新幹線で殺傷事件 「新幹線は危険ニダ」韓国メディアの反応





新幹線での凶行。
これにより一人が死亡二人がけがを負いました。
この事件韓国メディアでも早速報道していました。
中央日報の記事です。

日本、新幹線凶器暴動… 20代の容疑者 “誰でも良かった”

日本の新幹線で週末の夜に凶器暴動事件が発生して1人が死亡し、2人が負傷した。

10日読売新聞などによると、9日午後9時50分頃、神奈川県新横浜駅小田原駅間を走行していた東海道新幹線「のぞみ265号」12号車である男性乗客が突然、他の乗客に凶器を振り回した
これにより、男女の乗客3人が病院に運ばれたが、首などに傷を負った30代の男性1人が死亡した。他に20代の女性2人の治療を受けている。

新幹線は小田原駅で臨時停車し通報を受けて出動した警察により車内で小島一郎(22)を殺人未遂の疑いで逮捕した。
犯人は「イライラしてやった」とし「相手は誰でもよかった」と供述したことが分かった。
警察は、容疑者が複数の凶器を所持したという点で、計画的犯行である可能性があると見て詳しい経緯を調べている。

一方、今回の事件と関連して客室案内放送が遅れ危機管理が不十分だったという乗客の声もあったとNHKは伝えた
この新幹線には(東京発新大阪行)当時の合計880人が搭乗していた。事件発生時、非常ボタンが押され緊急停車した後、小田原駅に移動した。
この影響で3時間程度の遅れが発生した。

過去にも新幹線では2015年に放火事件があり、このときにも死傷者が発生したこと読売は伝えた。





この事件、犯人は精神科に一時入院していたという報道もあり、精神的に病んだ末での犯行のようです。
でも、記事をよむと「新幹線は危険ニダ」というメッセージ感じませんか?
昔の事件をほじくり返したり、危機管理がとか書いてみたりと日本のメディアに書かれていたネガティブな部分ばかりを強調しています。
その割に犯行に至るまでの経緯が希薄、ほとんど書かれていません。
結局、新幹線の安全神話を破壊したいそんな記事にみえます。

刃物を振り回すし殺傷、そういえば、昨日韓国で似たような事件がありましたよね。
こっちはコンビニで突然刃物を振り回したようです。
幸いにも死者は出ませんでしたが、犯人自身が自分で体を刺して自殺しています。
このひとも20代。
うーん、似たような話です、もしかするとこの犯人韓国での事件の影響を受けたのかも知れません。

一応、2015年に起こった新幹線での事件も調べました。

東海道新幹線火災事件

2015年6月30日午前11時半頃、新横浜 – 小田原間を走行していた、東京発新大阪行き「のぞみ225号」(N700系X59編成)の先頭の1号車で、東京都杉並区西荻北在住の71歳の男が、ガソリンをかぶりライターで火を着け炎上し、火災が発生した。列車は、小田原市上町で緊急停車し、火は乗務員(運転士)が車内に備え付けられていた消火器で消し止めた。
男は1号車の客室内最前部辺りで火を着け、同客室の前方の運転室との間のデッキで倒れ死亡。
(ウィキペディアより抜粋)

この時も一人の女性が亡くなっています。
場所は同じく新横浜 – 小田原間。
こちらも何故か共通部分がありますね。
なんでもこの人焼身自殺を図ったそうですので心を同じように病んでます。

不思議と共通点があるものですね。
何か得体のしれない意思が働いているのかもしれませんね。





↑怖いなぁと思う人は上のにゃんこをクリック
にほんブログ村 ニュースブログへ←これもお願いします。

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...