ラオス政府、ダムの事故原因として人災を疑い始める。    ラオス、水力発電所事故

ラオスダムの事故。
もはや、大惨事といっていい事故ですがその原因についてラオス政府の姿勢が出てきました。

朝鮮日報の記事です。

「ラオス政府、水没ダム事故人災の可能性を念頭に」

ラオス政府はSK建設が施工したラオスの水力発電所ボジョデム事故原因として自然災害に重きを置いているが、人災の可能性についても関心を持っているとシンラオス大使が29日、明らかにした。

シン大使はこの日、パクセ空港からラオスの災害緊急対策委員長や経済副総理などと相次いで会った後、このように明らかにした。

シン大使は「ラオス政府は、自然災害に比重を置くが、施工上の問題はなかったのかなどに関心を置いている」とし「(ラオス政府は)いくら雨が多くとも(ダム)の設計は、それを保持することができているべきではないかと考えていると思う」と述べた。
彼はまた、「ラオス政府は、当初施工者のSK建設、タイ監理会社、設計を承認したベルギーのトラクターベルなどが独自の調査しているが、それ以外に外部の専門家を参加させるようだ」と付け加えた。

これと関連してはカムマニインティラス、ラオス、エネルギー・鉱山部長官が26日、現地メディアのインタビューで、手抜き工事疑惑を提起している。
彼は「規格に達してない工事と予期せぬ規模の豪雨が原因であるようだ」としながら「ダムにひびが入りその隙間に水が漏れダムを崩壊させるほど大きな穴が生じたものとみられる」と述べた。

ラオス副首相は、事故原因調査と関連して、「SK建設と議論中だがダムの建設にどのような技術が使われたのか確認する予定」とし「詳細はエネルギー・鉱山部の専門家を介して確認する予定だ」と伝えた。

この日シン大使は、市販のお金副首相との面談で、韓国政府が軍輸送機3台を動員し救援物資と医療陣で構成された緊急救援隊を派遣したことを伝えて、政府次元で積極的に支援するという意思を伝えた。

シン大使はまた、ラオス中・北部地域の農村開発支援事業を今回の水害が発生した南部地域に拡大する時期を、当初予定された2020年よりも早める案を韓国政府と積極的に協議するという意思も伝えた。
これに対して、副首相は、積極的な韓国政府の支援に感謝の意を表した。

 

まあ、これらの話はラオス側から韓国の大使を通しての情報、直接的なラオス政府の発言ではありません。
これまでのラオス側の雰囲気から考えると「自然災害に重きを置いているが、人災の可能性についても関心を持っている」とはラオス側は言っていない気がします。
もっとはっきり人災といってる気がします。

事故原因の調査に外部の専門家をいれるとラオス政府が言っているところをみると、もう企業側の調査などあてにはしていないでしょう。
特に韓国はラオスを見下していますから、必死になって嘘をつき責任逃れをすることは目に見えています。
そこで第三者をいれての調査は当然でしょう。
ただし、その第三者が公平な判断が出来ることが条件です。

なんせ、誤魔化すためには手段を選ばないのが韓国。
金をばらまき有利な形にもっていこうとする可能性は十分ありそう。

でも、どのような結果が出ても韓国の工事は信用できないという事は周辺国にも知れ渡ったことでしょう。
当然、前歴とかも調べられているでしょうからね。

さて、どんな調査結果がでてくるのでしょうか?
かなり興味があります、新しい記事がみつかったら又、ここに書きますね。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...