フランス革命記念日パレードで旭日旗「許せないニダ」  韓国メディアの反応

もうね、いつもの病気が始まってます。
中央日報の記事です。

「旭日旗を翻して」パリ市内行進した日本の自衛隊

フランス革命記念日パレードに参加した日本の陸上自衛隊が14日(現地時間)、フランス・パリシャンゼリゼ通りから日の丸とともに、日本の軍国主義を象徴する「旭日旗」を一緒に持って行進した、論議が始まることが予想される。

フランス革命を記念する年次軍事パレードに日本の自衛隊が参加するのは今回が三回目で、今年はフランスと日本の国交正常化160周年を記念して、日本が招待された。
行進に参加した自衛隊員は制服を装備着、日本国旗と日章旗基持って、シンガポール軍と一緒に行進した。
去る11日開かれたリハーサルに参加した陸上自衛隊第32歩兵連隊の横山連隊長は「日本と自衛隊を代表して誇りを持って堂々と行進したい」と述べた。

フランスの刑法第645-1条には、「ナチスなど反人類行為犯罪を犯した集団を連想させる装飾などの着用や展示を禁じこれを破った場合の罰金に処する」という内容が含まれている。
ドイツナチスの象徴であるハーケンクロイツ文様の使用は厳しく禁止しているが、同じ意味を持つ、日本の旭日旗を国家行事に堂々と持って行進するのを可能にしたという点は日本植民地時代の被害国の事情を考慮していないと解説される余地がある。

一方、今年、ロシアワールドカップではもっと旭日旗ファッションが堂々と販売されている。
国際サッカー連盟(FIFA)のユニフォームと応援物品販売サイトでは旭日旗模様が描かれたTシャツなどを購入することができる。
また、高級ブランドディオールは、4月、中国上海で開かれた2018春・夏ファッションショーで旭日基連想させるドレスを披露した事でクレームがついた。
当時のディオールレディースシニアデザイナーは「旭日機ではなくレッドカラーで幸運を象徴をモチーフに作られたドレス」と釈明したが、韓国と中国のネチズンの非難を避ける事ができなかった。

ファッション業界の関係者は、欧州で旭日旗に対する認識が不足している理由について、「欧州ではハーケンクロイツ模様の使用を法的に禁止したが、旭日旗、日本はもちろん、被害国である中国と韓国でも制裁手段がない。そうしたら西欧では旭日旗は軍国主義の象徴であることを知らない人が多い」と述べた。

 

いつものことながら嘘ばかりでムカつきます。
旭日旗で騒ぐのは韓国だけ、それも騒ぎはじめたのはごく最近。
2011年1月、サッカー日韓戦で日本人を侮蔑するパフォーマンスを行って批判を受けた韓国代表・奇誠庸選手が「観客席にあった旭日旗への報復」が理由だと弁解したことが始まり。
しかも、これは嘘であることがばれ、正式に謝罪までしています。

ようは旭日旗は反日の材料になっているだけ。
問題を大きくした責任の全ては外務省のだらしなさ。
そして、日本の抵抗を阻止する左翼。

左翼なんて中国、韓国に対してはひたすら謝罪すべきというだけ。
しかも、左翼の力が強かった頃は外務省そのものも左翼。
ですから、明確な否定をすることなくここまで来てしまったのでしょう。

恐らく、今回も韓国は何か言ってくるでしょう。
が、大人の対応とかいう左翼理論で無視するのはやめてほしい。
きっぱりと「旭日旗は軍国主義の象徴ではない」と徹底抗戦をしていただきたいものです。

Pocket

「フランス革命記念日パレードで旭日旗「許せないニダ」  韓国メディアの反応」への2件の返信

    • それが理解できてれば韓国が騒ぐこともないんですけどね。

      当ブログでは韓国メディアの記事を元に作成しております。
      ttp://japanese.joins.com/article/214/243214.html

      韓国ではこれも旭日旗になるのです。
      ご理解していただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...