韓国人が考える米朝会談の議題  意外とまともなのもいるらしい。





米朝会談で韓国は平和になるとおもっているようです。
調子にのって、朝鮮戦争終結後の話題で盛り上がっているのも面白いですね。
捕らぬ狸の皮算用という言葉を韓国人に捧げたいと思います。

でも、これ根本的に間違ってますよね。
全ては北朝鮮がどう核を廃棄するのか?
そして、それをどう証明するのか?
証明の為の査察を最後まで金正恩は受け入れるのか?
この辺りが最大のテーマじゃないかなと私は考えています。

中央日報の記事です。

北・米合意」CVIDジレンマ」… 中・短距離ミサイル、生・化学兵器は?

米国国務省高官は30日(現地時間)、記者たちと会って、マイクポンペイオ米国務長官とキム・ヨンチョル、北朝鮮労働党副委員長の会談について「私たちが追求するのは、完全かつ検証可能で後戻りできない非核化(CVID)であり、サミットを成功させるには、北朝鮮が以前に実行していなかったことを行う必要がある」と述べた。

「北朝鮮が以前には行わなかったもの」とは、元に戻すことができない高レベルの措置とそれの検証での完全な協力を意味すると、複数の外交消息筋は伝えた。
北朝鮮は過去にも、核施設の申告などの検証段階で約束を破ったからだ。

米国大使が率いる実務交渉代表団は、すでにチェソンフイ北朝鮮外務次官にCVID合意と北朝鮮の核兵器の早期搬出などを明記した草案を伝えた。
金大使は27日と30日、板門店でチェソンフイと出会い、31日にも午前早く宿を去り板門店へは向かなかった。

金大使は、外部関係者とも会って、さまざまな意見を聞いているとする。ホワイトハウスは、これらの追加の会談を持っていることを確認した。対米消息筋は「ポンペイオ長官とキム・ヨンチョルのニューヨーク会談後実務的に協議する部分が追加で発生するので、ソン・キム大使一行が韓国の滞在を延長したと聞いている」と伝えた。

米国がこのようにCVID明記を強調することは、これまで、北朝鮮が合意した文章に、これを明確にしたことがないからである。
2005年6者会談で導出した9・19共同声明も「北朝鮮はすべての核兵器と現存する核計画を放棄する」とだけした。
しかし、CVIDだけ明記するのは危険な部分がある。北朝鮮が核大陸間弾道ミサイル(ICBM)など戦略兵器のみ放棄することで合意となれば、安全だろうか?
韓国と日本の事情は異なる。北朝鮮の中・短距離弾道ミサイルと生・化学兵器は韓日のまだ大きな脅威であるからである。

サラ・サンダースホワイトハウスのスポークスマンは30日(現地時間)、定例ブリーフィングで米朝首脳会談で生・化学兵器の廃棄も議題に議論するかという質問に、「優先的な焦点は、非核化だ。他にも多くの議題はあるが・・」と明言していなかった。

このため、米国が北朝鮮との合意導出の過程でCVID明記を受け出しても、他の大量破壊兵器(WMD)の問題は、テーブルの下に置くことができないという懸念が出ている。
北朝鮮は生・化学兵器保有の事実自体を認めていない。昨年2月に、神経ガスVXを用いて、金正恩の異母兄弟、金正男を暗殺した時も自然死と主張し、化学兵器の使用の事実を否定した。

専門家は、北・米首脳会談の結果である合意文にCVIDと一緒に他のWMD廃棄も保証することができる約束を含む必要があると指摘する。
安倍晋三首相が北・米首脳会談の前にトランプ大統領を会おうということも、この関連がある。
安倍首相とトランプ大統領が去る28日にも通話したとき、ホワイトハウスは「双方は、北朝鮮の核と生・化学兵器、弾道ミサイルプログラムの完全かつ恒久的な解体を達成することが急務であることを確認した」と明らかにした。

米議会もCVIDを勝ち取ったならば、成功会談と評価することができる、しかし、WMD等の後続措置の約束も行われなければならないと考えているようだ。
米下院外交委員会アジア太平洋小委員会のテッド・ヨーホー委員長は最近、米国の声(VOA)とのインタビューで、「現在の焦点は、核兵器が、WMDプログラムの問題は、必ず取り上げなければならず、今後の交渉の過程で、具体的に議論されると思う」と語った。

ユンドクミン教授は「私たちに最大の脅威である核弾頭と中・短距離ミサイルなどの核生成のインフラは、CVIDに含めて解決されなければして、生・化学兵器などWMD全般については、後続の協議を通じて扱わなければならない」と指摘した。




むむ!意外と分かっています。
そうなんですよ、安倍首相があれこれ気にしてトランプ大統領へメッセージを送っていますが、これをまともに考えないのが、韓国人。
あ!もちろん、日本にいる工作員である左翼も同じ。
こういった方々は中途半端な状態で妥協することを勧めています。
私からみれば左翼の方々は単純に工作員、日本を亡ぼすために存在するものです。

とはいえ、米朝会談の結果はトランプ大統領の気分次第。
それだけに、懸念される部分も大いにあります。
直前に日米会談が行われるようですが、ここでの議題が気になります。

拉致問題の関係者の方々には申し訳ないのですが、ここはまず、非核化をメインに話し合うべきと考えています。
こちらを先に解決しない限り拉致問題は終わりません。
問題は北に本気で核廃棄の意思があるのかどうかという点

正直、私の目には怪しい「疑惑がさらに深まった」なんですよね。
まあ、これは安倍政権も思っていることですけどね。

そういった背景を考えれば、パフォーマンスをしたがる、トランプ大統領のこと安易な妥協はしないと思います。
だって、これまでと同じように騙されればトランプ大統領が大恥をかきます。
まあ、騙されたとわかった時点で空爆という方法もあるにはあります。
これなら、世界からみても大義名分は立ちます。

いずれにしても結果はもう少し先。
続報をまちましょう。




↑しょせん韓国人と思う人は上のにゃんこをクリック

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...