中国、殲15艦載機は欠陥だらけ  代替え機を開発・・・・   前にもあったよねこれ

え?というニュースが飛び出しました

時事通信の記事です。

中国空母艦載機に欠陥=墜落事故4回、代替機を開発-香港紙

(略)
2016年4月に発生した事故は操縦系統の故障が原因で29歳のパイロットが死亡した。また、これに近い時期に起きた事故で40代とみられるパイロットが重傷を負った。当初、中国の航空専門家は殲15の設計上の問題ではないという立場を取っていたが、連続して事故が起きたため欠陥があることを認めたという。
 殲15に代わる艦載機としては、ステルス戦闘機「殲31」が想定されている。殲31は殲15よりも小型で重量も軽いとされ、12年に初の試験飛行を行った。

 

実はこれかなり前に似たような記事を見た覚えがあるんです。
え?と思ったのはそこから来たものです。

今回話題の殲15艦上戦闘機。
艦上戦闘機といえばもちろん、空母に乗せる飛行機です。
最近、中国は二隻目の空母を就航させた(?)ようですが、両方の空母の特徴はスキージャンプ式。
離陸距離を稼ぐために空母の先端をスキーのジャンプ台のように高くつくる、あれですね。

でも、米軍の空母にはこういったものはありません。
米軍では代わりに蒸気カタパルトを使い、機体を加速させます。
加速させることで機体に浮力を生み出し離陸できるのです。
もちろん、艦載機に十分なパワーがあることが前提ですけどね

殲15

今回、話題の殲15
一言で言えばロシアSu-33の劣化コピー
その性能は本家ロシアから「中国の模造品であるJ-15はロシア製のSu-33艦上戦闘機と同等の性能を達成することができないだろう」と断言されています。
中国は今もさほど変わっていない気がしますが、当時は戦闘機用エンジンがまったく作れません。
かといってアメリカに支援などできるはずもなく、結局、戦闘機はロシアにほぼ依存する形になっています。

ところがロシアにとって困るのが中国のコピー。
なんでもかんでも勝手にコピーをします。
Su-33も同様で、当初の二機を納入した後、ふたたび中国から大量発注がでます。
ロシアは中国のコピーをおそれそれを拒否。
バレた中国はウクライナからSu-33の試作型、T-10K-3を入手。
そして、出来上がったのがこの殲15です。

中国はこの殲15はSu-33より性能は上と言い続けていますが、量産といいながら作られたのはたったの16機
技術的問題が多く、まともに生産が出来ないという記事が前回、2016年にあった事故でも言われました。
そして、ロシアに技術援助をなんてこともいっていたようですが、当然無視されたのでしょう。
問題点は何一つ解決していないというのが私の考えです。
ここまで、問題が多いのですから、新型をと考えるのは普通ですが、大きな問題がのこっています。

未だに中国はまともなエンジンが作れない。

殲31

そこで殲15のかわりに殲31と言い出しているようです。
面白いですよね「殲31は殲15よりも小型で重量も軽い」
馬鹿ですか、ミリオタでもない私ですがこれは相当無理があることがわかります。

米軍ですら、海軍用のF35Cステルス機が運用されていない筈です。
ステルス機は通常、ステルス性能を維持するために、ミサイルや爆弾類は胴体内兵器倉の中に隠し持つようにして搭載する必要があります。
つまり、武器は機体で覆いをつける必要があるのですから、重量は重くなります。
そこで必要なのがエンジンのパワー。
おそらく、これは武装0の状態、以前のテスト機のことでしょう。
まともなエンジンが作れない中国にステルス艦上戦闘機など不可能といっていいでしょう。

まとめ

正直、この記事がなぜいまさら?という印象しか残りません。
何故なら殲15は欠陥だらけでまともではないという事は相当前から繰り返されていたこと。
しかも、量産できないことも2016年時点で分かっていたことです。

にもかかわらず、繰り返されるこの艦上戦闘機の記事は中国がいくらやっても出来ないという事実の裏返しなのかもしれません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...