小型潜水艦を使って救出、成功するか?      タイの洞窟行方不明事件の救出

洞窟に閉じ込められた少年達
4名ほどは救出されましたが、まだ洞窟内には9名ほど残されています。
今回、救出にスペースXが協力を申し出ていろいろアイデアをだしているようです。

中央日報の記事です。

タイの少年救出用小型潜水艦試験中

多国籍救助隊の険しい救助活動を通じて洞窟に半月の間に閉じ込められていた4人のタイのサッカー少年が無事救出された中で、米国テスラの最高経営責任者(CEO)であるナイロンマスクがスペースXロケットの部品で作られた子供サイズの潜水艦が、タイの洞窟に孤立された少年を救うことができると明らかにした。

マスクは9日、自分のSNSを介して、ロサンゼルスのプールで進行中の「少年サイズ潜水艦「試験稼動映像と一緒に「狭い通路で起動試験中」というメッセージを掲載した。

この小型潜水艦はロケットやミサイルのような流線型の金属材質の円筒に水中呼吸のための貯蔵所などを付着した装置で、ダイバーが水中で手に連れて行くことができる。

長さは2m程度の洞窟の中に残った9人のタイの少年たちとコーチも十分入ることができると思われる。

マスクは「子供たちと救助隊員の容器、回復力、忍耐に続く驚いている」とし「子供たちを救助する通路は狭い。液化酸素とファルコンロケットの移送管を本体に活用するこの潜水艦は潜水隊員2人がオフにすることができるほど軽く狭い通路も抜けられており、宇宙でも活用することができる」と紹介した。

タイの構造当局は8日、多国籍の洞窟の構造の専門家13人と自国救助隊員5人が洞窟に閉じ込められていた少年サッカーチームの選手やコーチ13人のうち4人を安全に救出した。

また、救助隊員が使用空気タンク充填などを終えた後、残りの9人を救助するための作業が10〜20時間以内に再開されると予告した。

二日目の構造に出る隊員は選択肢がない場合は、2人がした組の生存者を1人ずつ洞窟の外取り出す従来の方法を続けて繰り返す必要がある。

専門家は、このような構造方式が多様な選択肢の中で最も危険だと指摘してきたことがある。

水泳とダイビングに慣れていない少年が暗く視界も濁り浸水区間を抜けてくる過程で発生変数が生じる可能性があるからである。

気象当局は9日から13日までの構造現場であるタイ北部チェンライ注意降水確率を60%としている。豪雨が降った場合の洞窟の中に残っている9人を追加で構造することが難しくなることができる。

ナイロンマスクは6日、自分のアイデアを実現するエアポンプと指標透過レディなどの使用の可能性を模索するために、スペースXとボーリングカンパニーの従業員が、タイに送ったと述べている。

彼は7日、「タイで良いフィードバックを受けた」とし「ファルコンロケット本体の液体酸素チューブを利用した小型サイズの潜水艦を活用する」と述べた。また、「潜水艦は2人のダイバーが運ぶほど軽く、狭い洞窟隙間を十分に通過するように小さい」と付け加えた。この方法であれば、8時間程度で子供を救出することができるということが彼の説明だ。

 

さて、うまくいくといいのですが・・
結果に注目です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...