立憲民主党逢坂議員「日本は北朝鮮に戦後賠償をするべき」    北朝鮮戦後賠償 韓国メディアの反応

以前より何度かでている北朝鮮への戦後賠償。
まあ、支援としての拠出はある程度考えられますが、賠償として支払われることはないでしょう。
だって、これは支払い済みですから

「経済支援いくら払えば?、10兆?」北サポートの金額に触れる日本

どの位を考えるか。1兆円程度になるのか。」
6月27日、日本の野党立憲民主党逢坂誠二議員が政府に送った「対北朝鮮経済支援に関する質問主意書」の一部だ。
拉致問題などがうまく解決され、北朝鮮との国交正常化交渉が進展する場合、一体どの位の経済支援の名目で与えるかを尋ねた。

日本では議員が「質問主意書」を作成し、政府が送信首相が答弁書を確定し、国会に提出する。
このような公式の手順に対北朝鮮経済支援金の額が登場したのは異例である。
それほど朝日問題に対する日本の関心があるという解釈が出ている。

逢坂議員は質問書で「65年韓日国交正常化協定時3億ドル相当の生産物と役務の無償提供、2億ドルの有償借款を提供し、3億ドル以上の民間借款を約束して、すべての合計11億ドル程度であった。当時、韓国国家予算が3.5億ドルだったから、予算の3倍を超える援助を約束した」と主張した。
続いて「北朝鮮の予算規模が不明であるが専門家が約2000〜3000億円程度と推算しているので、韓国の場合に適用すると、約6000億円〜1兆円規模になる」という論理を展開した。

逢坂議員の計算が、もちろん、正確なものではない。
65年請求権協定で決定された「無償3億ドル+有償2億ドル+民間借款3億ドル以上、合計8億ドル」とは金額面で違いがあり、北朝鮮の予算もどんぶり勘定式で計算したが、とにかく自分なりの方法で経済支援規模を計算し、政府に求めた。

これ安倍首相は8日、閣議で決定した答弁書で「今後の交渉などに支障をきたすことがある」と回答を避けた。

「拉致問題に進展がないのに何対北支援云々か」という批判を恐れてこのような言及を敬遠するが、日本政府はすでに、経済支援金の規模について、内部調査に突入してから久しい。

首相官邸事情に明るい財界消息筋は「今年4月頃から首相官邸を中心に金額の算定作業を開始した」とし「韓国と合意した請求権資金の金額に加え、韓国の経済成長率、これまでの物価上昇率などを考慮し、検討」とと述べた。

現在、対北朝鮮支援規模と関連して最も広くいわれる数字は、「1兆円」である。
日本のマスコミも「65年に韓国との交渉をもとに計算すると総額が1兆円程度」という政府関係者の言葉をよく引用する。

この1兆円は、2002年の小泉純一郎(小泉純一郎)首相と金正日国防委員長が合意した日朝平壌宣言にも関連がある。

宣言には「国交正常化後、双方が適切な期間にわたって無償資金協力、低金利の長期借款提供と国際協力銀行などの融資等を実施する」という内容が含まれている。
金額の言及はないものの、日本では「実際には、日本は1兆円規模の資金を提供するという合意がなされた」、「この内容が記録された外交交渉文書が破棄された」という話が回っている。

また、脱北したテヨン号元英国駐在北朝鮮工事が発行した「3層書記室のパスワード」にも似たような状況が含まれている。
2002年、金正日の最側近外交参謀である姜錫柱外務省第1次官が「植民地支配の被害について、経済協力方式の補償を日本が約束した。
少なくとも100億ドルとし、この100億ドルで、道路や鉄道などの基本的なインフラは、すべての近代化することができる」と述べたのである。
しかし、北朝鮮が日本に送った拉致被害者横田めぐみの遺骨が偽物と発覚し100億ドルの提供もうやむやになった。

2007年末にも「核を放棄すれば、国際資金400億ドルを北朝鮮に支援する」としたときも、その中の100億ドルは、日本の支援を念頭に置いたものであった。
しかし、16年前の2002年に、もし1兆円(100億ドル)のレベルの合意があったとしても、今は北朝鮮の要求がより大きくなるという分析も少なくない。

三星証券北朝鮮リサーチチームは、先月のレポートで、「北朝鮮の要求が200億ドル(約20兆円)のレベルになる」との見通しを発表し、ロイター通信も最近、「物価の変化と、北朝鮮内の経済状況などを勘案すれば、3〜 4兆円、または5兆円レベルになることもある」という関係筋の発言を報道した。

東京の外交消息筋は「日本政府としては、北朝鮮の核廃棄にかかる費用まで経済支援金に含ませるなど、日本国民が納得できるレベルに支援規模を最小限に抑えるだろう」と展望した。

 

何言ってるんでしょうね。
今の政権は北への支援について、具体的な金額など検討していないと思います。
なんせ、とにかくまずは非核化、これの進展がまったく見られないのです。
更には拉致問題の解決とこれらをクリアして初めて支援がどうとかというところに届くでしょう。

まあ、反日野党議員辺りは「北へ戦後賠償すべきだ」とかいう、どこの国の政治家なのかと疑いたくなるような発言を連発します。
未だに左翼は日本が朝鮮を侵略したという嘘がバレていないとでも思っているのでしょうか?
しかも、戦後賠償が朝鮮半島に対して行われたものであり、別枠で北へ支払う必要など全くことももはやバレています。
もし、政権がこれを支払おうとすると国民から強烈なバッシングを受けることは確実。

今回、この野党議員の寝言を利用して記事にしたのでしょうけどねぇ・・・
不思議に思うのはこうした反日議員はどうして韓国の希望に沿った発言を繰り返すこと。
毎回これですから、韓国から散々献金してもらっているのでしょう。

これを感じるから左翼を蔑むのです。
左翼の目的はどう見ても韓国への日本の隷属。
最近これがバレちゃたのですが、左翼はこの現実を認めません。
だから、昔ながらの手法で左翼は政府批判をつづけるのでしょう。
もはや、通じないと薄々感じながら・・・

左翼、おまえらの正体はばれてんだよ!!!!!!!!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...