日本同様アメリカも強硬 北核問題





日本、中国そして韓国の三か国首脳会談は9日から行われます。
北朝鮮の核問題なども討議されるのでしょうけど、その中で不協和音が出ているのが非核化へのロードマップとそれに対する制裁解除。
そして、CVIDの明記に反対する中国と韓国。
今のアメリカの北に対する記事が書かれていました。

中央日報の記事です。

PVID、北朝鮮はどのように反応するか

米国が米朝首脳会談を目前にして「PVID」を持ち出した。PVIDとは永久的検証可能であり、不可逆的な核廃棄を意味する。既存の米国が強調してきCVIDで「完全な(complete)」を「永久(permanent)」という単語に変えたことCVIDよりもはるかに強力な概念である。

当初CVIDはボルトンホワイトハウス安保補佐官がジョージ・W・ブッシュ政権で国務省国際安全保障及び軍縮担当次官だった時代に作られた概念である。
ボルトンは、当時の外交安保を掌握したネオコン(neo conservative及び新保守主義)の中核で対北朝鮮強硬派でもある、そして今もなお強硬派だ。

このCVIDは、2003年5月5日、米国務省報道官の定例記者会見回答で初めて出た、CVIDはすぐにアメリカの対北強硬派の北朝鮮圧迫の代表的な表現で定着した。その年の8月に開かれた1回6カ国協議でも、米国はCVIDで北朝鮮を圧迫した。当時、北朝鮮は「(完全な核廃棄という表現は)戦勝国が敗戦国に使う表現」と「なんの価値もない」と反発した。

ところが、最近、米国ではCVIDの代わりにPVIDが大勢になった。マイクポンペイオ国務長官が去る2日(現地時間)の就任式でPVIDを最初の言及した後、ジョン・ボルトンホワイトハウス安保補佐官も5日(現地時間)PVIDを話していた。これは、米国が既存のCVIDより拡張強化された基準を掲げて再び核開発をすることができる余地まで取り除くという意図というのが大方の分析だ。北朝鮮が北米サミットで、核廃棄を約束して実行に入っても、僅かな可能性がある限りこれを排除し、その後の開発まで防ぐというものである。

ホンミン統一研究院北朝鮮研究室長は「米国がCVIDをPVIDに変えたのは、米朝首脳会談を控えての戦略を新たに組んだという意味で解釈することができる」と述べた。

カギは北朝鮮の反応である。北朝鮮は現在までPVIDを狙った直接反応は出していない。
しかし、米朝首脳会談を控え、米国の非難の水位を調節してきた最近の基調とは異なり、対米批判の声を出し始めたことは注目される。
去る6日に外務省のスポークスマンを掲げ「米国が我々の平和愛好の意志を誤判して、私たちに圧力をかけ続けても、問題の解決に役立つことはないだろう」と主張したのが代表的である。ジョソンリョル国家安保戦略研究責任研究委員は「北朝鮮も米国が出したPVIDと呼ばれる新しい戦略を盛んに分析中」とし「北・米間期の戦いがPVIDという用語を中心にあらわれている」と述べた。





なんか、必死にPVIDとCVIDの違いをやってますけど、私からみればどっちも同じ。
不可逆的な核廃棄を確認するまでは制裁を解除しない。
アメリカは全く譲歩する気はないのです。
そりゃ、過去にあれだけ顔に泥を塗られれば、もう信用など出来ないでしょうし、今度も同じ裏切りなんて恥さらしはアメリカ世論も許さないでしょう。
とうぜん、最後の最後まで要求し、解除はしないと思います。

でも、朝鮮人はなぜか勘違いしてるんですよね。
朝鮮半島の問題は朝鮮半島が主になって決めるべきで他国は関係ないと
たぶん、自分たちが中心で決めていけると思ってるのでしょうね。
でも、北の核問題を言い出したのはアメリカであり、南北が和解しようが関係のない話。
ですから、アメリカを納得させない限りは、絶対に制裁は終わりません。
なので、アメリカが絡まない会議では何一つ前進しないのです。

それとこの記事をみても分かるようにアメリカは強硬でシリア方式以外認める気はありません。
なのに、明記に向けて中国と一緒に反対する韓国。
アメリカからどういった目で見られるのか考えているのでしょうか?
北もこの期に及んで何かと挑発してきます。
こちらもやればやるほど事態は悪化していくってわからないのでしょうか?
さすが優秀民族ですねwww





↑韓国はさっさとレッドチームに行けと思う人は上のにゃんこをクリック

wpXレンタルサーバー

お知らせ機能、カレンダー機能、アクセスマップ、
フォトアルバム、モバイル対応、全部できて月1,000円(税抜)

ID・パスワード管理ならSKUID

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...