韓国起源の大発見!科学的根拠あり!!おめでとう韓国





雨が降りそうになると鳴き出すがカエル。
でも、カエルって苦手なひとも結構いるようです。
私は結構平気で顔をよーくみるとユーモラスで結構かわいく感じたりします。

このカエル実は絶滅の危機に瀕しているってしっていますか?
原因は環境の変化によるものもありますが、近年カエルツボカビによって数多く、一説では200種ものカエルをこのカビは絶滅させたそうです。
朝鮮日報の記事です。

「カエル200種の絶滅させたカエルツボカビ…韓国が発祥地 」

ヨーロッパでペットとして輸入した韓国産シャーマンカエル。
全世界のカエルを絶滅の危機に追い込んだカエルツボカビが韓国産カエルから始まったことが明らかになった。
国際学術誌サイエンスによると全世界のカエルを絶滅の危機に追いやったカビ病が韓国から来たという研究結果が出された。
特にカビの拡大期間とカエルとヒキガエルなどの両生類の国際貿易が盛んだった時と一致、これにより人間がカエルの絶滅をもたらしたことが明らかになった。

マシュー・フィッシャー英国インペリアルカレッジ教授とブルースワールド万ソウル大教授などの国際共同研究チームは、国際学術誌「サイエンス」11日に「遺伝子分析により、過去20年間、200種以上のカエルを絶滅させたカエルツボカビが韓国で最初に発生して世界に広がったと判明した」と述べた。

カエルツボカビはカエルの皮膚の内側ケラチン組織を食べつくし窒息死させる。
1993年にオーストラリアで最初に発見された後、米国、ヨーロッパ、中南米、オーストラリアに広がった。現在両生類の3分の1がカエルツボカビにより絶滅の危機に瀕している。

21カ国38の研究機関が参加した国際共同研究チームは、世界各地でカエルツボカビ試料234個を収集してDNAを分析した結果、韓国のカエルから出たカエルツボカビが遺伝的多様性が最も高かった。これは韓国がカエルツボカビの発源地という意味だ。生命体は、歴史が古くなるほどDNAに変異が多く蓄積され、遺伝的多様性が増加する。ワールドだけ教授は「韓国ではそんなに強くなかったカエルツボカビが海外に広がる過程で突然変異を起こし、病原性がより強くなったようだ」とと述べた。

研究者は、韓国のカエルツボカビが全世界に広がった時期を50〜120年前と推定した。この時期は、研究やペット、食用カエルの国際貿易が盛んだった時期と一致する。ヨーロッパでは韓国産のてんとうカエルがペットとして人気が高かった。研究者は、「より強力なカエルツボカビが発生することを防ぐために、両生類の国際貿易の検疫をより徹底的にしなければならない」と述べた。





両生類を絶滅へと追い込んだカエルツボカビは韓国のカビだったのです。

これは科学的に立証されたもの。
正々堂々とカエルツボカビは韓国起源だと言いふらしていいのです。
韓国の皆さんよかったですね。
おめでとうwww




↑さすが韓国と思う人は上のにゃんこをクリック

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

ID・パスワード管理ならSKUID

Pocket

「韓国起源の大発見!科学的根拠あり!!おめでとう韓国」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...