朝鮮文明は中国文明より強大で古い文明ニダ  歴史がなければ作る いつもの韓国

まあ、黙って聞きましょう
朝鮮日報の記事です。

「古朝鮮文明が中国黄河文明より上回った」

5000年前に現れた古朝鮮文明はメソポタミア文明(5500年前)とエジプト文明(5100年前)に次いで世界で三番目に形成された古代文明であった。これまでの歴史に埋もれて失われてしまった古朝鮮文明の起源と誕生、社会経済的土台と文化的特性、古代国家建国と発展・解体を総合的に整理した。」

アカデミー会員の元老社会の歴史家シン・ヨンハ(81)ソウル大名誉教授が「古朝鮮文明の社会史」(知識産業社)を発行した。
シン教授は、2000年代に入って集中的に探求してきた古朝鮮の研究三部作の最後の著書だ。彼は古朝鮮を国家と民族の視点からそれぞれの照明した「古朝鮮国家形成の社会史」(2010年)、「韓国民族の起源と形成の研究」(2017年)を出版している。

シン・ヨンハ教授によると、古朝鮮文明は紀元前30世紀頃、大同江流域と遼東地域で形成された。
氷河期が終わった約1万2000年前の北緯40度線以下の高(古)韓半島で農耕を始めた人々は、世界初の団粒稲米と豆の栽培に成功した。

新石器時代の農業革命の結果として南漢江・錦江流域に住んでいた群衆の数が大幅に増え、彼らの中に一部が徐々に農耕が可能となった北方に移住した。遼河東に位置する人々は虎がシンボルであるイェジョク(濊族)がされ、遼河、西に渡った人々は熊がシンボルであるメクジョク(族)になった。

5000年前に続く異常気象に会った遼西地域のメクジョクが東南に移動して、大同江流域で漢族(韓族)と再会し、青銅器文化を土台にして古朝鮮が建てられた。

古朝鮮は1000年後にバンプに首都を移しイェジョクを吸収し、東西に向かって領土を拡大して、韓半島・満州・沿海州にわたる古代連邦国家を建設したというのがシン教授の主張だ。

彼は「韓民族につながるしたメクジョクが古朝鮮の中心をなし、ユウ婁・匈奴・突厥・モンゴルなど征服・併合された遊牧民族が周辺に布陣した」と述べた。

古朝鮮は独自の騎馬文化を発展させ、太陽と氏神[檀君]を崇拝する共同信仰が発達した。
また、メクジョクの不足言語を統合して、朝鮮語(語)が誕生したが、これらはウラル・アルタイ語族に属する言語の中で最も歴史が古かった。
したがって、西洋文明の始まりであるメソポタミア文明・エジプト文明に対応する東洋文明の出発点は、黄河文明(3700年前)ではなく、古朝鮮文明に見なければならないというものである。

シン教授の主張は、一見すると、在野史学者の持論とも似ている。
しかし、韓国と中国の文献史料、考古学の発掘資料、社会学・人類学理論書、東西の研究成果を幅広く活用して学術的に論理を展開する点で明確な差がある。彼は「長期持続される古代社会と古代文明を分析するために非常に有用な、フランスアナル学派の研究方法論を適用した」と述べた。

この本の野心的ないくつかの主張の中で現実的に最も問題になる内容は、人気の信念に反して古朝鮮文明が中国文明の誕生に影響を与えた部分である。最近、中国が黄河文明の起源と考えられている遼河文明(洪山文化)の主人公がメクジョクであり、高、中国東海岸に定着した古朝鮮の入植者が黄河文明の形成に大きな助けを与えたものである。

シン・ヨンハ教授は「紅山文化は、基本的にクマであり、黄河文明を成し遂げた上(商)の国を立てた人が古朝鮮があった遼寧省から渡って来たことを、中国の碩学副年(傅斯年)も認めた」と述べた。

 

檀君神話を無理やり歴史にしようとする、韓国の歴史学者。
こういった荒唐無稽な論文はしょっちゅう現れます。
共通していえることは客観的根拠が皆無であること。
時折出される書物も存在しないか、あってもそういった記述は見当たらないのいずれか。

でも、韓国人はこれを信じ込むのが不思議なところ。
自分なりに調べてみればその信ぴょう性が分かりそうなものですが、それをしない。
その民族性は当然、メディアにも引き継がれ、簡単にわけなく扇動されてしまいます。

どうして、そうなってしまうのかは簡単。
彼らは自分で判断しようとしないのです。
常にだれかに判断してもらおうとするのです。

そして、うまくいけば散々持ち上げますが、失敗するとその途端に攻撃を始め徹底的に破壊を始めます。
そんな民族に歴史が残されるはずもなく、常に周りに流され続けてきたのが朝鮮民族。

今回の論文もいつもと同じ。
客観的根拠など全くなく、自分にとって都合のいいストーリーを作り上げたにすぎません。
まさに「ウルナリファンタジー」
でも、これを信じる輩も多数いるんでしょうね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...