北朝鮮 核実験試験場 廃棄パフォーマンス  韓国パッシングwww





北朝鮮は核実験試験場破壊をメディアに公開すると発表しました。
ところが土壇場になって韓国メディアのリストを拒否
つまり、受け入れ拒否をしているようです。

中央日報の記事です

続く北朝鮮の意地悪… プンギェリ閉鎖、米朝首脳会談延期されるか?

北朝鮮が予定された韓米、米朝首脳会談を控え、非核化の雰囲気にブレーキをかけている。韓米連合訓練を口実に対南・対米非難を始めた北朝鮮は、今対北ビラ散布の問題と脱北女性従業員召喚問題まで取り上げた。来る23〜25日に予定されたプンギェリ核実験場の閉鎖公開するかどうかも3日間無返答である。
北朝鮮のこのような突然の態度の変化に政府内外では、「プンギェリ核実験場の閉鎖公開はもちろん、米朝会談まで延期する可能性がある」という話が出た。

政府関係者は20日、「まだ北朝鮮がプンギェリ訪朝団の名簿を受けていていない」とし「まだ特異な状況に変わりはない」とした。
三日後に迫った記者団のプンギェリ訪朝が不透明な状況である。政府は「北朝鮮が名簿を受けた場合、いつでも訪朝することができる」とし、それに応じて私たちの側の記者団は21日、中国北京に出国する予定だ。しかし、事実上、プンギェリ閉鎖公開が延期されるではないかという話も出た。

非難攻勢はさらに強まっている。北朝鮮は16日、韓米連合公衆訓練である「マックスサンダー(Max Thunder)」を理由に南北高位級会談を一方的にキャンセルした後、正式な対話チャンネルを閉めた。代わりに対南・対外宣伝媒体などを介して全方位宣伝戦に乗り出した。朝鮮中央通信を通じてマックスサンダーだけでなく、最近、金正恩政権への批判歩みを見せたテ・ヨンホ駐在公使を非難し、19日には赤十字社を通じて中国内の北朝鮮食堂である「柳京レストラン」脱北女性従業員の送還を求めた。

北朝鮮赤十字会中央委員会のスポークスマンは、「私たち女性の公民を遅滞なく、家族のもとに戻ることにより、北南関係改善の意志を示さなければならない」とし「私たちは、極悪集団による拉致事件をどのように処理するかということが板門店宣言で行われた北南間の人道的問題の解決の展望を決定するために大きな影響を及ぼすことになるだろうということを南朝鮮当局に理解させる必要がある」とした。
これは南北が合意した離散家族再会問題を脱北女性従業員送還と連携させるという意味である。

北朝鮮は20日、対南宣伝媒体である「わが民族同士」を使用して対北ビラ散布も非難した。
私たちの民族同士として第一歩を踏み出した南北和解局面が一握りにもならない人間のゴミによって再び厳重な挑戦にぶつかる場合、その責任は全面的に南朝鮮当局が負うことだろう」とした。
この媒体は、前日にテ・ヨンホ駐在公使の国会講演などを非難し、「南朝鮮当局は事態が脱北者である虫けらの妄動に特段の対策を取る必要があるだろう」とした。

このような北朝鮮の強攻発言について専門家たちは「いつもの北朝鮮式の挑発」とした。
ナム・ソンウク高麗大教授は「最近、北朝鮮の対話モードを見て、「北朝鮮が変わった」という話があったが、そうではない」とし「北朝鮮は過去70年間そうきたよう常に必要な時期に、自分たちだけの効率的な政策を展開してきただけだ」とした。
ナム・ソンウク高麗大教授は「米朝首脳会談で行われるであろう、米国のCVID(完全かつ検証可能で後戻りできない非核化)と北朝鮮の「核軍縮」の概念がぶつかる過程でのかけひきと見ることができる」とした。
ナム・ソンウク高麗大教授は「北朝鮮は過去自分たちの戦略どおり50%程度の核軍縮をした段階に進むたびに報酬を受ける式の戦略を書く」と「米国がこのような北朝鮮の目の高さに合わせなければ、来月12日に予定されたシンガポール米朝首脳会談も延期される可能性がある」とした。
北朝鮮の最近の強硬発言は、米朝交渉のかけひきのひとつだということだ。

実際、北朝鮮は、外部的な強硬メッセージとは別に、内部的に対話する準備を進めている。
米国の北朝鮮専門メディア38ノースは19日(現地時間)プンギェリ核実験場でのトンネルの爆破シーンの観測のための展望台の設置などが継続進行中とみられると報じた。この媒体が公開した15日の衛星撮影写真はプンギェリ核実験場西トンネル近くの丘木材の山が積まれている様子が見えた。
これは取材記者に北と西、南トンネル爆破シーンを安全に守って見ることができる一種の展望台を準備中だと38ノースは分析した。
これと共に、北朝鮮はプンギェリ核実験場の閉鎖取材陣の移動経路として予想されるルートをつなぐ鉄道を補修し、列車の試験運行も進行中だという。

