中国人観光客が韓国にこなくなった理由はアジアを避けるから    物は言いようwww 

観光客が減り続ける韓国
見るところがなく、サービス劣悪、ぼったくり天国。
これをまともに正そうとしないのですから、減り続けるのもむりはありません。

そんな観光関連の記事を見付けました。
中央日報の記事です。

中国の20〜30代の “近く安い韓国より、フランス・オーストラリアの旅好む”

中国人の海外旅行が変わった。20〜30代の若い旅行者を中心に、既存の低価格パッケージ観光、ブランドショッピングから抜け出し、地元の文化を積極的に体験して豪華な宿泊施設を好む現象が明確になっている。

旅行は韓国のように近く安価なアジアより北米や欧州を好むことが分かった

オンラインホテル予約サイトホテルズドットコムは、最近、「中国人海外旅行レポート(CITM)」を発表した。1億3000万人以上(2017年)が、海外に出る中国が世界に与える影響を分析した報告書である。今年は、過去1年間の海外旅行の経験がある中国人3047人(18〜58歳)を対象に調査を行った

回答者は、今年最も多く訪問した国は、1位日本、2位香港、3位米国、4位フランス、5位オーストラリアだった。
2017年5位に上がった韓国は7位にとどまった。

このランキングは、中国人が実際に訪問された国のランキングではなく、ホテルズドットコムアンケート結果だ。
2017年、中国人が多く訪れた国は、1位香港、2位マカオ、3位台湾、4位タイ、5位の日本だった。韓国は7位だった。

中国人が「歓迎される気持ちを感じる国」のランキングもあった。
1位は日本、2位はタイ、3位は香港、4位は韓国、5位はオーストラリアだった。
2017年のような調査では、タイは1位、日本は2位、韓国は6位だった。中国人観光客は減ったが、中国人に接する韓国人の親切はむしろ良くなっ点が興味深い。

ミレーニオル世代(1980年代初めから2000年代初めに生まれた世代)の支出規模も目立つ。海外旅行中、一日の支出額が80年代生は346ドル(約38万ウォン)、90年代生は314ドルで、70年代生まれ(299ドル)よりも多かった。

調査に応じた中国人は、平均的に所得の28%を旅行に使うことがたが、90年代生は、所得の36%を旅行に書くと答えた。90年代以降に生まれた者は、昨年より海外旅行支出額が80%増加した。

調査に参加した中国人の65%は、自由旅行を好むと答えた。
昨年の調査時より11%増加した数値で、18〜38歳の回答者は71%が自由旅行を好むと答えた。海外旅行の際好む活動にエキゾチックな地元の料理を味わうこと(69%)が最も多く、ブランドショッピング(38%)よりも地域の特色がにじみ出る路上ショッピング(43%)を好むという回答者が多かった。

ホテルズドットコムネルソン・アレンアジア太平洋地域統括は「中国人の旅行がランドマークの中心からの経験を中心に変貌していることが如実に表れている」と説明した。
宿泊施設の選択基準も変わった。グローバルチェーンブランドホテル(49%)よりも地の特色が込められた地元のホテル(55%)を好む人が多かった。ブティックホテル(33%)、自然にやさしいホテル(23%)も人気が高かった。

中国人の旅行に影響を及ぼした要因は、映画やTV(62%)、ソーシャルメディアやブログ(52%)、動画ストリーミングサービス(51%)の順となった。

 

簡単にいいますと中国人が来ないのは欧米に行くようになったからだ!という内容の記事です。
でも・・・・
>今年最も多く訪問した国は、1位日本、2位香港、3位米国、4位フランス、5位オーストラリアだった。2017年5位に上がった韓国は7位。
しっかりとアジアが1.2フィニッシュ!!
ものはいいようですね。
その後の順位も1位香港、2位マカオ、3位台湾、4位タイ、5位日本とアジアがずらり
どこをどうとっても「フランス・オーストラリアを好む」なんてデータは出てきません。

この記事を書いた記者にはっきり教えておきます。
安くて近い場所を避ける様になったわけじゃない。
中国人は旅行先として韓国を選ばなくなっただけ。

いつもの様に都合のいい部分だけを抜き出してホルホルする韓国メディアでした。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...