何もインパクトのなかった三か国会談、なにもない事が成功。




三か国会談終わりました。
結果は予想通り、いや予想以上に中身のない結果でした。
国内のメディアを引用したかったのですが、あまりにも面白みに欠けます・
中央日報の記事です。

ムン大統領、就任後初めての日本訪問終え帰国

ムン・ジェイン大統領が9日、就任後初めての日本訪問を終えて帰国の途に就いた。ドア大統領はこの日午後、羽田国際空港から出国行事を終えて大統領専用機で日本を出発した。

ムン大統領は東京内務省ゲストハウスで開かれた日中韓首脳会議に続き、李克強中国国務院総理、安倍晋三首相との日帰り首脳外交を消化した。

特に日中韓首脳会議では、4・27南北首脳会談の結果である板門店宣言の中国と日本の支持を得る成果を収めた。

ムン大統領と李首相、安倍首相は特別声明を採用し、板門店宣言で「完全な非核化」の目標を確認したことを歓迎し、北米サミットの成功開催を期待し、南北首脳会談の成功が北東アジアの平和と安定に寄与するように3カ国が共同の努力を続けているために意味を集めた。

この席で李首相は「今回の機会に、最終的に朝鮮半島の非核化を実現し、地域の恒久的な平和を導くことを期待する」と述べ、安倍首相も「先月、南北首脳会談でのムン大統領の努力を高く評価する」と述べした。

三首脳は特別声明と一緒に3カ国間の交流協力増進、地域・国際情勢の共同対応と協力の強化を内容とする一般的な声明も採択した。

ただし、歴史問題と関連するいくつかの表現を置いている間の見解の違いで声明の専門公開が遅くなった。

ムン大統領は、日中韓首脳会議に続き、安倍首相、李首相との個別会談で朝鮮半島の非核化のための意志をより一層強固にした。

韓日会談では、安倍首相が北朝鮮の非核化プロセスに疑問を表した。ムン大統領は平昌冬季オリンピック当時、国連制裁に違反せずに、北朝鮮を参加させた事例などを取り上げて懸念を払拭しようとする姿を見せた。

韓中会談では、北朝鮮が完全な非核化を実行する場合、システムの保証と経済開発支援などの明るい未来を保障するために、米国を含む国際社会が積極的に参加しなければならないということで両国の意見が一致した。

また、ムン大統領は東京経団連(經團連)会館で開かれた日中韓ビジネスサミットで域内包括的経済連携協定(RCEP)と自由貿易協定(FTA)などを通じた3カ国の経済協力の重要性も強調した。





板門店宣言で「完全な非核化」の目標を確認したことを歓迎?
そりゃするでしょ、それが目標なのだから。でも、これが社交辞令であることは理解してほしいものです。
個人的にはムン大統領の動きは北朝鮮側にたったうえでの行動。
なぜか自慢したいようですが、何もしなくてもほったらかせばこうなるのはみえみえ
むしろ、まだ金正恩がまともな状態、つまり体制維持を目的で出てくるくらいですから、正直まだ早すぎ。
あと5年くらい制裁をつづければもっと違った結果になる気がします。

まあ、韓国との余計な約束をしなかったのは正解。
なぜか、韓国も従軍売春婦を取り上げませんでした。
出国前なにか言っていた気がしますけどね。
結局、ムン大統領は金正恩のパシリであることがはっきりしただけ。
つぎはいよいよ米朝?
ほんとに開催されるのでしょうかねーー
続報をまちましょう。





↑信用できない韓国とは断交すべきと思う人は上のにゃんこをクリック

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

ID・パスワード管理ならSKUID

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...