日本、ベルギーに敗北   韓国メディアの反応  サッカーワールドカップ

日本負けちゃいましたね。
2点先制してもしかしてなんて期待もしましたが、やはり世界の壁は厚かったといったところでしょうか。
さて、いつもの様に韓国メディアの記事を見ていくと

朝鮮日報の記事です。

[ワールドカップ]ハン・ジュンヒ、ベルギーvs日本戦「偏向解説」論議

ハン・ジュンヒKBSサッカー解説委員がベルギーと日本戦で偏向解説論議に包まれた。
ハン・ジュンヒ委員は3日、2018、ロシアワールドカップベルギーの大日本ベスト16 KBS解説を務めた。
この日ハン・ジュンヒ解説委員は、序盤、ベルギーが日本に押される形を見せる「簡単に行く必要があり!フェライーニを配置する必要があります」と応援した。
以後ハン・ジュンヒ解説委員は、ナセル・シャドリが同点ゴールをいれると “ありがとうございます”」と述べた。
続いて「シャドリのゴール、当然感謝している」とし「電光石火のような最後の逆襲、これがサッカーだ」と語った。
試合が終わった後、ネチズンたちは過度に偏っ解説と批判を提起した。

 

何ってるんでしょ。
韓国の偏向解説はいまに始まったことじゃないでしょ。
いまさら、騒いだところで何の意味が?
ちなみにこの記事には若干のコメントがあり、それを見たところ「韓国の放送だ、問題ない」という意見と「偏った放送は恥だ」という意見が真っ二つ。
どちらかに偏ったという感じはありませんでした。

もう一つは中央日報の記事です。

試合に負けたが きれいに掃除して離れた日本代表チームとファン

2018ロシアのワールドカップに出たアジア5カ国の中で唯一16強に進出した日本がベルギーとの準々決勝で逆転負けを喫した。試合後、日本サッカーファンたちは競技場をきれいにし、代表もロッカールームをきれいにして帰った。

日本は3日(韓国時間)、ロシアロストフアリーナで行われたワールドカップ16強で、ベルギーに2-0で先行したものの後半終盤3ゴールを許して2-3で逆転負けした。

試合後、日本のファンたちは大きな袋を持って競技場をきれいにした。
英国「ザ・サン」は「日本サッカーファンたちが涙を流しながらも競技場をきれいにした」とし「日本のファンは競技場をきれいにしながら敗者がないことを示した。彼らは最高のゲストとしての地位を固めた」と賞賛した。

国際サッカー連盟(FIFA)の競技場の責任者であるプリシラヤンスンもこの日のTwitterに「これが94分の試合で、ベルギーに敗れた後、日本代表チームのロッカールーム」と「彼らは競技場のファンに感謝の挨拶を伝え、ベンチはもちろん、ロッカールームまで、すべてきれいになった」と述べた。

続いて、彼らはロシア語で「ありがとうございます」というメモを残した。
「すべてのチームの手本だ。このような方々と一緒に仕事ができて光栄だった」と付け加えた。

1990年から1998年までの3回ワールドカップに出場して17試合11ゴールを決めたドイツのサッカー英雄ユルゲン・クリースのみまた、「これが日本のロッカールームを出るマナー」と賛辞を送った。

 

こちらは試合後のお掃除に関する記事です。
一応、賛辞を送っているように見えますが、よくみてみると違います。
全ての賛辞は海外メディアの引用。
韓国はどうだったんですかねぇ。

確か、前に一度真似をして掃除をしたことがありますが、今回は話題になっていなかったところからみていつもの韓国。
思ったほど注目されなかった、或は真似だといわれたのでやめちゃったんでしょうね。

日本には「立つ鳥跡を濁さず」の諺があり、使ったあとは元の状態に戻して返すことが常識なんです。
ですから、自然と終了後の掃除は始めちゃいます。
韓国のように、「日本が掃除で目立ったるニダ、こっちもやって目立つニダ」なんて浅ましい考えはありませんから。

さて、今夜は韓国をボコボコにしたスウェーデンとスイスの試合があります。
下馬評ではスウェーデン優勢ですがなにが起こるかわかりません。

韓国をボコった試合のダイジェスト↓

もう一つは日本に不覚を取ったコロンビアとなにかとうるさいイングランド
実力伯仲でかなり見どころのある試合になりそう。
こちらはイングランドの方がやや優勢との見方のようです。

日本が勝ったダイジェスト↓

怪しいと言われたイングランド対ベルギーダイジェスト

頑張れ、コロンビア

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...