これはひどい  韓国(翻訳)ニュース





出前、これって最近、あまり見かけなくなりましたね。
でも、全くなくなった訳ではないようです。
食べ物をいれた器はきれいに洗って返すのがマナーでしたよね。
お隣韓国はこんなになっているようです



中央日報の記事です。(韓国語翻訳)

宅配 返却食器におむつなどを入れて返却

生ゴミなどを入れて返却する客が多く.、中には割れた焼酎瓶をいれて返す客も
飲食店使い捨て容器に置き換えで対策

アパートと住宅街・大学街周辺にある宅配レストランは返却食器を取り戻すのが怖いという。理由は食べ終わった食器を出すとき、一緒に生活ゴミをいれて返す客が多いからである。宅配文化は発達したが、お客様の「宅配料理マナー」は、それに満たないという話だ。

去る19日、ソウルにある中華料理店。午後1時ごろ、配送員が食器を回収するために大きなプラスチック容器を持って出た。帰ってきたプラスチック容器には空の食器だけでなく、タバコの吸殻などのゴミがいっぱいだった。中華料理店では使っていない鶏ガラや果物の皮など生ゴミもあった。レストランのオーナー(73)は「食器返却する際に、自分の家のゴミを一緒にいれて返す客のために頭が痛い」と頭を抱える。

ソウル東大門区の中華料理店は、最近の20年ぶりに宅配用食器をすべて使い捨てに変えた。店主のチャン(70)氏は、「家庭ででた生ゴミを混ぜて返してくることは日常茶飯事」と「オフィスより家庭の宅配が、より多い、特に週末には、このようなことをする客が多い」とした。中には食器と一緒にビニール袋いれたうんちおむつまで入れて帰ってくることもあるという。

春学期開講を迎えた大学街周辺のレストランも事情は変わらない。大学生は野外劇場や自炊の部屋などで宅配を利用することが多い。自炊をした時、生ごみの処理に困りごみを食器と一緒に出す場合が多いという。ソウル西大門区の食堂の主人(65)は「先日にはアルバイトが食器を取り出そうとしたとき、壊れ焼酎瓶の部分に指をふれてけがをしたことがある」とした。

そこで最近はコストがかかっても、回収しなくてすむ使い捨て容器を使う飲食店が増えている。使い捨て購入費がごみ処理費用よりも少なくという理由からである。ソウル麻浦区の店主(45)は、「悪臭生ごみが付着した容器は、数回洗っても臭いがよく消えない、昨年から店頭でいく食べ物も使い捨ての紙皿に盛るように変えた」と教えてくれた。

ひどいもんですね。
これも儒教の影響で「上のものは下の者に対してなにをしてもいい」って本気で考える韓国人ならではの行動。
なにをしてもいいのですから、相手のことなど一切考えません。
ついでにごみをいれたところでこっちは客なのだから問題ないと考えます。
相手を尊重するのが日本文化。
これだけ違えば、まともに話なんてできません。
日韓友好とかいってる人はこの現実をどう考えてるのでしょうか。
関わらない、これが一番正しい韓国との付き合い方でしょう。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...