韓国人、フィリピンで又、撃たれる。      韓国人嫌われ過ぎwww  コピノ問題

コピノという言葉をご存知でしょうか。
これはフィリピン女性と韓国人の間にできた子供をさします。
どうしてこれが問題視されるのかといいますと。

ウィキペディアより引用

 

韓国男性がフィリピン女性を妊娠させ出産となっても、ほとんどの場合韓国へ帰国をしたり、認知や支援をしないため、コピノの大半は貧困で教育もろくに受けられず、汚物のたまった掘っ立て小屋で粉ミルクすらまともに摂取できない最底辺の生活を余儀なくされている。

フィリピンにはコピノのほかにも先進国の外国人との混血児がいるが、これらの国の社会福祉団体は混血児を体系的に支援し、母親への職業訓練も行っている。

要約すると、韓国人以外だと父親はそれを認め養育費を送ったり自国に連れて行ったりするケースが多い。
ところが韓国人の父親のほとんどは子どもの存在を知らないか、または否定をする

 

つまり、韓国人は知らん顔をするわけです。
無論、1930年以来堕胎が違法化され、しかも大部分が避妊と堕胎を許容しないカトリック信者である点もありますが、避妊を要求されなかったからといって、その子供を無視していい事にはなりません。
しかし、これを平気でやれる韓国人は根本に「自分は悪くない」という朝鮮民族特有の感情があることが原因なのでしょう。

また、フィリピンの観光客全体のうち韓国人の比率は23.6%と最も高い割合しかもその目的が不法買春であることは明確。
その上、韓国人の学生は米国や外国に比べて物価と教育費が安く、1対1の英語教育が可能で、英語研修地として利用。
挙句に、彼らはフィリピン女性に対し度を越えた不法・不道徳行為を行っている事実があります。

こうした、子供たちに対しフィリピン政府は援助をしているようですが、韓国政府は全くの無視
結果、フィリピン国民は韓国に対していい感情を持つ筈がなく、かなり強い憎悪の対象になっています。

これらの背景を考えれば、フィリピンの慰安婦像の撤去は当然、あの撤去の方法そのものも何となく怒りを含んでいるように思えます。

さて、このコピノは大きな問題なのですが韓国はどう理解しているかといえば

コピノの意味

 

フィリピンは位置的特性と政治、経済的な問題のために混血人口の数が多いところであり、自分のルーツを確実にするために「〜ピノ(〜混血)」という言葉が古くから使用された

フィリピンは、全体的に公権力が弱く治安が良くない上、 過去フィリピンを植民地支配していた米国の影響で銃所持が過度に開放的に許可されている
に警察に代表される公権力に頼るよりは、内部ネットワークに頼る傾向が強かった。 この内部的なネットワークは、メンバーの問題や団結力の問題などを解決するために似たもの同士の束がされ、自ら所属感を確かなものにする一種の分周器に利用された。 ある意味、遅延や学縁と同様のものである。

つまり、〜ピノという言葉はどちらかそれ親が外国人である場合に使用された言葉であり、多文化国家であるフィリピン構造はかなり長い間使用された言葉だ。

 

コピノのコの意味が記載されていません。

コピノの系譜

 

70〜80年代には、現地妻の問題で悪名を馳せた日本人との混血が社会的な問題として現れ、〜ピノという言葉は蔑称のイメージが強くなった。
その後、1980年代末の日本のバブル経済が崩壊し、相対的に日本人のフィリピンのへの進出が減って〜ピノという言葉は、再び混血児の根を表す意味で使用され始めた。

しかし、1990年代半ばには、言語研修キャリアが韓国就職社会の必須の定着の英語 語学研修を安価に行くことができるフィリピン韓国人が進出、〜ピノと同じ私生児問題を大々的に起こし再び蔑称として使われている。

 

日本人とフィリピン女性の間にできた子供はジャピーノです。
ここでも、コピノの「コ」の理由は明確に書かれていません。
あたかも日本が起こした問題の様に錯覚を起こさせ、徹底的にコピノの正しい意味をごまかそうとしていることがよみとれます。

コピノ原因として韓国側があげているのは、出産奨励の文化、低所得の売春、避妊具忌避と認識不足とかかれ、最後にまとめとして

妊娠中絶が違法であり、性的保守主義が蔓延状況でしっかりとした性教育どころか性の単純な言及さえ罪悪視されており、また、社会保障が粗末で貧困が蔓延し、現実のためにコピノが増加しているのだ。 つまり、徹底的に社会構造的矛盾が原因である。

つまり、フィリピンが悪いと・・・・・・
全くふざけた話です。
もちろん、フィリピン女性に全く非がないとはいいません。
ですが、避妊もせず行為に及んだなら、その結果がどうなるのかは誰でも分かります。
ましてや中絶が違法とされているのです、にも関わらず平気で行為に及ぶ韓国人は無責任としか言いようがありません。
もちろん、韓国政府も同罪です。
非は認めしっかりと責任を果たすべきでしょう。

責任を果たさないからこういった事件が頻発するのです。

フィリピンでまた韓国人対象射撃… 男性観光客1人が負傷

フィリピンで韓国人を対象にした銃撃事件が起きて、地元警察が捜査に乗り出した。

16日の週に、フィリピン韓国大使館によると、前日の午前1時30分頃(現地時間)、フィリピンの首都マニラ市デルピラーの距離のホテルの前で韓国人観光客A(48)が暴漢が撃った銃に左すねを撃たれた。幸いにもAさんの生命には支障がないことが分かった。

地元警察によると、当時、A氏が呼び出したタクシーに乗った瞬間バイクに乗ってきた暴漢2人が車のドアを開こうとしたしたため、Aさんはすぐに反対側のドアにから降りて逃げた。
そこへ近づてきたヘルメットをかぶった暴漢の銃撃を受けた。
容疑者は、すぐに逃げ、タクシーの運転手も消えたという。

警察は、金品を狙った強盗の仕業と見て容疑者を追跡している。

韓国大使館はすぐに現場に派遣して事件の経緯を把握し、現地の警察に徹底して迅速な捜査を要請した。

去る5月16日、フィリピンメトロマニラカローカン市の住宅街で韓国人のキム某(58)氏が暴漢が撃った銃に撃たれ死亡してからわずか2ヶ月で、このような事件が発生して同胞の不安が高まっている。

 

どうせ、おかしなことやってたんでしょ。
なに、被害者ずらしてるんでしょうね。
全く、同情する気にはなれません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...