今度は韓流アイドル、グループ内で暴力事件   MASC  どうなってるんだ?

韓国人の国民性の特徴でよく言われるのは、相手を自分より上か下かの基準でしか判断出来ないというところがあります。
その結果、上下関係が非常に厳しく「上のものは下に対して何をしてもいい」という考えを持っています。

そうしたお国柄も先日お伝えしたような自殺者の多さにつながるのではないかと思います。
そして、自殺に加えいじめといった問題も数多く発生しています。
特に韓国は徴兵制を敷いている関係から比較的近い年齢の人間が一か所に集められます。

軍隊ですからそのストレスは半端ではなく、それがいじめにつながります。
元々が弱い者には何をしてもいいと考える国民。
限度をこえるいじめが多発し中には死亡するケースもよくメディアに報道されてるのを見かけます。

こんな話をするのはこんな記事を見付けたからです。

朝鮮日報の記事です。

アイドルメンバー間で暴行行為… マスクの「エース」チームから脱退宣言

8人組アイドルグループマスク(MASC)がメンバー間で暴行事件を起こし警察の調査を受け、暴行疑惑当事者がチームから脱退するなど、様々な問題を起こしている。
このグループのメンバーチビン(20)を暴行したという疑惑を受けているエース(28)は29日、「自分の行動の誤りを認めている。すべての責任を負ってチームを脱退する」と明らかにした。

チビンは26日、自身のソーシャルメディアに「チームメンバーである「エース」から暴行された」と投稿した。
チビンのインスタグラムに上がってきた文によると、彼は去る3月8日未明、自分のものではない傘を持って行ってしまいそれを丁寧に戻すことが出来なかったことが理由だとした。

その後エースとチビンの間で口論が続き、怒ったエースは、チビンから返された傘で彼の頭や顔を二、三回叩いたというのがチビンの主張だ。
チビンは「私は顔と頭にけがをして血がドクドクと流れ怒りを抑えることができない」と書いた。
事件後、病院で治療を受けたチビンは「両親に「加害者も病院にはこなければならないのではないのか」といわれ「加害者」に電話をした。加害者は「チビンが謝るのであれば行く」と返答した。

 

まあ、割に些細と言っていい内容なのかも知れません。
このグループの事は私は全く知りませんので、少し調べてみました。

グループは2016年8月19日に4人組ボーイズグループとしてデビュー。
その翌年に4人を加え8人組として活動を始めたようです。
で、今回加害者である「エース」は最初の4人に含まれています。
被害者の「チヒン」は後の4人のようです。

韓国は僅かな年の差ですら絶対と言いますから、グループ内でも前の4人と後の4人では上下関係が出来ていたことは容易に想像できます。
発端は傘の貸し借りのように記事には書かれており、ちょっと違うかも知れませんが、
結局は「傘の返し方が気に入らなかった」それが事の発端ではないかと考えられます。

ただでさえ、韓国には火病という独特の精神的な病があります。
ほんの些細なことで突然暴力沙汰に発展してしまったのでしょう。

まあ、アイドルとて人の子。
ムカツクことも一般人より多い事でしょう。

この出来事は韓国の国民性がよく現れている事件ではないでしょうか?

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...