アメリカ、シェールオイル増産 イラン制裁の狙いはこれでしょ。





減産による原油高、そしてイランへの制裁
先日、ここで書かしていただきましたが、これらはすべてシェールオイル、アメリカが有利になるものばかりです。
中央日報の記事です

「シェールオイル」を睡眠から目覚めた魔法は… 70ドルを突破した国際原油価格

息殺したシェールオイルが目覚めた。
睡眠を起こした魔法はバレル70ドルを突破した国際原油価格だ。14日(現地時間)、西部テキサス有(WTI)は、バレル70.96ドルで取引を終えた。シェールオイルはシェール(有機物を含む岩石)に閉じ込められている。水圧破砕法(fracking)などの新技術が登場して採掘コストが低下したが、中東などの主要産油国と比べると、まだ競争力が落ちる。一般的に、シェール業界の損益分岐点はバレル45〜60ドルの水準とされる。油の値がバレル当たり50ドルの近辺であった過去2年間、米国シェール業界は、利益が出せず2016年末には米国の一日平均頁岩原油生産量は600万バレルの水準まで急減した。回復し始めたのは、原油価格がバレル当たり60ドルに近い昨年末からだ。

国際原油価格がバレル70ドルのしきい値を越えた今、シェールオイルの進撃が始まっている。ブルームバーグによると、今月、米国の一日平均シェールオイル生産量は802万バレルを記録した。前月より4万8590バレルが増えた。

米国シェールオイル生産のメッカであるテキサス州鉱区だけでも増加傾向は明確である。2016年初め一日平均200万バレルの原油を生産していた場所の生産量は、最近300万バレルに増えた。これはクウェートの産油量と同様の水準である。

米国エネルギー情報局(EIA)は、先月、短期展望報告書で、今年、米国の石油生産が前年比12.8%増加すると予想した。

米国のシェールブームは当分続く見通しだ。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、シェールオイルブームを計ることができるバロメーターである掘削区が急増している。米国の原油の会社のベーカー・ヒューズによると、12日現在、米国の掘削口は844に上る。これは2015年3月以来の最大値だ。

この鉱区の場合、2016年133件に過ぎなかった掘削口がいまでは463個に増えた。ベーカー・ヒューズによると、今後、今年末までに米国で70以上の掘削口が増えると予想される。

シェール生産地域も広がっている。オクラホマ州とコロラド州、ワイオミング、ノースダコタ州などでも採掘がはじまった
WSJは「国際原油価格の上昇にシェール鉱区が、テキサス州の境界を越えている」と報道した。

しかし、シェール業界の好況が持続する可能性に対する疑問も大きくなっている。生産急増にシェール業界が消化不良にかかったような姿が現れた。

フィナンシャルタイムズ(FT)は、「頁岩原油生産が大幅に増え鉱区のパイプラインが飽和状態に達した」と報道した。
生産した原油をトラックなどを介して載せ運ぶことながら、経済性が低下する問題が生じたのだ。

シェール業界は生産の需要急増に伴う労働力と材料・機器不足にも苦しんでいる。現場の労働者と破砕作業に必要な大容量の水と砂などの材料を調達するのにも苦労している。

米国の掘削関連調査会社のプライマリービジョンによると、頁岩原油生産に必要な機器の87%がすでに使用されていることが分かった。

FTは「原油価格の上昇に競争力を確保して、中東産油国の空席を交換することができるようだった米国シェール業界が供給と流通設備の不足と伏兵を会うことになった」と報道した。





インフラの問題がとやかく書かれていますが、これらは対した障害とはならないでしょう。
問題となるのは減産中の産油国、特にイランは開き直った行動をとってくる可能性が高い気がします。
そうなると、減産の足並みが揃わなくなり、再び中東vsアメリカの消耗戦が開始される。
そんな気がするんですけどね。
皆さんはどう思いますか?




↑そうかもねと思う人は上のにゃんこをクリック

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

ID・パスワード管理ならSKUID

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...