ロシアワールドカップ順々決勝 初日 ベルギー2-1で勝利 韓国メディアの反応

今日も雨、明日も雨。
すっきりとした夏空をなんて思っているのは私だけではないはず。
あのギラギラした日差しが待ち遠しいですよね。

そんな中、盛況なのがワールドカップ。
日本はベルギーに敗れ決勝トーナメント初戦敗退。
でも、これまでで一番期待を持たしてくれた敗退でした。
次、がんばろーーーーーーーーー

ってことで、普通に準決勝が始まっています。

一戦目はフランス対ウルグアイ

その圧倒的な攻撃力で今大会の優勝候補と目されるフランスと組織だった動きで相手の攻撃を封じる堅守のウルグアイ。
事前のオッズではフランス有利の予想。

始まってみると・・・
見方にもよるのかも知れませんが、フランスがかなり押し気味に試合を進めています。
共に一枚ずつイエローをもらい前半40分

ラファエル ヴァランがセットプレイからゴール
フランス先制

後半にはいって16分にアントワーヌ グリーズマンのミドル

これがキーパーの手をはじき二点目。

この後はフランスがうまく時間を使い2-0で終了。
なんといいますか、割に危なげのない試合運びだったように私は感じました。

さすが、優勝候補。
強いのかもしれない、次の相手は王国ブラジルか日本を破ったベルギーか。
全体を通しでのダイジェスト↓

 

次はブラジル対ベルギー

すいません。
まともに見てないんです。
時間が時間だけに、それにブラジルのダイジェスト。
見ているだけで「こりゃ強い!」とおもいましたもん。

まあ、今回ブラジルはかなり予選で苦労していた様ですがいざ始まってみると、予選で二勝一分け。
負けていませんし、前回もメキシコに2-0で圧勝。
全く危なげなく勝ち上がっています。

その相手はベルギー優勝候補ではありますが日本にギリギリで勝ち上がり。
私目線では、「どうあがいても・・・・・・・・」でした。
始まってみると

ベルギー13分に先制

決してスマートではありませんけどね。
フェルナンジーニョさん、ブラジルに帰れなくなる・・・・・
そして、前半31分デブライネがペナルティエリア手前からシュート

おろ?2-0じゃん。
え!えええ!!
ブラジル大したこと無いじゃん。
サイドが変わって後半
ブラジルが意地を見せ始めます。
後半11分に怪しいプレイ
ガブリエルジェズスが、コンパニのタックルを受けて倒れる。PK?

主審がVAR室で確認、判定は覆らずゴールキックへ
そして、後半31分レナトアウグストがヘディングシュート

これで2-1
ブラジルの猛攻開始。
40分にフェルナンジーニョ45分にファグネルがイエロー
どうなんでしょ?
焦ってイライラしてるような・・・
アディショナルタイムは5分

ガンガン、仕掛けるブラジル。
それを防ぐベルギー

試合終了。1-2でベルギーが勝利
あっれーーー?
もしかして、日本強かった??
これをみるとやっぱりベルギー押されてます。

それでも、日本は世界の一線級とそこそこやれるということなのかも知れませんね。

勝ったベルギーの次の相手はフランス。
こうなりゃ優勝してもらいましょう。
頑張れベルギー!!

全体のダイジェスト画像↓

韓国でも報じられました
中央日報の記事です。

ベルギー、ブラジル2-1撃破「準決勝進出」… フランスと激突

「優勝候補」ブラジルが沈没した。前半オウンゴールで最初の失点をしたブラジルは、結局、ベルギーに敗れ準決勝進出に失敗した。
ベルギーは先に4強に進出したフランスとの決勝チケットを争うことになった。

ベルギーは7日(韓国時間)午前、ロシアカザンアリーナで行われたブラジルとの「2018ロシアのワールドカップ」準々決勝で2-1で勝利した。

ブラジルは4-2-3-1のフォーメーションでネイマール、コウチーニョ、ウィリアンなど最強の攻撃陣を構築した。
これに対抗するベルギーはスリーバックで挑んだ。

試合開始は、ブラジルの激攻勢で始まった。得点機会も、ブラジルに先にだった。
前半8分CKからチアゴ・シウバがゴール前でシュートを放ったFKを迎えた。

しかし、先制ゴールの主人公はベルギーだった。前半14分CKからフェルナンド・ルイス・ローザのオウンゴールが出た。
カゼインミルクの警告累積で先発出場したフェルナンド・ルイス・ローザがミスを犯して先制点を奪われた。

追加ゴールも起きた。前半31分逆襲状況でルカクのパスを受けたケビンにブラウィナーがミドルシュートで、ブラジルゴールネットを再び破った。

以後、ブラジルがベルギーのゴールを激しく攻撃したが、クールマントヴァのセーブにたびたび挫折した。
むしろ、ベルギーの逆襲に危機を迎える場面もあった。

守勢に追い込まれたブラジルは後半、攻撃の手綱をさらに引いた。0-2でリードされたブラジルは後半半ばに挽回ゴールを決めた。

ブラジルは後半31分、フィリップコウチーニョのクロスを受けたアウグストがヘディングシュート、ベルギーのゴールネットを揺らした。
ティーボクルトとゴールキーパーも仕方ない正確なヘッダシューティングだった。

そして、後半終了直前に、ネイマールに完璧なゴールチャンスが訪れたが、最終的に生かせず4強進出に失敗した。
この日の勝利を収めたベルギーは先に、ウルグアイを2-0で押し、フランスと準決勝で対戦する。

この日の勝利で、ベルギーは32年ぶりに4強に上った。これは歴代で二回目の4強進出である。
先にベルギーは「1986メキシコ大会」で4強に進出したことがある。
当時の最終順位は4位だった。赤のユニフォームのために「赤い悪魔」というニックネームが生じた時だ。
ベルギー歴代最高成績はベスト4である。

 

どうみてもブラジルよりの偏向報道。
ま、べつにかまいませんけど、中立がメディアの基本だとおもいますよ。
もっとも、日本も同じですけどね。

それともう一つ、赤い悪魔はベルギーです。
韓国では決してないので、使わないでください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...