日本は少子高齢化で大変ニダ 日本「おまゆう」   韓国メディアの反応   

少子高齢化による労働力不足。
最近は外国人従業員のすがたをよく見かける様になりました。

政府もこうした外国人で労働力不足補う方針を打ち出しています。
でも、これってこれまで、年金対策にばかり集中し少子化対策をほったらかしてきた政府のツケ。
最近は少しだけ気にしているようですが、根本的にわかっていません。

庶民には子供を育てる金がないのです。
子どもを持つことが様々な面で有利になる方向に政策を進めることを期待します。

え?消費税を10%?
馬鹿ですか、延期ではなくこの方針は廃止にするべき。
10%にしたら日本は相当やばいことになりますよ。

中央日報の記事です。

東京20代10人に1人の外国人… 「これらなしに経済が正常にまわらない」

去る10日夕方、東京の代表的な観光地であるお台場。ある飲食店で客を迎える従業員5人すべてパキスタン、インドなどの出身の外国人だった。下手な日本語で注文を受けて食品を運ぶ外国人の姿が、東京では、もはや見慣れない風景ではない。マートやコンビニにも、中国、台湾、ベトナムなどの外国人従業員は、簡単に目に映る。
継続的な人口減少に「今、外国人がなければ、日本経済が正常に回転するのは難しい」という言葉が出てくるほどだ。

2日、日本のマスコミが報道した総務省の人口動態調査発表によると、今年1月1日時点で、日本の人口は1億2520万9603人で、連続9年減少した。前年度より37万4055人減少した数値で、1968年に日本政府が人口調査を実施した以来最大の減少幅である。

一方、外国人人口は249万7656人で、前年度より7.5%増加した。日本の5大都市に数えられる名古屋が丸ごと外国人であるわけだ。

特に若い世代の増加が顕著だった。20代の年齢層は、74万8000人で、日本の20代の人口の5.8%を占めた。東京では、20代の10人に1人が外国人であるほど割合が増加した。留学生や技能実習生に入国して就労するケースが増えたためである。

東京23区の中で、外国人の人口が最も多い新宿(新宿)旧(4万2428人)は、外国人の割合が12.4%にのぼった。5年の間に20代の日本人は7%減少したが、20代の外国人は48%も増えた。20台湾のを見ると、外国人の割合は40%を超えた。

外国人の割合が増え、外国人が日本経済、社会に占める役割も無視できない程度に大きくなっている。

ニッセイ基礎研究所鈴木智也(鈴木智也)は、日本経済新聞に「小売業など人手が大きく不足している業界は、外国人労働力に実質的に頼っている」と指摘した。日本最大コンビニチェーンであるセブン-イレブンは、全体の従業員の約7%(約3万5000人)が外国人である。

今回の調査で、全国で外国人増加率が最も高かった北海道夕張市は、最近リゾートなどの観光施設が増え、外国人の採用が急増した。
外国人の割合が22.7%にもなる北海道占冠村も星野リゾート、クラブメッドなど高級リゾート施設が入った2017年以降、外国人の採用を拡大した。

厚生労働省によると、日本で働く外国人は2017年10月の時点で約128万人にのぼる。
このうち中国人が全体の約30%と最も多く、ベトナム、ネパール出身国籍も最近は急速に増えている

日本の外国人労働者の流入者数は、経済協力開発機構(OECD)国家の中でも多い方に属する。
2016年の調査では、一時的労働者の流入者数は約20万人で、英国やカナダのより数が多かった。

今回の調査で、15歳以上64歳未満の生産活動人口が今年初めて全人口の60%以下に低下した。
人口が減少する幅を20代の外国人がそれさえも埋めてくれているわけだ。

日本政府は、外国人労働者の需給拡大に拍車をかけている。
菅義偉官房長官は11日の定例記者会見で、外国人労働者の流入を拡大するための法整備などを議論する関係閣僚会議を今月中に開催するという意味を明らかにした。菅長官は、「スケジュールのプロフェッショナリズム、機能を持った外国人人材を幅広く受け入れることができる構造を作る」と述べた。

他の先進国や韓国、台湾などの新興開発国に外国人労働力を奪われるかもしれないという懸念も敷かれている。
日経新聞は「今後も外国人労働者が日本を選ぶとは限らない。優秀な外国人人材が「選択する国」になるように処遇改善などの努力が必要だ」と指摘した。

 

日本の人口減に関する記事です。
確かに言ってることは間違ってはいないようですが、韓国はもっとひどい少子高齢化を迎えることは確実。
なんせ、特殊出生率が1を割り込んでいるのですから、その酷さは日本の心配をしているどころではありません。

この記事には、人口減による労働力不足が書かれています。
日本の場合、よく言われているように人手不足が深刻でこれによる倒産、廃業まで起こっています。
それを補うのが移民政策になるでしょう。

ところが韓国は深刻な就職難。
国内の人口分すら仕事がないのです。
すでに、韓国も少子高齢化を迎えている筈ですが、一向に景気の回復が見られず、失業率も高止まりしたまま。
数年後、韓国も人口減少社会に変わるはず。
そこで何が起こるのか?
考えただけでも恐ろしい気がします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...