ドイツ負けちゃった 韓国vsドイツ ワールドカップ 韓国メディアの反応(動画あり)

うーーん。
ドイツ負けちゃいましたね。

後半、点がほしいばっかのドイツ。
ちょくちょくボールを奪われ、カウンターでひやりとさせられ続けてましたからねー。
一点目はオフサイドの判定にいったんはなりましたが、ビデオ判定で覆り失点。

確かにオフサイドじゃないですね。

追い付こうと今度はゴールキーパーまでフィールドへ。
ボールを奪われ前方にフィード。
最後はソンフンミンが無人のゴールへ

まあ、素直に韓国の健闘を称えましょう。
中央日報の記事です。

韓国サッカー代表チームのキム・ヨングォン(28・広州ホンダ)が戦車軍団のエンジンを壊した。

ドイツ攻勢を肉弾防御で防いだ。そして先制ゴールまで引っ張った。

韓国は28日(韓国時間)カザンアリーナで開かれた2018ロシアのワールドカップ組別リーグ3次戦で世界1位、ドイツを2-0で破る大波乱を演出した。
キム・ヨングォンは相手のシュートに躊躇せず、体を投げた。そして、自らロスタイム左足シュートで先制ゴールを記録した。

ドイツは前回大会の優勝チームであり、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング1位チームである。
韓国は57位に過ぎない。2連敗の韓国は、ドイツに勝たとしても16強行の可能性は1%に過ぎなかった。

韓国はソン・フンミン(トッテナム)のゴールまできまって2-0で勝った。
しかし、スウェーデンがメキシコを破ったため、韓国は惜しくもベスト16進出に失敗した。
韓国は4-4-2のフォーメーションで出た。
DFとMFが4人ずつ並んで一列に立つ「二行守備」を繰り広げた。
特にキム・ヨングォンはセンターバックとしてデュオユン・ヨンソン(城南)と一緒に体を投げた。

キム・ヨングォンは前半39分には、ティモシーヴェルナー(ザルツブルク)のシュートを身を投げて阻止し、前半45分ヴェルナーのシュートを改めて防いだ。
そして、世界1位、ドイツを相手に前半を0-0で終えた。

後半8分には右から上がってきたクロスを再び身を呈して防いだ。
後半、ロスタイムのゴール前混戦状況でキム・ヨングォンがゴールキーパー1対1のチャンスを迎えた。
キム・ヨングォンの左足シュートはゴールネットを揺らした。最初はオフサイドの判定が出た。
しかし、VAR(ビデオ判読)結果、オフサイドではないという判定が出た。

先にキム・ヨングォンは、スウェーデンとのグループリーグ第1戦でもかかわらず、チームは0-1でたが、彼の肉弾防御が光った。

キム・ヨングォンは昨年8月にイランでの試合終了後、失言をした。
ファンの激しい叱責を受けた。
そして代表チームともしばらく遠ざかった。
しかし、キム・ヨングォンは大変な時期を克服し、代表チームに戻ってきた。

キム・ヨングォンは一時期、簡単に開かれる自動ドアと皮肉を聞いた。今回のワールドカップでは相手のFWも泣く「嘆きの壁」だった。
キム・ヨングォンは、今回のワールドカップでの生活をかけた。
そして、自らドイツ戦で「人生ゲーム」を繰り広げた。

 

試合を見ていて思ったんですが、日韓戦もこのパターンでよくやられたなぁって。

相手にボールを持たせて、ボールを奪ったら前方へ
これをしつこく繰り返す、相手が焦れば焦る程前がかりになるので有効。
それがぴったりハマったのがこの結果と言っていいでしょうね。

ここは素直にもう一度

韓国、おめでとう。

明日は日本の出番。
引き分け以上で決定のようですが・・・
頑張れニッポンということで、おやすみなさい。





応援お願いします。

にほんブログ村 ニュースブログへ
ブログランキングならblogram
こっちも応援お願いします。

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...