自称韓国国産のヘリコプター 事故で運用停止   事故画像が韓国メディアで公開 おもしろ韓国軍

毎度おなじみの韓国軍
先日、韓国陸軍の軍用ヘリコプター、スリオンが墜落しました。
墜落原因についてはあれこれ言われましたが、今回このスリオンに対して運用をすべて停止しました。
中央日報の記事です。

プロペラが飛んだ

陸軍が18日各級部隊に配置された90台のスリオンの運航を全面停止した。
前日の17日、海兵隊のマリンオンの墜落事故に伴う安全措置だ。陸軍関係者は「海兵隊の事故調査結果が出た後、運航再開を検討する」と述べた。

陸軍のスリオンは、事故が起きた海兵隊のマリンと同じ機種である。
マリンオンはスリオンに加え海水防腐処理をし、ローターブレード(ヘリのプロペラ)を折りたたむことができるよう改造し長距離通信用無線機及び補助燃料タンクなどを追加で装備したヘリコプターだ。同時に海兵隊もマリンオンの運航も停止した。

海兵隊と陸及びし及び空軍、国防技術品質院が一緒に立ち上げた事故調査委員会は、この日、本格的な事故原因究明に着手した。
海兵隊の関係者は「妥協せずに様々な可能性について調査する」と話した。

委員会側は、事故現場でのヘリコプターのローターブレードが胴体と20m程度離れた地点で発見された点に注目している。
機体は完全に破壊されたが、ローターブレードは、4つの翼のうちの1つが壊れている以外はほとんど損傷がなかった。
折れた翼1つも胴体から10mのところであった。

海兵隊が公開したCCTV映像によると、事故当時、機体が6〜7秒間10m程度上昇したが、突然、ローターが1つ飛び出し、その後ローターブレード全体が外れ墜落した。

軍の内外では、機体の欠陥の可能性が指摘されている。
スリオンとマリンオンの母体は、ヨーロッパのエアバスヘリコプター(旧ユーロコプト)が生産したAS332(スーパーピューマ)である。
AS332の拡大型EC225は、過去2016年4月、ノルウェーで墜落し、搭乗者13人全員が死亡した。
当時、事故の原因は、エンジンの動力を伝達するギアに亀裂が生じてローターブレードが胴体から分離されたものだった。
これは17日の事故と似ている。
韓国軍のスリオンとマリンオンはエアバスヘリコプターから輸入したギアを装着した。
エアバスヘリコプター側は最近スリオンとマリンオンのギアをシフトするという勧告を伝えたという。

委員会は、ギアの耐久度を精密検査し、これはメーカーである韓国航空宇宙産業(KAI)も調査する計画である。
委員会は、整備不良の可能性も検討してみることにした。

実はこのスリオンこれまでも数々の問題を引き起こした韓国軍の名品兵器です。

ウィキペディアによると

KAI KUH-1 スリオンは、韓国航空宇宙産業が国防科学研究所、韓国航空宇宙研究院、ユーロコプター(現:エアバス・ヘリコプターズ)と共同で開発した汎用ヘリコプターである。
開発費は1兆2,996億ウォンで、54%にあたる6,980億ウォンを防衛事業庁、30%にあたる3,927億ウォンを産業資源部、16%にあたる2,089億ウォンを国内外の参加企業がそれぞれ分担している。
韓国政府はこのヘリコプター開発事業に18万人の雇用創出と7兆~8兆ウォンの産業への波及効果を期待しており、240機を生産予定である

2012年から本格運用に入っており、いつもの様に輸出を目指した韓国製ヘリコプター。
ところがこのスリオン。
技術移転に際しては、動力伝達装置を構成する部品約450点のうち、エアバスヘリコプター側との間で国産化契約をした部品は134点、実際に量産可能なレベルとなったものは約80点。
つまり、技術移転と言いながら、実際にはほとんどものにできず、結局はスリオンに搭載された動力伝達装置すべてが輸入品という体たらく。

そして、フレームを始め至る所に亀裂が見つかり、2017年2月3日には運用停止されています。
その後、どのように話が進んだのかよくわかりませんがこうして事故を起こしたことをみると、うやむやのうちに運用再開となったようです。
取りあえず、韓国はまた、適当な理由をつけ停止した後、再び適当な理由をつけ(どさくさに紛れてかも?)利用再開をするのでしょう。
いずれにしても、この自称国産ヘリコプターは海外で購入されることはほとんどないでしょう。

これだけ、いい加減な状態で飛ばし続けていたのですから、そのうち、事故が起こる事はわかりそうなものですが、そこは韓国。
平気で飛ばしていたようです。

そんな韓国で正しい事故原因が分かるのか?
と聞かれればやはり、正しい原因はわからず、運用再開に都合のいい原因を発表して、再運用にこぎつけるだろうと予想します。
まあ、他国ですからどうでもいいんですけど、ヘリのローターだけが飛んでいくこの動画はちょっと理解に苦しむギャグめいた事故です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...