9月までに回答せよ 大阪市、サンフランシスコ市長へ書簡  韓国メディアの反応

従軍売春婦問題関連でちょっと気になる記事を見付けました
中央日報の記事です。

大阪市「慰安婦碑撤去しなければ姉妹都市を破棄」米サンフランシスコにまた圧力

日本の大阪市が米国サンフランシスコ公園に設置された慰安婦碑を維持し続ける場合、両都市間の姉妹提携を破棄すると脅しをかけた

31日(現地時間)、日本共同通信によると、吉村博文大阪市長は、過去24日にロンドンブリードサンフランシスコ市場にこのような内容の書簡を送った。

吉村市場は書簡に直前サンフランシスコ市場のように慰安婦碑の設置を維持する場合、60年にわたる姉妹都市提携をキャンセルすることを通達した。

昨年サンフランシスコに建てられた慰安婦碑は三人の韓国と中国。フィリピンの少女がお互いに手を取り合ってレイアウトおり、これ慰安婦被害者金学順ハルモニが眺める形状をしている。

碑は、カリフォルニア州カーメルで活動する有名彫刻家スティーブンワイトが「女性強さの柱」というタイトルで製作した。

昨年11月に当時のエドウィン・リーサンフランシスコ市場は、市内セントメアリーズスクエアパークに設置された慰安婦碑収容を策定する文書に署名した。

これサンフランシスコと姉妹提携都市である大阪市は1カ月後幹部会議を開き、姉妹提携キャンセルを正式に決定した。

しかし、同月親韓派として選ばれてきた市長が急にこの世を去った。
新しい市長就任を待って大阪市側の関連内容を盛り込んだ書簡を送ったのだ。

吉村市長は「慰安婦碑をサンフランシスコ市として取り除くことで、双方の市民が友好的に交流することができる。撤去した場合、喜んで、姉妹都市関係を持続する」と圧迫した。

それとともに吉村市長は、9月末までに回答を与えることを要求したとの通信は付け加えた。

 

あっれーこれってもう決定したんじゃ?
とおもって調べてみるとどうやら、この記事にあるように、前市長が死去したために、新市長へ再度、像の撤去を求めていたようです。

就任の演説は7/12に行われたものの、この演説では一切触れられませんでした。
理由はよくわかりませんが、もめ事は起こしたくないという思いとどうでもいい関係ないの二つじゃないかと推測します。

そして、今日。

 

大阪市は31日、吉村洋文市長が米サンフランシスコ市のロンドン・ブリード市長に宛てて、旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像の寄贈受け入れを決めた前市長方針への見解をただす書簡を送付したと発表した。前市長と同様の考えなら、既に決定した通り60年にわたる姉妹都市提携を解消せざるを得ないと通告した。

24日付で9月末までの返答を求めた。

 

韓国メディアの記事の通り最後通告をしたようです。
無視をするようなら遠慮なく解消するでしょう。
撤去した場合、韓国人は大騒ぎ。
デモすら起こりそうな勢いです。

でも、日韓合意の約束をどう考えているんでしょう?
民間のやることといって逃げるのは韓国。
でも、アメリカはどうなんでしょう?
国家間の約束は優先して守るべきと考えるのならフィリピン同様に撤去するでしょうね。

ただ、自分への支持率のみを考えればまたうやむやにしそうな気もします。
少なくとも大阪市長はスパッと判断してほしいものです。
これが出来ないから韓国に舐められるのです。

続報に期待しましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...