小野寺さん「北は信用できない」韓国「指導者が変わったから大丈夫ニダ」北朝鮮核問題





シンガポールへいった小野寺防衛防衛大臣、演説でいつものように北朝鮮の制裁解除は完全で検証可能で不可逆的な廃棄が完了するまでといつもの様に世界に訴えました。
すると何故か韓国が反論を始めました。

中央日報の記事です。

ソンヨウンム長官、国際会議で「日防衛相演説」に公然と批判

ソンヨウンム国防部長官が日本防衛相の「対北朝鮮批判」の基調講演に厳しい忠告を与えた。
宋長官は2日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議の基調講演の後の質疑応答の過程で、日本小野寺五典防衛相の基調講演を内容を取り上げ、批判した。

宋長官は「北朝鮮にずっとだまされたからといって、これからも将来も継続だますものと考えていたのでは、今後、どう北朝鮮と交渉し、平和を生み出すのか」とし「小野寺防衛相は基調講演で北朝鮮が過去に行った約束を述べたが、それは過去のことであり、指導者が変わった」と指摘した。

前小野寺防衛相は基調演説で「過去25年の歴史を見ると、北朝鮮は最初は肯定的な態度を見せるが、突然、国際社会のすべての平和の努力を無視して核開発をおこなっている」と北朝鮮の平和協定破棄事例を言及した。

防衛相は「北朝鮮は、1994年に北米基本合意書に合意したにもかかわらず、引き続き密かに核兵器を開発してきて、2005年6者協議の共同合意書を出したにも拘わらず、平然と最初の核兵器実験をした」とし「会話だけで、北朝鮮に補償を提供していてはならない」と批判した。

これに対して宋長官は「未来に向けた道では、約束を保証する観点から、今通大きな決断をして出てくる北朝鮮を理解下さるように願う」と「北朝鮮の住民たちやキム・ジョンウン委員長も現体制を維持し、改革開放し、住民の生活を向上させ、国際社会の一員となろうとしている。私たちは、サポートの焦点を当てる時期なのに、疑問を持ち始めていたのでは今後うまくいくことは難しいだろう」と強調した。




韓国メディアの記事ってなぜか日本に対してはいつも上から目線。
厳しい忠告ってなんなんでしょう?
ちょっとイラっとします。
これは置いといて、小野寺さんなにかおかしな事いってますか?

これまでもそうですが、完全な破棄を確認するまでは制裁の解除はしないって言い続けてるじゃありませんか?
これはトランプ大統領、そしてムン大統領も言っていたではありませんか?
何故、ここで反旗を翻し批判を始めるのか不思議ですよね。

内容的にもお粗末としか言いようがなく、単に「指導者が変わったから大丈夫」と言っているだけ。
これから始まる米朝会談の結果でなにもまとまらなければまだましな方。
これまでと同じように途中から拒否の姿勢を示せば韓国はメンツ丸つぶれです。
黙っておけば、一番無難なのですが、まかりなりにも韓国は北朝鮮核問題の中心と思い込んでいます。
それだけに、韓国の試みに対し慎重姿勢を貫く日本は黙ってはいられなかったのでしょう。

さて、注目の米朝会談ですが、どうなんでしょう?
私は結局いつものパターンにはまり込む気がします。
いったん、受け入れる姿勢を見せて、途中で拒否をする。
これを金正恩はイメージしていると考えています。

一部には北朝鮮をアメリカが核保有国と認めるという考えを持っている人もいます。
これは左翼に多くいるんですけど、もしそうなったら、日本はさらに改憲を進め防衛力を高める必要があります。
もしかすると、核保有まで考えるかもしれません。
そう、左翼の臨む方向とは真逆。
それに保有を認めるとトランプ大統領は国内外ともに大バッシングを受けることになりそう。
ちょっと、それは考えにくいと思いますがどうでしょうか?、




↑ひともどきだから仕方がないと思う人は上のにゃんこをクリック
にほんブログ村 ニュースブログへ←これもお願いします。

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...