【ベネズエラ大統領暗殺未遂】  犯行時の動画公開される  韓国メディアの反応

少し前にベネズエラ大統領襲撃に関する第一報をお伝えしましたが、続報記事が出ました。

中央日報の記事です。

ベネズエラの大統領ドローン暗殺しようと… 世界に「ドローン注意報」降り注いだ

ニコラス・マドゥロベネズエラの大統領がドローンを利用した爆弾攻撃を受けた。
利用数が大きくなり、今や身近なものになったドローンが要人暗殺はもちろんテロにもに使われることができるという可能性が確認され、全世界に「ドローン注意報」が下された。

現地メディアによると、4日(現地時間)マドゥロ大統領が首都カラカスで開かれた国防衛軍創設81周年行事で演説をしている途中、突然何かが爆発する音が聞こえた。

驚いたマドゥロ大統領夫妻と官僚が空を見て姿がカメラに捕えられたそのままTVを通じて中継された。
周辺にいた警備員が速やかに防弾装備で大統領を包み、マドゥロ夫婦が緊急避難する姿も撮られた。

 

 

8車線の道路に両側に並んしていた兵士たちは非常に驚いてすぐに散らばるシーンも中継された。

ホルヘ・ロドリゲスベネズエラの情報部長官は「大統領が演説していた近くの上空で数回の爆発があった」とし「捜査の結果、爆発物を運搬するドローンであることが明らかになった」と発表した。また、「大統領夫妻は無傷でしたが、軍人7人が負傷した」と述べた。

現場は修羅場だった。会場としたブロック離れたところに住んでいるという住民カルロスフリオロハスは「二度の大きな爆発音を聞き、家の壁が揺れるのを感じた」とし「兵士たち向かいに走って行くのを見た」とガーディアンに語った。

もう一人の目撃者は、「人々が走り回っているなど混乱しており、これをスマートフォンで撮影しようとしたら、兵士が近づい動画を削除した」と明らかにした。

マドゥロ大統領は事件発生後約3時間が過ぎて、国民演説の中で「私の前で飛行体が爆発し、私を暗殺しようとする試みであった」と直接明らかにした。それとともに「コロンビアの大統領がこの攻撃の背後にある事は疑いの余地はない」と強く批判した。

また、「私の命を奪おうとした今回の事件の容疑者のうちのいくつかは、すでに逮捕され、証拠も確保されており、捜査は非常に進展した状態」と明らかにした。
「今回の攻撃に資金を出した人の一部は、マイアミにある」とし「ドナルド・トランプ大統領、テロ組織と戦う道を望む」という言葉も付け加えた。
最後に、米国とコロンビアがベネズエラでテロを起こしたと非難している。

マドゥロが隣国である、コロンビアのサントス大統領に言及したのは、親米右派が政権を握っているが、国と反米先鋒だったベネズエラのが長い間対立してきたからである。マドゥロ大統領は、コロンビア政権が米国を背負って中南米左派政権を倒そうとしていると非難してきた。

しかし、コロンビア側は「根拠のない主張」と強く反発しており、外交的対立は大きくなると予想される。

このような状況で反政府団体の声明も出てきた。彼らはSNSに「人々が飢え病人に薬がなく教育が壊れた状態で、政府が共産主義だけ洗脳することを我慢できない」と攻撃の理由を明らかにした。しかし、実際にあるかどうかは把握していない状態だ。

AP通信など外信は「現地の消防士たちは、近くのアパートでガスボンベが爆発したと言っている」と報道した。

2013年チャベス前大統領の後を継いで政権を握ったマドゥロ大統領は反米左派の道を固守してきた。
しかし、膨大な物価上昇と景気低迷で国が破綻寸前にチョハジャ昨年から反政府デモが絶えなかった。
故郷を離れる人もどんどん増えて、ブラジルなどの近隣諸国では「ベネズエラの難民」が問題となった状態だ。

反政府デモがますます激化して死亡者と負傷者が続出するにも関わらずマドゥロ大統領は独裁への歩みを止めなかった。
経済破綻の理由を「米国の制裁のせい」とし、5月に早期の大統領選挙を行い再選に成功した。
不正選挙議論が出てきたのはもちろんだ。

このような混乱の中で、昨年6月には最高裁と内務省を狙ったヘリコプターの攻撃が起きた。
俳優として活動していた警察官オスカル・ペレスがマドゥロ大統領の退陣を要求し行ったことだった。
一部では、恐怖心を刺激して支持勢力を糾合するマドゥロ大統領の自作劇と話が出た。
マドゥロは当時も「米国が背後」という主張を曲げなかった。

一方、2015年に日本では原発再稼働政策に反対する男性が首相官邸にドローンを飛ばすことが起きた。
福島地域で放射性物質に汚染された土壌を入れたドローンだった。
今回のベネズエラのではドローンが「警告用」を越えて最初から「攻撃用」に使われたわけだ。

 

さりげなく、日本を入れる辺り流石韓国メディアです。
確かにそんな事件ありましたねー。
原発反対派=左翼なのは確実。
沖縄でも同じですが、彼らの行動はほぼテロ。
そのうち、おかしなことをやりだすかもしれません。

 

ベネズエラで大統領襲撃発生    ドローンを使用し爆発物で襲撃

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...