日本、ポーランドに敗れる ロシアワールドカップ 韓国メディアの反応(ダイジェストあり)

いやあ、いやな予感が的中。
やっぱりランキング8位は伊達じゃない。
ポーランドは強いっす。

今回、日本は大きくメンバーを入れ替えましたがどうしてなんでしょうね?
私、個人としては香川辺りは欧州相手には向いているので出した方がいいのになあなんて思ってました。
ってことで取りあえずダイジェスト画像

 

うーーん、スッキリしない。

つづいて、中央日報の記事です

フェアプレーの評価に16強…しかし、

16強に上がったが、観客の多くブーイングを受けた。8年ぶりにワールドカップ16強に上がった日本サッカーの話だ。

日本は29日、ロシアのサマラアリーナで開かれた2018ロシアのワールドカップのH組別リーグ3次戦で、ポーランドに0-1で敗れた。
しかし、1勝1分け1敗(勝ち点4)を記録した日本は、同じ時間、コロンビアに0-1で敗れたセネガルと勝ち点、得失点差、得点などで同じだったが、フェアプレーの成績 2位となり16強に進出した。
2010年南アフリカ大会以来8年ぶりのワールドカップ16強進出だ。
日本は今回のワールドカップに出たアジア5カ国の中で唯一に16強に上がった。

ファール数の差でかろうじてH組 2位に上がったが、この日のポーランド戦を見ると、総崩れに近い試合を繰り広げた。
4-2-3-1戦術に出た日本は前半半ばまでは武藤義徳、酒井高徳の連続シュートで攻撃意志を見せた。
Hのトップシードのポーランドは前半32分にカミルそのロシツキーのヘディングシュートが最初の機会だっただけに、今回の大会で鈍くなっ攻撃力が日本との組別リーグ最終戦でも続いた。それでも後半14分ヤンベッドとネックのゴールで均衡を破った。

しかし、コロンビアがセネガルに先制したという状況がされたあと、日本は最大限守備的に降りて試合を行った。
ボールを回しのみを汲々し、攻撃意志も現さなかった。ポーランドも勝ち点3のみで満足するようにもう脅威的な攻撃をやめた。
このような雰囲気が、10分余りの間継続続くと競技場を訪れた観客はブーイングを送った

日本がセネガル先んじることができたのはファール数の差であった。
国際サッカー連盟(FIFA)は勝ち点が同じチームが出てくる場合は、得失点差、得点を比較し、それでも差がない場合は、フェアプレーポイントで最終的な順位を決める。フェアプレーポイントと警告や退場を受信すると、減点される点数だ。日本はグループリーグの3試合で警告4を受けたのに対し、セネガルはこれ2枚より多くの警告6を受けた。ここで、日本とセネガルの悲喜がここで分かれた。

日本とポーランドは勝敗が分かれ、16強進出に上がるチームが出てきた試合だった。
しかし、スコアで勝ち上がったチームとは距離が遠い姿を見せた日本のグループリーグ最終戦だった。
日本は3日午前3時、G組1位チームと16強戦を行う。

 

何なんでしょう。
少なくとも韓国より成績は上ですし、昨日のドイツ戦だって単純に絶対勝ちがほしいドイツが点を取れず、どんどん守備の人数を減らし攻撃にしていたから、あの結果になっただけ。
同点でもいいとドイツが考えていたのであれば、あのカウンターのみを狙った作戦は失敗してたはずです。

確かにすっきりとした勝ち上がりではありませんでしたけどね。
流石、韓国メディア。
悪評しか書いてませんね。

セネガル×コロンビアも

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...