群山工場が閉鎖した理由は車が売れなかったから 日本「それは当然、でも原因はやっぱり・・」





取りあえず沈静化している韓国GM
経営状態のひどさと同時に金属労組の凶悪さが浮き彫りになった問題でした。

朝鮮日報の記事です

年間27万台生産していた群山工場が閉鎖した理由は?

韓国GM群山工場は、GMの国内撤退説の発端となった工場である。
群山工場は、準中型車クルーズとMPV(多目的車)オーランドを生産してきた。
しかし、3年の平均稼働率は20%に留まって、月の稼働も5〜6日にとどまり、、今年2月、GMは、最終的に群山工場閉鎖を決定した。

群山工場は大宇自動車時代の1997年に乗用車工場として稼働を始めた。
初めて生産した車は1500cc級の小型乗用車ヌビラであった。GMに買収された2005年のディーゼルエンジン工場も設立して稼働した。

群山工場も一時期は稼働率100%を維持していた時期があった。
2011年群山工場の生産台数は26万8000台、生産額は5兆6000億ウォンに達した。
しかし、2013年にGMがヨーロッパでシボレー車の販売を全面中断し群山工場の試練が始まった。群山工場で生産するシボレー車の多くは、ヨーロッパに輸出されていたからである。

以後2014年から群山工場の生産台数は8万4000台と急減し、2016年には3万4000台までに減少した。
1日2交代で稼働していた生産ラインも2015年から週間1シフトになった。3671人に達した労働者も2000人水準に減少した。

生産台数が急減した2016年からGM本社は群山工場の閉鎖を検討したという。
昨年には、GM本社の役員らが韓国に訪ねてきて韓国GMの状況を点検するたびに、「群山工場は存続する理由がない」と懐疑的な見方をしたと伝えられる。

ここで群山工場最大の期待作だった新型クルーズは、市場でトラブルをおこし、直撃弾を受けた。
クルーズは、発売当時から販売が競争の車に比べ高価であるとして論議を起こした。
クルーズの新車販売価格は1890万〜2478万ウォン台であった。
これは競合モデルのアバンテ(1410万〜2415万ウォン)やK3(1395万〜2420万ウォン)より価格が400万ウォンほど高価であったこと。
これにより、否定的な世論が激しくなり、韓国GMは今年、ニュークルーズの価格をトリムで最大200万ウォンほど引き下げる特段の措置を講じたが、大きな効果はなかった。

クルーズが失敗した結果、群山工場回生の可能性はなくなった。
新車を割り当てを受けるために生産ラインを整備し、協力会社の部品調達のためには、大規模な投資が必要で、通常新車生産のためには3000億〜4000億ウォンの投資が必要である。
群山工場は現在の状態で4〜5年を堪える必要がある、つまり、GM本社の立場では、群山工場は、文字通り「お金を食べるカバ」になったのだ。

「底抜け毒に水膨潤式」の人件費支援もGM側の負担であった。群山工場は稼動が停止した日にも労働者に平均賃金の80%を休業手当として支給している。群山工場は稼働率が20%にとどまっていた状況でも、毎年1500億ウォンずつ人件費が発生し赤字増大の一因となった。

完成車業界の関係者は、「群山工場は最新の自動化設備と生産システムなどを導入し、高い技術力と生産性を認められてきた」とし「このような工場がGM本社の経営戦略の変化と新車いくつかは、市場でのクレームで、たった一晩で閉鎖したことを見れば、厳しい国内の自動車産業の現在の状況を代弁するようだ」と話した。




閉鎖の原因は期待された車が売れなかったこと、といいたいようです。
この記事では「も」とプラスαの要因として人件費を挙げていますが、普通に考えればこちらが最大要因。
稼働率20%、週休5日で給料を80%もらいながら3年間。
三年間もの長い間時々仕事をするだけで食っていくのに十分な給料をもらえていたんです。
羨ましい話、よくこれが三年間も続けられたものだと逆に感心します。
しかも、先日までこの工場の閉鎖撤回を要求しているのです。

韓国人の感性はあくまでも経営の悪化は経営側の責任のスタンス。
膨大な赤字を無視して長期のストライキと成果給、賃上げ要求を繰り返してきたのが韓国GMの労組。
後半にこんなことが書いていますね。
高い技術と生産性?
馬鹿ですか?現代自動車の最低レベルの生産性と低い技術力など誰もが知っている話。
また、一夜にしてと繰り返してますが、一夜などではありません。
少なくとも三年前からいつ閉鎖になっても不思議ではなかったと誰でも分かる筈。
だって週休5日で80%支給ですよ。
真っ赤っかであることなど誰でもわかります。

この状況なら三年どころか一年で閉鎖になっても不思議ではないほどのひどさ。
全面撤退されなかっただけでも儲けものといっていいでしょう。
「厳しい国内の自動車産業の現在の状況を代弁するようだ」
はい、そうです。
次は現代自動車の番。
中国、アメリカどちらからも無視され販売不振におちいっていますからね。
こっちもそのうち、韓国GMと同じ道をたどることでしょう。





↑韓国人だし~と思う人は上のにゃんこをクリック
にほんブログ村 ニュースブログへ←これもお願いします。

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...