全ての問題が解決するまで支援はしない  北朝鮮、今後のシナリオ  





何故か、日本が北へ戦後賠償は支払う必要があると言い続ける韓国。
その韓国の願望に対して、日本の構想が報道されました。
中央日報の記事です。

日本「北に現金与えることはない」3段階サポート構想

「北朝鮮に現金を直接与えることはないだろう。経済協力プロジェクトの種類を取ってサポートすることになるだろう」

最近、日本政府関係者が記者に言った言葉だ。

日朝交渉と関連し、北朝鮮は植民地時代と過去の清算に伴う経済支援、すなわち現金支援を期待しているようだが、日本の構想は違うようだ。

日本経済新聞は14日、日本政府の「3段階対北支援」構想を紹介した。

ステップ1は、IAEA(国際原子力機関)の核査察初期費用サポートである。北朝鮮の非核化の最初のステップとすることができるIAEA査察時に投入される人員と資機材の調達に必要な費用を日本政府が負担するという計画である。

菅義偉(菅義偉)官房長官は13日の定例記者会見で、「IAEAが北朝鮮の検証活動を再開すれば、初期費用を支援する用意がある」と述べた。
過去にも2007年IAEAが寧辺の核施設を査察したとき、日本政府は50万ドル(当時約5700万円)に相当する費用を支出している。

2段階は、国際機関を通じた人道支援である。これは米などの食料品や医薬品の提供を意味するもので、直接的な現金支援は含まれていない。
2014年拉致被害者の再調査を約束した「ストックホルム合意」には、「適切な時期に、北朝鮮に対する人道的支援を実施することを検討する」という内容が含まれている。

菅官房長官は、「継続して北朝鮮に「ストックホルム合意」の履行を要求する」と明らかにしているが、北朝鮮は2016年の「ストックホルム合意」破棄を宣言し、拉致被害者の調査も中断した状態だ。
日本側は、拉致被害者の帰国など目に見える成果がなければ人道支援は行わないという立場だ。

3つのステップは、インフラ整備などの経済協力である。
2002年朝日平壌宣言では、国交正常化後、無償資金協力、国際協力銀行を通じた融資等の実施に言及した。
しかし、今度は有償・無償借款などの現金支援方式以外の経済協力を通じた投資の形で進行する可能性が高い。

安倍首相も、実際の11日日経新聞社主催「アジアの未来」国際会議に参加し、北朝鮮への投資形態の経済協力構想を表わしている。
安倍首相は「北朝鮮には手付かずの資源がある。勤勉で豊富な労働力がある。北朝鮮が平和と法の支配、安定のための道に乗り出す効果はアジアを越えて世界経済全体に与えるに違いない」と北朝鮮の非核化と経済協力を連結させて述べている。





分かりやすい記事です。

監査費用は日本が負担

核兵器監査の費用は日本が負担するとすでに発表されており、この後、行われるであろう監査の費用は日本が負担するという事です。
私個人から言わせれば「これは韓国と折半すべきでは?」と思っています。

北朝鮮から核がなくなると一番メリットがあるのが韓国。
その、韓国が知らん顔している現状は正に異常。
タカリ文化をもつ韓国人ならではの感性なのでしょう。
まあ、これは日本にもメリットがあるので仕方がないところでしょう。

2と3は条件付き

昨日も申し上げましたが、朝鮮半島の戦後賠償は韓国に支払った時点で終わっているのです。
そもそも、北朝鮮は朝鮮の内乱で戦後、勝手に国を名乗っているだけ。
当然ですが北朝鮮は日本からみれば、韓国の一部地域。
勝手に分裂した国に戦後賠償などありえません。
必要とするのであれば、分配金として韓国が支払うのが筋。
ここで、日本政府が別途支払うとなると、それこそ国民は納得しないでしょう。
一部の人間を除けば。

左翼の予想通り発言

先日、河野洋平はこういった発言をしました。
拉致問題「帰せ、帰せと言っても解決しない。国交正常化して帰してもらう」

これこそ左翼といっていい発言。
先に制裁を解除をすれば北がそれに対して、拉致問題に取り組みむとでも?
馬鹿を言ってはいけません。
日本は過去これで散々お金をだまし取られてきました。

こういった時、必ず言い出すのが左翼の連中。
でも、もう騙されません。
アジアの平和、共存???
耳障りはいいですが、左翼の考え方は単なる隷属です。
日本をすてて、特亜のみがいい思いをする。

でも、もう通用しませんよ。
これは昨今のモリカケに対する世論や新潟知事選で分かるように左翼に指示はもうないのです。

韓国が一番金を出さなければいけない。

当たり前のことですが、これで一番利益があるのが韓国。
韓国はいかにも分断の責任を日本にかぶせようとします。
南北が分断したのは日本のせい、だから北朝鮮復興は日本がやれ!

馬鹿をいってはいけません。
朝鮮戦争は二次大戦後、勝手に朝鮮半島で起こったもの。
どこに日本が関係あるのでしょう?
当時の日本はそれどころではなかったはずですからね。

私が考えるには韓国には金がないということではないでしょうか?
以前も南北統一をG20でしたっけ?朴槿恵前大統領が演説し各国に遠回しに支援をもとめたりしていました。
そして、今回も監査費用を日本がもつといった時点で韓国は何らかの動きがあって当然ですがそれもありません。

事実上、当事者である韓国が他国に払ってもらう構図って普通なら「メンツが立たない」と感じるはずですから。

まとめ

こういった事を私が書いたところでどうにかなるものではありませんが、現政権を支えてる一番のポイントは「左翼、特亜に屈しない姿勢」これにつきます。
もし、今回中途半端なところで支援をするようなら求心力は一気に低下するでしょう。
おそらく、この辺りは安倍首相自身が一番分かっているはず。

核兵器はもちろん、ミサイルそして拉致問題の解決が見られない限り、制裁の緩和はもちろん、びた一文ださない。
この線で突っ張ってほしいと私は思います。
そして、これがもっとも早期解決への道のりだと私は思っています。

最後に何故か左メディアはトランプ大統領が大幅に譲歩したように騒いでいますが、私はそうは思っていません。
今回の米朝会談での最大の焦点は制裁の緩和です。
完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄(CVID)が明記されていなかった?
文章にどのような内容が書かれていても、無視してしまえばおしまい。
それを繰り返してきたのが他ならぬ北朝鮮なのですから、こんな文言あっても無くても関係ありません。




↑突っ張れと思う人は上のにゃんこをクリック
にほんブログ村 ニュースブログへ←これもお願いします。

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...