韓国人女優ハ・ヨンス、旭日旗騒動を起こす  騒ぎにびびって投稿を削除

相変らずやってます。

東亜日報の記事です

ハ・ヨンス、旭日旗を連想させる写真で議論

俳優ハ・ヨンスが旭日旗を連想される画像を背景に写真を撮って論議に包まれた。

ハ・ヨンスは30日、自分のインスタグラムにロシアの旅行の写真を上げた。
注目された記事はハ・ヨンスが、ロシアサーカス場フォトゾーンで撮影した写真である。

一部のインターネットユーザーはハ・ヨンスの背後にある画像の背景が戦犯旗を連想させると指摘した。
これに対してハ・ヨンスは「サーカス会場のフォトゾーンのパターンが集中線の形をしているため、そのように見える。私も敏感に思っている部分だから、彩度を下げてアップした。本当の色はもっと赤い」と説明した。

しかし、ネチズンの指摘は続き結局ハ・ヨンスは「集中線の形自体に深刻な議論になったので削除する」と写真を削除した。

これを見たネチズンたちは「問題になると分かったてるのなら、上げるべきではない」「その映像は、誰が見ても旭日旗を連想する。」「彩度を下げてまで、なぜ上げるのか」、「言い訳がちょっと…」などの反応を見せた。

旭日旗は日本帝国主義を象徴する旗である。
日本の国旗である日の丸の赤太陽の周りに旭光が広がっていく形を形象化した日本の旗(軍旗)だ。
日本の戦犯(戦争の犯人)が作成し使用していたことから「戦犯旗」とも呼ばれる。

 

もはや、病気。
似たようなものがあれば、なんでも食いつく韓国人。

旭日旗を見て韓国人が食いつき始めたのは2011年アジアカップ準決勝の日本対韓国戦でキ・ソンヨン起こした問題に対する言い訳が引き金となったものなんです。
当時は左翼メディアに国民が騙されていた時代。
政権与党もこれが怖いため事なかれ主義を貫き、日本全体がこの行為に対し大した抗議をせず、旭日旗に対しても「そのような事実はない」とはっきり拒絶しなかったことでここまで面倒な問題に発展しました。

最近になってやっと旭日旗に反応する韓国に対しはっきりと抗議をするようになりつつあります。

それでも、スポーツ関係特にJOC辺りは相変わらずの事なかれ主義。
韓国が騒ぐとさっさとひっこめたりしています。
こんなことをするから調子に乗って次々と旭日旗で騒ぎをおこすのです。

そういえば、AKB48も巻き込まれてましたね。
当時の韓国のメディアの反応をみると

プロデュース48 ‘参加AKB48、安重根殉国日に「旭日旗」衣装で論議

プロデュース48をエムネットと一緒に企画したAKSの右翼論議が再び浮上している。
プロデュース48に参加しているグループAKB48は過去から絶えず戦争美化議論を呼んだ。
AKB48は2006年12月靖国神社で旭日基象徴する舞台の上に上がって公演を広げた前歴がある。
靖国神社は、日本の東京都千代田にある神社で、太平洋戦争の犠牲者を参拝するところであるため、靖国神社で公演をしたという事実だけでも極右論議が起こった。
当時の公演を見ていた観客の大多数が靖国神社参拝だったからだ。

当時これら旭日基をちりばめた衣装を着て出て舞台を広げたが、舞台映像では、1945年という字幕と日本軍がアメリカ真珠湾を空襲する場面が出ていた。
ここで終わらずに戦車模型と一緒にAKB48メンバーが出て、「僕たちは、戦わない」と熱唱する姿だ。
そのコンサートのシーンは、国内ネチズンたちにも伝わり、すぐに戦争を美化させるものという批判がみられた。
また、3月26日、安重根義士の殉国日批判の強さは、加えられるようになった。

この他にもAKB48のメンバーは、様々な媒体とのインタビューで右翼を擁護する発言を続け、着実に議論に巻き込まれている状況だ。

 

ハ・ヨンスさんは知りませんけどAKB位は私も知ってます。
でも、AKBって右翼となんか関係ありましたっけ?
少なくともこの一件は日本ではほとんど無視された出来事だったと思いますけどね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...