北朝鮮、こそっと隠れて商売がバレる やはり、廃棄の意思は全くなさそう。

北朝鮮に関わる記事を二つ
いずれも中央日報の記事です。

国連の報告書「北朝鮮、安保理の制裁違反」 核ミサイルプログラムの中断していない

北朝鮮が国連の制裁を避けて海上石油取引を通じて原油を獲得して、シリアブローカーを経て、イエメンとリビアに武器を販売した問題が提起された。

4日(現地時間)AFP通信などは、前日、国連安全保障理事会(安保理)に提出された149ページ分量の専門家報告書を引用してこのように報道した。

報告書は、北朝鮮が「核ミサイルプログラムを中断していなかった」とし「国連安保理決議に違反する違法な活動を続けている」と述べた。

これによると、北朝鮮は、今年1月から5ヶ月間、少なくとも89件の船舶の船舶間の違法積み替えを介して、石油や石炭の取引をしていることが分かった。また、北朝鮮が今年5ヶ月間、少なくとも50万バレルの石油製品を購入し、国連決議に違反したとの指摘も出ている。国連は昨年採択した対北朝鮮制裁決議案2397号に基づいて、北朝鮮が年間輸入できる精油製品を50万バレルに制限している。

報告書は、北朝鮮がリビア、イエメン、スーダンシリア仲介により、小型武器や軍事装備を供給しようと試みた情況が捕捉されたとも伝えた。ブローカーに指名された、シリアの武器取引業者フセインアル-知らせるイエメンとリビアの武装団体に北朝鮮産の武器を提供した人物である。

国連の専門家たちは、北朝鮮の武器禁輸措置に違反する軍事協力について継続して調査している。

報告書はまた、「北朝鮮は昨年10月から今年3月までに、中国やインドなどの国に鉄、鋼鉄などの禁止品目を輸出して1400万ドル(約157億9200万ウォン)を稼いだ」と述べた。

続いて「北朝鮮との合弁会社を禁止措置を破って共同で運営されている200以上の企業を明らかにした」とし「その中の大多数が、ロシアの建設企業」と指摘した。

 

最近、よく見つかりますね。
裏には間違いなく中韓がからんでいるんですけど、どちらも知らぬ存ぜぬですけどね。
こういうことを北朝鮮がやり続ける背景としては、やはり相当苦しいのでしょう。
どんな手段を使ってもという強い意志が感じ取れますネ。

それに協力するのが中国と韓国そしてロシア。
まあ、予想通り、北朝鮮は核廃棄をやる気はさらさらないということでしょうね。

北朝鮮問題で必死に日本は「かやの外」発言を連発していた左翼の方々は大丈夫ですか?
北の核兵器廃絶に際してもっとも正常な反応をしたのは日本だけ。
適当に済まそうとするアメリカに釘を刺したのも日本だけ。
もっとも左翼は「北の核を認めたうえで平和解決を」なんて亡国理論を展開する位ですから、北の核がどうなろうと知ったことじゃないかも知れませんけどね。

つづけてもう一つ

北 「日本は数千個の核爆弾作るほどのプルトニウム保有している」日米原子力協定の延長を猛非難

北朝鮮が最近、日米原子力協定が自動延長されたことについて「反人倫的、反平和的犯罪」と主張し、日本のプルトニウム多く保有を猛非難した。

労働党の外郭団体である朝鮮アジア太平洋平和委員会は、この日労働新聞に掲載された「米国と日本の暗黙的な原子力協定延長策動の黒幕を暴露する」というタイトルのホワイトペーパーを介して、このように発表した。

アジア太平洋平和委員は「1988年7月、日米原子力協定の締結で核燃料再処理を可能にした理由は、事実上、独自の核武装化を実現しようとする日本に翼をつけた」とし「これにより日本は過去30年の間に核武装化のためのプルトニウム備蓄に拍車をかた」と述べた。

続いて「現在までに、世界的に確保されたプルトニウムの量は518tで、その中、日本が保有している量は47tに達する」とし「プルトニウム47tであれば長崎に投下したのと同じ核爆弾を7千800余を作成することができる」と述べた。

アジア太平洋平和委員は「納得ができないのは、何千もの核爆弾を作ることができる多くの量のプルトニウムを保有している日本には原子力協定で自動延長をして核武装化をあおっておきながら、朝鮮半島の非核化のために誠意ある努力を傾けている私たちには「より信頼性のある措置が必要」「非核化疑惑」と言っている。これは米国政府のダブルスタンダードである」と主張した。

続いて「米国が朝鮮半島の非核化のために意志がある場合は、当然、日本の核武装化策動を問題視する必要があり、公正な立場で事態を評価しなければならない」と主張した。

日米原子力協定は、1988年7月16日、30年の期限で発行され、米国と日本の両方が協定廃棄の意思を明らかにしなかった為、先月16日自動延長された。この協定では、日本は、核兵器に転用しない条件で使用済み核燃料の再処理を通じたプルトニウムの生産とウラン燃料濃縮を行うことができる権限を米国から事実上与えられた。

これをもとに、日本は、過去2016年を基準に47tに至るプルトニウムを積んでおり、事実上「潜在的核保有国」という指摘を受けてきた。

 

まさに朝鮮理論。
要求ばかりを突きつけ自らは何もしない。
この辺りは日韓合意と同じで、これが民族性と言っていいでしょう。

他所にあれこれ言って話をはぐらかせても制裁の緩和はありませんよ。
ただ、韓国の反応が妙に気にはなりますが・・・・・
今のところ大したコメントもありませんし、むしろ肯定的なのかも知れません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...