韓国の仏像で新たな展開? 裁判所「コピーを作って本物は返せばいい」

韓国の仏像盗難事件。
皆さんもこれご存知ですよね。
韓国人が日本から仏像を盗み出し、「これはもともと韓国にあったものニダ」といって返さない観世音菩薩坐像です。

この仏像について新しい展開が出たようです。

中央日報の記事です。

日本に本物を返し浮石寺円にクローンをと裁判所が提案

過去2012年の国内窃盗団が日本で盗み密輸した仏像について裁判所が仏像は日本に返す代わりに西山浮石寺はクローンを製作する方法を提案した。

15日、大田高裁第1民事部の審理で開かれた観世音菩薩坐像、インド請求訴訟の控訴審裁判で裁判所は「付与に金銅大香炉が、扶余博物館にあるのは模造品」とし「金銅大香炉のように浮石寺は、新たに仏像を作り、仏像は日本に送って仏教文化の優秀性を知らせることがいいのではないか」と提案した。

続いて「千年万年経つと、新しい仏像にも意味があり、韓国と日本の双子仏像が生じるだろう」とし「技術も発達している、考えてみてほしい」と話した。

2012年長崎県対馬(対馬)の寺院観音寺からの高さ50.5cm、重さ38.6kgである高麗時代の金銅観音菩薩坐像を盗み出しこれを密輸した。
その後、この仏像の内側にあった書物からこの像は1330年ごろ西山浮石寺の僧侶と素人が仏像を奉安したという記録が出てきたと伝えられた。

浮石寺側は「14世紀に倭寇が西海岸によく出没したので、略奪に遭った可能性が高い」と、元の仏像を製作した浮石寺側が所有しなければならないと主張している。一方、日本観音寺側が仏像は略奪品でないと、「早期に返還せよ」と要求し双方が対立している状況である。

裁判が終わった後、ウォンウ僧侶は「私たちの文化財が日本に行って国威を宣揚して優位性を知らせるために、日本に渡し日帝の植民地支配を正当化する論理と似ている」とし「それだと、外国に文化財を返してもらう根拠がない。そこで国威の為に返せというのはなぜか」と反発した。

続いて「司法は国民の法感情や価値観を盛る判決をしなければならない」とし「時代精神に反し、国民の法感情に反する場合、司法が信頼することができない」と付け加えた。

 

色々言いたくなる記事です。
略奪に合った可能性が高い?
この像は李氏朝鮮時代に仏教弾圧から守るために対馬に持ち込まれたとそして1988年から「厳原港まつり対馬アリラン祭」などを開き日本で大切の保管してきたもの。
略奪なんてとんでもない、それに証拠なんて皆無でしょうし、もし、韓国にあったままならこの像存在できましたかねぇ~
それに国際法上はどうなってます?
まあ、従軍売春婦像のことを考えれば、国際法なんて韓国じゃ無視なんでしょうね。

>司法は国民の法感情や価値観を盛る判決をしなければならない
なんて、とんでもない非常識な発言をするくらいですから。




↑仏像返せと思う人は上のにゃんこをクリック
にほんブログ村 ニュースブログへ←これもお願いします。

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...