英国の新外相であるジェレミー・ハント 中国人である妻を日本人と発言して大顰蹙

ちょっと面白い記事です。
中央日報の記事です。

中国人の妻を日本人だと紹介した英外相

中国を訪問した英国の新外相であるジェレミー・ハントの失言が問題になっている。BBCは、彼のミスがなぜ深刻な問題なのか分析する記事を掲載した。

ハント長官は30日(現地時間)、中国北京で王が中国外交部長と会談した。
英国の欧州連合脱退以降、両国の自由貿易協定(FTA)締結の可能性をなどを議論する場であった。

この席でハント長官は、自分の妻の話を取り出した。
彼は中国の西安の出身である妻の話を通じて、中国の歓心を買おうとしていたのだ。
妻は、英国の大学に留学している途中ハント長官に会って結婚したと伝えられた。

しかし、ハント長官は、王部長に会った席で、英語でこう言った。「私の妻は日本人である」

間違いを気付いたハント長官はすぐに訂正した。「妻は中国人だ。申し訳ない。ひどいミスを犯した」

彼はミスを挽回しようとするように、「私たちの子供たちも半分は中国人である。子供の母方の祖父母様もまだシアンに住んでおり、中国に強力なつながりを持っている」と付け加えた。

周囲はハント大臣のミスに笑いを爆発させたが、BBCは「重大なミス」と指摘した。
ハント大臣のミスは、なぜ、そう深刻なのだろうか。

中国と日本はライバルである

BBCは「中国や他の国を混同することは、中国政府の歓心を買うには良い行動ではない」と伝えた。
特に「中国と日本を混同することは最悪だ」と、過去の両国が戦争を行ったし、東シナ海での領有権紛争を行っているという事実を伝えた。

続いて日本が戦争中犯した悪行を隠蔽していると非難する中国の中高年層は、日本の商品を購入するか、日本の旅行を気にするという点も指摘した。

自分の妻の話をしていた

BBCによると、ハント長官は、日本で働いた経験があり、日本語を駆使する。
この日、王が外交部長との間で日本語で会話した。

BBCは「このためにハント長官が会談中、日本を考えていたのかもしれない」と言いながらも「それでもなぜ、中国側との会談の席で「日本人」という失言をしたのか説明が不十分だ」と批判した。

続いて、他の人でもない自分の妻に言って中に誤ったということは問題だと指摘した。

悪い固定観念に合致する

BBCは「東アジアの人々は皆同じように生じた一般的なジョークがある」とし「多くの東アジア人が、このような中途半端な推測に不平を言う」と伝えた。
また中国系に「こんにちは」と挨拶し、日系に「ニーハオ」ということがしばしば起こると、これは東アジア人たちには不愉快に感じる。
一方、BBCは中国人家族がいるという点が、中国との円満な関係を作ってくれるという事はない点も取り上げた。

一例として、2011年から2013年まで、米国大使を務めたゲイリーロックは中国系アメリカ人という理由でメディアの注目を浴びた。
しかし、まだ彼は、中国のメディアから批判されている。中国グローバルタイムズはそれに対して「中国系であるにもかかわらず、ただ米国の利益に奉仕する平凡な米国の政治家」と指摘している」。

 

記事には中国人の妻を間違って日本人と紹介、そしてそれが問題になっていると書かれています。
理由としてあれこれ書かれていますが、どれも当てはまらないと思います。

基本的に白人は有色人種を馬鹿にします。
白人こそ最高の存在だと。

今回の場合、この外相の思考には日本人だろうが中国人だろうがどっちでも構わないのです。
相手に取り入ることが出来ればOK

特に大英帝国は有色人種を馬鹿にする傾向が顕著。
それ故にこういった事になったのでしょう。

この記事を見て「中国ざまぁ」なんて思っていませんか?
違います。白人にとって黄色人種などどれも同じなのです。
だから、こんなあり得ない間違いをするのです。

ちなみに私はイギリス人は大嫌い。
いつまでも大英帝国をひきずるなと言いたいところです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...