【緊急】原発から煙  北朝鮮核開発再開




南北対話そして米朝会談の最大のテーマはもちろん北朝鮮の核廃棄です。
今回、とりあえず廃棄すると金正恩は発言しましたが、北朝鮮はこれまで何度もこの発言をしたものの実際には開発を続けてきました。参照:北朝鮮核開発の歩み

つまり、核廃棄発言は物資の要求と核開発の時間稼ぎとして北朝鮮は利用してきたわけです。
中央日報の記事です。

北朝鮮、寧辺の軽水炉で煙が

4月末南北首脳会談と、5月の北米サミットを控えた北朝鮮が平安北道寧辺原子炉を稼動した兆候が相次いで現れた。

英国軍の専門誌ジェインス(Jane’s)は、16日発行したインテリジェンスレビューで、「寧辺の実験用軽水炉(ELWR)が早ければ今年末あたりから稼動している兆候が見受けられる」と報じた。ジェインスは、米国の衛星専門家であるニック・ハンセンスタンフォード大国際安保協力センター客員研究員の分析に基づいて、このように推定した。

これに先立ち、米国の北朝鮮専門オンライン媒体である38ノースは先月、衛星写真の分析の結果、原子炉からの蒸気が排出されて周辺に積もった雪が溶けていることが確認されたと発表した。これは、北朝鮮が寧辺の原子炉を稼動させたことを意味すると説明した。

ジェインスによると、昨年、寧辺原子炉周辺の活動は、目に見えて増えている。北朝鮮は近くの民間地域に電力を供給する電力網公社と周辺九龍川の水を引くと冷却水に供給する工事を終えたものと思われる。ジェインスは寧辺の原子炉試験稼動準備が完了したものと評価した。原子炉は、本格稼動に先立ち、1年以上の試験稼動が必要であるとする。

先月25日の衛星写真には寧辺の原子炉煙突からガスが漏れ出てくる姿が捉えられた。これは原子炉施設の試験を意味するというのがジェインスの分析だ。
先月24日から今月1日までの衛星写真では、こうしたガスは見つかっていない。これは「北朝鮮が最近、寧辺の原子炉を稼働させたということを意味する」とジェインスは説明した。

1日の写真では他にも原子炉玄関やドックで目と車両が動いた痕跡やクレーン車一台と小型トラック一台も捕捉された。

寧辺は、北朝鮮の核危機の象徴

寧辺は北朝鮮の原子力研究所があるところである。このため、北朝鮮の核危機の象徴になってしまった。北朝鮮は、ここに小型研究用原子炉であるIRT-2000と5MW級原子炉を設置した。この原子炉は、北朝鮮の核兵器製造のための核物質の供給源である

1994年、北朝鮮の核1次危機は、北朝鮮がIAEAによる査察を拒否し、寧辺原子炉の核燃料を取り出したことで発生した。その後、6カ国協議が進行し、北朝鮮は2008年6月27日、寧辺原子力研究所の冷却塔を爆破し、現場で多くの外国人ジャーナリストと外交官がこれを確認した。

ジェインス38ノースが注目した寧辺の実験用硬水炉は、2010年に着工し、2013年ごろの建物外装工事が終わった。。

ロブモンクスジェインスインテリジェンスレビュー編集長は「実験用軽水炉は民間用に発電することも出来るが、核開発目的の可能性もある」と述べた。CNNは、北朝鮮が長期間核プログラムを野心をもって進行させてきただけに南北首脳会談と北米サミットが問題なく終わっても、北朝鮮の核廃棄まで相当な時間がかかるだろうと指摘した。

これは寧辺の実験用硬水炉が今月にはいり稼働しているらしいという報道です。
原子炉の稼働は発電だけではなく核燃料の圧縮つまり核開発を継続させている可能性を意味します。

予想通りと言えばそうなりますが、この状態でトランプ大統領は金正恩と会うでしょうか?
具体的な行動を前提としている以上、これでは米朝会談そのものが行われない可能性が大だと私は考えます。
となると・・・・ちょっと面白くなりそうですね。

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...