこのSTX造船

この後、どうなるんでしょう。
正直、私には今回のストライキそのものの意味がわかりません。
多分、会社そのものを失う結果になるんでしょう。
新しい情報が入り次第お伝えします。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...