ある国策研究所の関係者は、「非核化交渉のための米朝接触過程で、北朝鮮が各種の餌を投げながら、韓米をイライラさせている」とし「この過程で、これまでと同様に韓国内の葛藤も誘導する目的もある」とした。
この関係者は、「いざ、この局面で、私たちができることは、かなりの制約された」とし「ややもすると「韓国パッシング」現象が起きてプンギェリ閉鎖現場も韓国側のメディアを除いて、外信だけ参加したまま進行する可能性もある」とした。





そそ、だから言ったでしょ。
北は韓国なんてまともに相手にする気はないと
そして、今朝がたこんな報道が
同じく中央日報の記事です

靑 「プンギェリ取材団、北と接触したものはない」

来る23日〜25日に予告した北朝鮮プンギェリ核実験場の廃棄に合わせて韓国の訪朝取材団が21日、中国北京に出国したが、この中に北朝鮮は取材団の受付を受けた者はいない。
大統領府の関係者はこの日午前、春秋館で記者たちと会って「これに関連し北側と接触した者はいないか」という質問に「ない」と答えた。
これら取材団の訪朝と関連して「統一及び外交部などの省庁で北朝鮮と接触していない」と説明した。

先に北朝鮮は12日、外務省公報を通じて核実験場をトンネル爆破方法で廃棄して、これを韓国・米国・英国・中国・ロシアなど5つの記者団に公開すると予告した。

これに合わせて、ニュース1、放送局では、MBCが共同取材団に選ばれて訪朝の準備を進めてきた。
しかし、北朝鮮は先に18日、政府が板門店連絡チャンネルを介して送信した韓国側記者団名簿が入った通知を受け入れ拒否していた。
又、記者団出国前日までの時点で、北朝鮮はリストを受けつけておらず、取材手続き、安全上の問題などに対する政府のすべてのお問い合わせには一切回答していないことが分かった。

完全に韓国は無視されています。
「そ、そんなはずは・・」これがムン大統領の心境かもしれません。
実験場の破壊は進めていくでしょう。
元々、使い物にならなくなった施設ですしね。
これで、北が核廃棄を本気で考えていることをアピールしたかった金正恩
でも、世界はそうは見てくれません。
今回の一件でその疑惑はさらに深まります。
もし、これで米朝会談が流れたり物別れで終わってしまうと大恥をかくのは韓国
今後の進展が楽しみです。

そして、こんな記事が
中央日報の記事です。

NHK「北、外国取材陣に入国ビザ発給完了」

来る23〜25日、北朝鮮プンギェリ核実験場の廃棄イベント取材に乗り出した米国など外国の取材陣に北朝鮮入国ビザが発給されたと日本のNHKが報道した。

21日NHKは「米国と他の外国メディアの取材陣はこの日、中国の北京駐在北朝鮮大使館でビザを発給受けた」とし「彼らは22日、北京で航空便で北朝鮮を訪問する予定だ」と伝えた。

しかし、南側取材陣の北朝鮮のビザ発給は行われていないことが分かった。
統一部はこの日も板門店連絡事務所を通じてプンギェリ核実験場を取材する南側取材陣名簿を再度通知しようとしたが、北朝鮮が応じなかったと述べた。
統一部当局者は「今日板門店連絡チャンネルは終了(午後4時締め切り)された」とし「継続定期的に接触する」と伝えた。
この当局者は「過去の事例を見ると、北朝鮮も、自分たちが必要なときにチャネルを閉じずに続けて開いたことがある」とし、休日の22日も引き続き接触を試みるという方針だと明らかにした。

先に、北朝鮮は韓国、米国、中国、ロシア、英国など5カ国の取材陣をプンギェリ核実験場の廃棄イベントに招待した。
南側1つのキャリアと、1つの放送局それぞれ4人ずつで、取材陣の数を制限してキャリアでは、ニュース1、放送局では、MBCが共同取材団に選ばれた。

ここ、笑うところですよね。
あれだけ、必死になって貢物外交を繰り返した結果がこれ。
米韓演習が原因だから韓国排除ならアメリカもですよね、普通。
だからいったじゃないですか、韓国は眼中にないってこと。
利用価値がなくなったらポイです。

まあ、大抵の日本人は分かっていたでしょうけど、韓国人は違うでしょうね。
なんせ、優秀民族ですからwww
日本だって呼ばれてないだろ、と反論ありそうですが、関わらないほうが日本にとって都合がいいのです。
下手に関わると何やらされるかわかったものではないし、何一つ日本にメリットはありませんから。




↑まあ、韓国だし~と思う人は上のにゃんこをクリック

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

ID・パスワード管理ならSKUID

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...