土地価格下落  韓国土地バブル崩壊寸前?




これまでずっと値上がりを続けてきた韓国の地価。
バブルといわれ続け数年前あたりから崩壊の危険性が指摘されてきました。

中央日報の記事です。

「16億アパート、14億に出しても売れない不動産も下落期」

「二ヶ月前より2億ウォン下げた急売物も買うと​​いう人がありません。物件はたまり、買い手がいなくなっている。
これは、ソウル江南区大峙洞のA公認仲介所代表の話だ。

この店は、主に仲介する銀馬マンション76㎡型は今年初め、16億ウォン前後で取引されたが、最近は14億ウォン台で売りに出している。
しかし、それでも買い手を見つけるのは難しい。
江南だけではない。
ソウルの不動産広場によると、先月ソウルのマンション取引量は5540件で、前年同月(1万194件)に比べ半分の水準に減少した。
譲渡所得税重課、融資規制などの政府の政策が市場に影響を与え取引住宅価格が下がり続けている。
不動産市場が下落期に入ったという分析が大勢を占めている。

住宅産業研究院によると、6月の全国住宅事業景況指数(HBSI)の予測値は、64で、前月より8.1ポイント下落した。
前年同月と比較すると57.8ポイントも下落した。HBSIは住宅事業試合を判断する数値で、100以上であれば、不動産市場への期待が高い意味で、100以下ならその反対だ。住宅価格も下落に転じた。

韓国鑑定院によると、5月の全国住宅価格は前月より0.03%下落した。
月間ベースで住宅価格が前月より下げたのは、2013年8月以来初めてだ。年初頃は上昇していた江南4区(江南・瑞草・松坡・江東区)の住宅価格も最近8週連続で下落した。
展望も明るくない。
韓国鑑定院住宅統計部長は、「税金・融資規制が相変わらず、供給物量の増加と不動産費用の下落、金利引き上げなどが複合的に作用し、当分の間、不動産市場安定が持続するだろう」と予想した。ギムドクリェ住宅産業研究院の住宅研究室長は「政府の規制強化対策が相次いで出てきたうえ、一部の地方の産業が崩壊し、市場の不確実性が大きくなった」とし「住宅消費心理が萎縮し、不動産市場の状況が悪化している」と述べた。





かって日本にも発生したバブル
土地は買っておけば上がる、上がり続けるといわれた土地神話のあった時代。
この時、一部の資産家は土地を買いあさってそれを売るを繰り返し利益を得ていました。
サブプライムも同じ理屈ですね。
でも、これどうして起っちゃうんでしょうね?
自分は大丈夫のような錯覚を起こし、儲かった、よし、もう一回やってもっと儲けようという心理で繰り返しちゃうんですかね。
一種の催眠状態なのかも知れません。
でも、価格上昇がとまると一気にバブルが弾けたんですよね。
借りたお金が返せなくなって・・・金利も上がってましたよね。

今、韓国は上昇し続けているのが失業率。
仕事に就けないひとがうようよ。
なのに何故か土地価格は上昇。
投機の匂いがしますね。
しかも、アメリカの利上げに対抗して韓国も利上げをしています。

今回、この下落を下落期なんて書き方をしていますけど・・・
この状態、似てますよね、バブルが弾ける前の日本と

考えすぎならいいのですが・・・





↑生暖かい目で見守ろうと思う人は上のにゃんこをクリック
にほんブログ村 ニュースブログへ←これもお願いします。

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...